*

ロッキー映画

公開日: : 最終更新日:2018/09/24 ブログ

1977年春だったか?日比谷の映画館に一人で「ロッキー」を観に行った。まだ23歳だった。館内は満席。トレーニング場面、試合場面に興奮して見終わった後、出口に向かうと偶然ジャンボ鶴田さんを見つけた。さすがに目立つ。向こうは私に気付いてない。声をかけようとしたらガールフレンドが一緒だった。鶴田さんはまだ若く当然その頃は独身。モテモテの盛り(笑)。むろん黙って引き下がる。「もう、これからはブルースリーじゃないな。ロッキーだよ」って鶴田さんは言って、道場のリング上で私とよく片腕プッシュアップをやったもんだ。足を広げ片方の手は腰に当ててのプッシュアップ。テーマ曲もお互い気に入ってた。ボクシングとプロレスの違いこそあれ同じリングに上がる身。鶴田さんも影響受けてたな。ロッキー2はアメリカ遠征の前年、母と妹を連れて新宿の映画館で観に行った。やはり面白かった。ロッキー3は1982年プエルトリコの映画館で観た。勿論一人で。むろん字幕はスパニッシュ(笑)。クライマックスの試合場面での映画を観ている観客のエキサイト
振りは日本の比ではない。本当にリングサイドで観戦しているような興奮振りでこっちも楽しんだ。ロッキー4は86年、自分がジュニアベルトに照準を合わせてる時期に観に行った。これも一人観戦!特にトレーニング場面でのテーマ曲に力を与えられた。面白かったな。我がジュニア戦歴にかなり影響を与えた映画だ。ロッキー5は90年に観に行ったが、それまでの作品ほどの興奮度はなかった。その時期、私は36歳。年齢と経験を重ねたってことか?(笑)ロッキー役のシルベスタースタローンも今や70代。私も60代半ば。しかし、今だにロッキー映画それぞれのテーマ曲を聞くと何か力を与えられた気になって身体を動かしたくなる。何かの折りに衰えを感じた時、たまにDVDを観るよ(笑)。

関連記事

梅雨明け〓

梅雨明けだよね?(笑)ともかく汗だくで名古屋での自分の試合が終わり早速新幹線に乗り込む。3連戦…やは

記事を読む

線香とロウソク

無くなる前にいつも購入する。先祖と両親の遺影に。父は10年前、母は5年前にこの世を去った。馬場さんは

記事を読む

8月

8月となったが蒸し暑い日が続いている。昨日はここ埼玉でも少し晴れ間が見えたけど、なかなかスッキリした

記事を読む

梅雨入り

先ずは前回の誤り訂正を。「眼底検査」ではなく「眼圧検査」である。別に殴られた訳じゃないんだから、眼圧

記事を読む

想定外…

この年齢まで生きてりゃ、世の中そうそう思い通りにいかないことがわかってくる。ああして、こうしてこうな

記事を読む

山梨の鶴田家

鶴田さんのお兄さんがぶどう園を経営している。私が入門当時から鶴田さん共々お兄さんにも随分世話になった

記事を読む

大晦日

2014年平成26年も終わる。人生まさに片道列車。あの時ああしてこうすりゃ良かった!なんて後悔しても

記事を読む

デストロイヤーの話

デストロイヤーが初来日したのは1963年5月。1965年5月に来日したのは5度目。それ以前の4度の来

記事を読む

重陽

ちょうようと読む。9月9日のこの日、中国では昔から何かと縁起の良い日とされている。…らしい(笑)。4

記事を読む

鶴田さんの話

それにしても毎度のことながら時のたつのが早いこと!1年なんてあっと云う間だ!私の初の食レポの仕事「幸

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。映画に明るく無いのでロッキーシリーズは見ておらず…古いCDから百田さんのテーマソングとイメージしてしまいます。テレビでプロレス観戦するよりも大画面・大音量ですから、映画館でエキサイトしてしまう気持ちは良くわかります。今の映画館は歓声OKなのでしょうか?映画に合わせて対応されると面白そうですね。映画館に興味が湧いて来ましたので、秋の道楽を検討してみます。朝夕はとても涼しくなって参りました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8ミリフィルム

1977年から約10年間撮影していた懐かしい8ミリフィルムが見つかった

感染列島

人混みが怖い?電車内が満員だとやはり怖い!ホテルの従業員は皆マスク着用

狂乱の20年代

100年前の1920年代、ローリングトゥエンティとアメリカでは呼ばれて

ドキュメンタリー番組

ありがたいことに私のドキュメンタリー番組をBSTBSが3月14日(土)

院内感染に注意

予約しても1時間待ち。患者多し!マスクはしているが咳してる患者ばかりが

→もっと見る

PAGE TOP ↑