*

12月2日

公開日: : ブログ

私が入門した年1974年のこの日、ジャイアント馬場さんは日本人として初めてNWA世界チャンピオンのベルトを腰に巻いた〓時のチャンピオンはジャックブリスコ。場所は鹿児島。会場は超満員だったなぁ。私はまだ入門して8ヶ月の新人。緒先輩共々リングサイドのセコンドを許された。1対1のあとの決勝で見事に決まった馬場さんのジャンピングネックブリーカードロップ〓レフェリーに合わせて会場全体でカウント3を数えた。あの熱狂と興奮は44年たった今でも覚えている。馬場さんがベルトを高々と掲げて歓喜している中、まだ二十歳の私もリングサイドの場外で跳び跳ねていた。デストロイヤーらセコンド陣がリングに上がり馬場さんを肩車した。観客席のあちこちで万歳の声がする。ブリスコはパットオコーナーの肩を借りて沈痛な面持ちで控室に引き揚げる。リング上ではテレビの勝利者インタビューを受ける馬場さん。これ迄のNWA世界タイトル戦を思い起こしたのか?2度3度と大きなため息をつく。もうそれだけで大歓声。むろんのこと、試合が終了しても誰も帰らない 。あの熱狂〓観客もセコンド陣もテレビ中継局スタッフも皆が興奮していた。今考えてもまさに歴史的な日。1974年12月2日。私はその場にいた〓

関連記事

バスでの長旅。

本日は3連戦の後の休日。だが愛媛から浜松までのバスでの長旅。朝10時の出発。只今移動中。たぶん浜松着

記事を読む

もう2月

1ヶ月たったらもう3月。次はもう4月…。1ヶ月なんて早い早い。あっさり64歳だからなぁ(笑)。2月に

記事を読む

幸せ昭和食堂の放送日

10月4日と11日夜11時半と決まった。BSTBS放送だよ。相変わらず瓶ビール飲んでよく食べている私

記事を読む

ホッと一息

2日3日と試合、そして5日澁谷東急百貨店にてトークショー。全日本のシリーズはまだまだ続くが、我はホッ

記事を読む

散歩道での発見

新宿区内藤町大京町の道路沿いにあった沖田総司終焉の地の案内板。若くして世を去ったんだね。

記事を読む

朝刊

毎朝、新聞に目を通す。代々木在中時になかったことだ。現在、夕刊は取ってなく朝刊のみだが、結構目を通す

記事を読む

あっさりと64歳

あっさりと年が明け、あっさりと昨日14日64歳を迎えた。64年生きて来たんだなぁと。風邪もなんとか完

記事を読む

1973年3月

45年前の今頃、まだ19歳だった私はプロレス雑誌に載ってあった全日本プロレス事務所へと茅ヶ崎のアパー

記事を読む

伊勢神宮内宮

見事な大木の幹。出雲大社と並ぶ日本古来伝承の神宮。よく歩いた(笑)。

記事を読む

出掛ける段になって!

あれがない!これがない!と大騒ぎしてしまう(笑)。たとえば事前にちゃんと用意してバッグの中に入れてあ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。今日は歴史的なタイトル戦があったのですね。試合観戦されていたなんて、うらやましい限りです。3本勝負の決着がついた瞬間の感動は計り知れないかと。せめてDVD観戦したいと思います。感動のお裾分けを頂き、どうもありがとうございます。おかげ様で晴れて来ましたので午後の掃除を頑張ります。着実に冬の気候に変わって来ました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日の丸背負って…

高度成長期って云ったら、1960年代だろうなぁ。各分野のヒーローが多く

平成も……

後10日か。いよいよ令和になるんだね。4月なのにもはや初夏の装い。暖か

砧道場

1976年夏、目白から世田谷区砧に合宿所が移った。二階建ての一軒家。広

ゴッチ練習法のホンのさわり

カールゴッチの練習法は幾つかあるが、私がタンパで一緒によくやったのがト

プロレスラーの練習

まだプロレス少年だった頃、トップレスラーはどんな練習をしているんだろう

→もっと見る

PAGE TOP ↑