*

輪島さんの想い出続編

公開日: : ブログ

私同様結構な寂しがりやで、オフになるとよく電話がかかってきた。80年代後半、まだ携帯が普及される寸前の時期。輪島さんは電話魔だった(笑)。私だけでなく様々な人達に電話しまくっていた。居酒屋に居ようがクラブに居ようがね(笑)。懐かしく思い出す。「渕君待ってんだよ!早く来いよ!」「えっ?今夜何か約束してましたっけ?」「いいから!赤坂の小料理屋にいるから!みんなで待ってんだよ!」「みんな?」「いいから!早く早く!」夜10時頃だった。ともかく指定された赤坂の小綺麗な小料理屋に向かうと輪島さんは一人でカウンター席に座っていた。「横綱一人ですか?」「渕君遅いからみんな帰ったよ」私は戸惑いながら隣に腰掛ける。カウンターの中から大将が笑顔で私におしぼりを差し出す。誰かが居た形跡はない。他に客もいない。たぶんあっちこっち電話して暇人は私だけだったようだ。だが料理は豪華〓ふぐ刺しにふぐちり〓そしてヒレ酒〓さすが元横綱〓だけど当時、輪島さんは借金などの苦労があったはず。「豪勢ですね。だけど横綱大丈夫ですか?」「何
が!金の話なんかするなよ!せっかくの料理が不味くなる!」「…わかりました。いただきます」あとはいつもの私スタイルでガツガツ頂いた(笑)。飲んでる時食べてる時は愉しい話に終始した。輪島さんの側にはいつも電話機。受話器を取って誰かと話す。もう一方の手にはヒレ酒。案外それが様になっていた。本当にいろいろと御馳走になった。どちらかと言うと肉料理より魚料理を好んだ。道場での練習で相撲技のカンヌキ固めを決められた時は即ギブアップした。スタミナではなんとかこっちが有利だったが、腕力とダッシュ力は凄かった。ぶつかり合いでは本当に吹っ飛ばされた。ラグビー出身の阿修羅原との試合でのぶつかり合いは今思い出しても凄い迫力だった。歴代横綱の中でも実力、実績、知名度は一級品だと思う。馬場さんとは入団前からゴルフを通じて知り合ったと聞く。輪島さんとの3年間、短い期間だったが公私に渡ってお付き合いできたことは幸せであった。

関連記事

幸せ昭和食堂の放送日

10月4日と11日夜11時半と決まった。BSTBS放送だよ。相変わらず瓶ビール飲んでよく食べている私

記事を読む

プロレスに感謝〓

少年時代より憧れてあったプロレスラーになれたことの幸運。これは何にも増して得難い我が出来事だ。出来事

記事を読む

縁(えん)

本日も上天気〓だが空気は乾燥している。インフルエンザが流行ってるようだ。日々手洗いは必修だね。前にも

記事を読む

昭和29年

昭和29年の1月に私は生まれた。その年、あのゴジラも生まれた。私とゴジラは同級生なのだ〓(笑)その他

記事を読む

後楽園試合後

少々ぶれた写真で申し訳ない。大塚駅近くの昭和の香りのする鮨屋。私の大好きな雰囲気。刺身、握り、旨かっ

記事を読む

年の瀬

すぐにクリスマス、そして大晦日。今年も1年が終わる。本当早いもんだね。ついこの前まで、もう還暦か…の

記事を読む

あれから5年…

5年前の今日、あの東日本大震災が起きた。私は東京に居たが、東京でもかなり揺れた。テレビ画面で見た津波

記事を読む

寒暖差

さすがに体調を崩す。年齢的に致し方ないか?(笑)腰痛も少々。用心しているつもりだったんだがなぁ…。

記事を読む

前橋の夜

試合後、前橋で泊まることにした。夜は石崎さん、小林さん、うすいさんらに世話になった。肉、魚、野菜、そ

記事を読む

1974年4月再び

いくら焦ったところで車は渋滞でノロノロ運転。「お客さん、恵比寿までは何時頃に着けばいいの?」私は腕時

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    輪島さんのお話、拝見しました。美味しくお食事して楽しくおしゃべり出来る可愛い後輩にご馳走してくださったのかと。大胆で優しいお方だったのですね。思い出話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。風が冷たく感じる気候になりました。何卒お疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その明るさ〓

来年行われる東京オリンピック、そしてパラリンピック。ハンディを背負いな

体調今いちかな?(笑)

この年齢になればいつも絶好調って訳にはいかない。不整脈に頻尿…まぁ仕方

フレッドアトキンス

古いプロレスファンなら知る人ぞ知るジャイアント馬場さんのアメリカでの師

タフでなければ!

プロレスラーとは先ずはタフでなければならない。リング上のファイトはむろ

三条へ

大宮駅から新幹線で向かう。久々の新幹線。3連休初日、新幹線待ち合わせ室

→もっと見る

PAGE TOP ↑