*

輪島さんの想い出続編

公開日: : ブログ

私同様結構な寂しがりやで、オフになるとよく電話がかかってきた。80年代後半、まだ携帯が普及される寸前の時期。輪島さんは電話魔だった(笑)。私だけでなく様々な人達に電話しまくっていた。居酒屋に居ようがクラブに居ようがね(笑)。懐かしく思い出す。「渕君待ってんだよ!早く来いよ!」「えっ?今夜何か約束してましたっけ?」「いいから!赤坂の小料理屋にいるから!みんなで待ってんだよ!」「みんな?」「いいから!早く早く!」夜10時頃だった。ともかく指定された赤坂の小綺麗な小料理屋に向かうと輪島さんは一人でカウンター席に座っていた。「横綱一人ですか?」「渕君遅いからみんな帰ったよ」私は戸惑いながら隣に腰掛ける。カウンターの中から大将が笑顔で私におしぼりを差し出す。誰かが居た形跡はない。他に客もいない。たぶんあっちこっち電話して暇人は私だけだったようだ。だが料理は豪華〓ふぐ刺しにふぐちり〓そしてヒレ酒〓さすが元横綱〓だけど当時、輪島さんは借金などの苦労があったはず。「豪勢ですね。だけど横綱大丈夫ですか?」「何
が!金の話なんかするなよ!せっかくの料理が不味くなる!」「…わかりました。いただきます」あとはいつもの私スタイルでガツガツ頂いた(笑)。飲んでる時食べてる時は愉しい話に終始した。輪島さんの側にはいつも電話機。受話器を取って誰かと話す。もう一方の手にはヒレ酒。案外それが様になっていた。本当にいろいろと御馳走になった。どちらかと言うと肉料理より魚料理を好んだ。道場での練習で相撲技のカンヌキ固めを決められた時は即ギブアップした。スタミナではなんとかこっちが有利だったが、腕力とダッシュ力は凄かった。ぶつかり合いでは本当に吹っ飛ばされた。ラグビー出身の阿修羅原との試合でのぶつかり合いは今思い出しても凄い迫力だった。歴代横綱の中でも実力、実績、知名度は一級品だと思う。馬場さんとは入団前からゴルフを通じて知り合ったと聞く。輪島さんとの3年間、短い期間だったが公私に渡ってお付き合いできたことは幸せであった。

関連記事

馬場さんの脚力

脚力にはかなりの自信があったようだ。インターナショナルベルトを巻いたばかりの若き日の馬場さんのファイ

記事を読む

雨の中帰京

やはり新幹線で東京に戻る。浜松は雨である。さて東京はどうだろう?雨の中バッグ2つ両手に持って歩くのは

記事を読む

東京へ

これから東京へ。むろん仕事ではない(笑)。友人らとの飲み会で。1つ年をとっても我がペースは変わらない

記事を読む

1973年3月

45年前の今頃、まだ19歳だった私はプロレス雑誌に載ってあった全日本プロレス事務所へと茅ヶ崎のアパー

記事を読む

試合数

今年になって試合数は減少している。自分の体調を気遣ってのこと。地方へは殆んど行かない。不整脈と腰痛肩

記事を読む

元子さん…

馬場元子さんが今月14日に亡くなっていたことを知り愕然としている。体調悪く入院していることは知ってい

記事を読む

バスでの旅

再びバスでの地方巡業。今日と明日は4、5時間の旅。昨夜は大阪。夜は酒を抜いた。大人しくホテルの部屋で

記事を読む

幸せ昭和食堂

今月4日と11日にBSTBSで放映してもらった「幸せ昭和食堂」。5月、8月、10月と3回に分けて計1

記事を読む

買い出し

だいたい2日に1回、スーパーに妹の車で買い出しに行く。甥っ子2人20代の働き盛り。食欲は凄い!弁当作

記事を読む

あずさ号

あずさ号で新宿から八王子に向かう。特急だから八王子まで30分で行ける。それから2度ほど乗り換えの予定

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    輪島さんのお話、拝見しました。美味しくお食事して楽しくおしゃべり出来る可愛い後輩にご馳走してくださったのかと。大胆で優しいお方だったのですね。思い出話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。風が冷たく感じる気候になりました。何卒お疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

デストロイヤー追悼大会

大田区体育館に向かう。乗り換え乗り換えで結構時間がかかる。2時間以上は

今月は3試合

今日後楽園と15日大田区体育館、そして21日後楽園の3試合。全日本経理

11月

November、霜月かな?まさに秋晴れの中11月となった。だけど相変

ハロウィンか…

スクランブル交差点はまた大騒ぎかな?近年の盛り上がりは凄いけど我々青春

やっと出発〓

1時間以上遅れて古河駅を出発。車内での1時間は長い!これが4時間5時間

→もっと見る

PAGE TOP ↑