*

ロッキー映画

公開日: : 最終更新日:2018/09/24 ブログ

1977年春だったか?日比谷の映画館に一人で「ロッキー」を観に行った。まだ23歳だった。館内は満席。トレーニング場面、試合場面に興奮して見終わった後、出口に向かうと偶然ジャンボ鶴田さんを見つけた。さすがに目立つ。向こうは私に気付いてない。声をかけようとしたらガールフレンドが一緒だった。鶴田さんはまだ若く当然その頃は独身。モテモテの盛り(笑)。むろん黙って引き下がる。「もう、これからはブルースリーじゃないな。ロッキーだよ」って鶴田さんは言って、道場のリング上で私とよく片腕プッシュアップをやったもんだ。足を広げ片方の手は腰に当ててのプッシュアップ。テーマ曲もお互い気に入ってた。ボクシングとプロレスの違いこそあれ同じリングに上がる身。鶴田さんも影響受けてたな。ロッキー2はアメリカ遠征の前年、母と妹を連れて新宿の映画館で観に行った。やはり面白かった。ロッキー3は1982年プエルトリコの映画館で観た。勿論一人で。むろん字幕はスパニッシュ(笑)。クライマックスの試合場面での映画を観ている観客のエキサイト
振りは日本の比ではない。本当にリングサイドで観戦しているような興奮振りでこっちも楽しんだ。ロッキー4は86年、自分がジュニアベルトに照準を合わせてる時期に観に行った。これも一人観戦!特にトレーニング場面でのテーマ曲に力を与えられた。面白かったな。我がジュニア戦歴にかなり影響を与えた映画だ。ロッキー5は90年に観に行ったが、それまでの作品ほどの興奮度はなかった。その時期、私は36歳。年齢と経験を重ねたってことか?(笑)ロッキー役のシルベスタースタローンも今や70代。私も60代半ば。しかし、今だにロッキー映画それぞれのテーマ曲を聞くと何か力を与えられた気になって身体を動かしたくなる。何かの折りに衰えを感じた時、たまにDVDを観るよ(笑)。

関連記事

謹賀新年

正月を家族と共に迎えた。家族と言っても妹と甥っ子らだが。元日から皆仕事。私はひとり湘南新宿ラインで帰

記事を読む

遊びと仕事

土曜日は小鉄メンバーと屋形船で船遊び。刺身と天ぷら、そして熱燗。もう10年以上続いている。毎年オモロ

記事を読む

朝刊

毎朝、新聞に目を通す。代々木在中時になかったことだ。現在、夕刊は取ってなく朝刊のみだが、結構目を通す

記事を読む

久々のタッグ

試合後も一緒に食事。ドリーは酒は飲まず。私はひたすらビール、シャンパンと飲む。また近々の再会を。

記事を読む

同じく大阪

友人らとの愉しき大阪の夜…。

記事を読む

馬場さんの話

前回のブログの続きだが、力道山の死後、馬場さんが日本プロレス界にいなかったら本当日本のプロレスはどう

記事を読む

温度差が激しい

体調管理が大変だ。暖かくなったり寒くなったりでね。早く桜の時期になれ!でもそうなりゃ花粉も飛んで来る

記事を読む

散歩道での発見

新宿区内藤町大京町の道路沿いにあった沖田総司終焉の地の案内板。若くして世を去ったんだね。

記事を読む

アガサの後にhitomi

同じ写真の掲載。店の名前を書き忘れた。バーhitomiにて。開店して6周年である。

記事を読む

天気予報では

暖かくなる予報だったのに結構寒い!本日は蓮田市で試合。電車で向かう。服装選びに失敗した。本当寒い!(

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。映画に明るく無いのでロッキーシリーズは見ておらず…古いCDから百田さんのテーマソングとイメージしてしまいます。テレビでプロレス観戦するよりも大画面・大音量ですから、映画館でエキサイトしてしまう気持ちは良くわかります。今の映画館は歓声OKなのでしょうか?映画に合わせて対応されると面白そうですね。映画館に興味が湧いて来ましたので、秋の道楽を検討してみます。朝夕はとても涼しくなって参りました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

幸せ昭和食堂

今月4日と11日にBSTBSで放映してもらった「幸せ昭和食堂」。5月、

輪島さんの想い出続編

私同様結構な寂しがりやで、オフになるとよく電話がかかってきた。80年代

輪島さんの想い出

いろいろある…。プロレス界でわずか3年のお付き合いだが。よく一緒に飲み

10月になっても

まだまだ夏日がやって来ている。おかしな天候が続く。まさしく体調管理が大

当たり前のこと

当たり前のことって実は大変なことなんだよね。普通に歩けて普通に食事して

→もっと見る

PAGE TOP ↑