*

輪島さんの想い出続編

公開日: : ブログ

私同様結構な寂しがりやで、オフになるとよく電話がかかってきた。80年代後半、まだ携帯が普及される寸前の時期。輪島さんは電話魔だった(笑)。私だけでなく様々な人達に電話しまくっていた。居酒屋に居ようがクラブに居ようがね(笑)。懐かしく思い出す。「渕君待ってんだよ!早く来いよ!」「えっ?今夜何か約束してましたっけ?」「いいから!赤坂の小料理屋にいるから!みんなで待ってんだよ!」「みんな?」「いいから!早く早く!」夜10時頃だった。ともかく指定された赤坂の小綺麗な小料理屋に向かうと輪島さんは一人でカウンター席に座っていた。「横綱一人ですか?」「渕君遅いからみんな帰ったよ」私は戸惑いながら隣に腰掛ける。カウンターの中から大将が笑顔で私におしぼりを差し出す。誰かが居た形跡はない。他に客もいない。たぶんあっちこっち電話して暇人は私だけだったようだ。だが料理は豪華〓ふぐ刺しにふぐちり〓そしてヒレ酒〓さすが元横綱〓だけど当時、輪島さんは借金などの苦労があったはず。「豪勢ですね。だけど横綱大丈夫ですか?」「何
が!金の話なんかするなよ!せっかくの料理が不味くなる!」「…わかりました。いただきます」あとはいつもの私スタイルでガツガツ頂いた(笑)。飲んでる時食べてる時は愉しい話に終始した。輪島さんの側にはいつも電話機。受話器を取って誰かと話す。もう一方の手にはヒレ酒。案外それが様になっていた。本当にいろいろと御馳走になった。どちらかと言うと肉料理より魚料理を好んだ。道場での練習で相撲技のカンヌキ固めを決められた時は即ギブアップした。スタミナではなんとかこっちが有利だったが、腕力とダッシュ力は凄かった。ぶつかり合いでは本当に吹っ飛ばされた。ラグビー出身の阿修羅原との試合でのぶつかり合いは今思い出しても凄い迫力だった。歴代横綱の中でも実力、実績、知名度は一級品だと思う。馬場さんとは入団前からゴルフを通じて知り合ったと聞く。輪島さんとの3年間、短い期間だったが公私に渡ってお付き合いできたことは幸せであった。

関連記事

いよいよ佳境

全日本シリーズは本日博多で最終戦。三冠戦、世界タッグ戦をやる。いよいよ佳境だ。在宅の我は28日の引っ

記事を読む

家電

冷蔵庫買い換え。20年もったようだ。まだ来ていない。7日配送で来る。昨年はエアコンとテレビの買い換え

記事を読む

暑い!熱い!

湘南新宿ラインで横浜に向かっている。3連休初日ながら空いている。ドア付近に私の側にデブが来る。まこと

記事を読む

後楽園大会を終えて

3日の後楽園大会久々に満員になった。観客の皆さん御来場ありがとうございました。全日本プロレスの躍進は

記事を読む

健康診断

レスラー社員らみんなで健康診断。血液検査、レントゲン、血圧、尿検査、検便、そして心電図等。聴力、視力

記事を読む

人を呼ぶ男か?

ストレスは変な所から生まれる。トイレに行けばたっぷり空いているのにわざわざ隣に用を足すのが来る。パチ

記事を読む

猛暑日

とにかく今日は凄い暑さだねぇ!屋外と室内じゃかなりの温度差だ。心臓にあまり良い状況ではない!夏らしい

記事を読む

魔王続編

デストロイヤーの初来日は昭和38年5月。力道山との大死闘は4の字掛け合ってのノーコンテスト。視聴率な

記事を読む

若かりし2人。

鶴田さんと野外練習。砧公園にて。2人供若かった〓もう40年前になるのかなぁ…。

記事を読む

62歳最終日

本日1月13日は我が62歳の最終日なり。明日14日は63歳の誕生日。当たり前ながら、もう62歳に戻る

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    輪島さんのお話、拝見しました。美味しくお食事して楽しくおしゃべり出来る可愛い後輩にご馳走してくださったのかと。大胆で優しいお方だったのですね。思い出話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。風が冷たく感じる気候になりました。何卒お疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1年なんて

過ぎてしまえば早いもの…。青木が逝って1年になる。彼と語り合ったことを

やっと6月

ってな感じ(笑)。日々自粛自炊してると1日が長い!だから1ヶ月が長い!

我が自粛生活

よくDVD映画を観た。洋画邦画、アクション物、喜劇、ミュージカル…。何

まだまだ慎重に

緊急事態宣言が解除になったが、感染者数がそれほど減ってない。第2波の備

夏日から冬日に

エアコンが故障中だから良かったけど、この温度差。不整脈の持病がある自分

→もっと見る

PAGE TOP ↑