*

アジアタッグ奪えず

公開日: : ブログ

タイトルマッチ終了後はやはりヘトヘトになった(笑)。我ながら30分良くやったと思う。むろんパートナーの秋山準のおかげもある。一瞬取れるかも?なんて思えることもあったがな(笑)。さすがにチャンピオンチームの宮原、鈴木鼓太郎組はタフで強かった。こっちはやっぱりスタミナが落ちたなぁ。秋山は元気いっぱいだったが私は本当疲れた(笑)。一夜明けた今、身体のあちこちにダメージが残る。もう当分タイトルマッチはないだろうな(笑)。

関連記事

年の瀬の友

クリスマスも終わってしまい、いよいよ年の瀬。長年の友人中田さんからの贈り物「牛肉煮」。酒の肴、御飯の

記事を読む

鶴田さんとのトレーニング

前にも書いたことがあるけどあまり長時間はやらない。だいたい2時間から2時間半。スクワットは50ポンド

記事を読む

2ヶ月なんて

アッというまだ!歳をとれば年々過ぎ行く時間が早くなる。明日から3月。本格的春の訪れ、花見の季節。本日

記事を読む

東京体育館

以前の古い体育館の頃、此処でプロレス名勝負が行われた。日本プロレスの頃の力道山、馬場時代は特に頻繁に

記事を読む

準備万端

これを座右の銘にしようかな(笑)。以前我が座右の銘は「立って半畳寝て一畳」って言ったけど、これに変え

記事を読む

無理は禁物。

私はだいたい週に1度か2度三点倒立をするようにしている。重力で下に引き落とされている内臓をたまには持

記事を読む

円楽師匠

六代目三遊亭円楽師匠とはもう30年のお付き合いというかお世話になっている。馬場さんとも仲が良かった師

記事を読む

プロレス少年時代

特に中学生の頃となるか。昭和で云えば41年42年43年。むろん高校生時代もファンだったがな。日本プロ

記事を読む

大晦日

令和元年2019年が終わる。2度とやって来ない年。皆さんそれぞれいろんなことがあったでしょうなぁ。ま

記事を読む

1974年入門

受け身の後遺症か身体のそこらじゅうが痛くダメージ回復せぬままシリーズ参戦となった。参戦と言っても新弟

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。試合お疲れ様です。
    大変酷な意見で申し訳ございませんが、改めて挑戦して頂きたく存じます。
    まずは回復に専念してくださいませ。次は勝利の美酒に酔いしれて頂く事を願います。

  2. JUN より:

    お疲れ様でした。しばらくタイトルマッチやらないなんて言わず、また挑戦して下さい。西村選手とのタッグも面白いと思いますが。

へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名もなきヒーロー達

先日60年代のヒーローを書いた。子供時分から多くのヒーロー、ヒロインを

黄金の60年代

1960年代のことである。社会的には何かと大変な時代だったと思うけどス

田舎住まい

田舎住まいでのんびりとした生活?なかなかそうもいかない!なにせ早寝早起

本日は晴天なり❗️

暖かい1日となりそうだ。宿泊先をチェックアウトして東京を離れる。財布の

マンボウなのに!

以前からの約束のため、こんな事態なのに東京に向かっている。むろん大切な

→もっと見る

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑