*

32文キック誕生秘話

公開日: : ブログ

2m9cm145キロでドロップキック❗️1965年当時はレスラーも観客も衝撃を受けたようだ。ジャイアント馬場さんのドロップキックの師匠はラテンの魔豹ペドロモラレスであったのは古いファンならご存知のこと。ロサンゼルスの道場?のリングでジンラーベルが掲げたバスケットボールにドロップキックで打ち抜く。ジンラーベルは前年1964年のワールドリーグに参戦したレスラー。弟はロサンゼルスプロモーターのマイクラーベル。来日時、馬場さんの脚力に瞠目し、「馬場ならドロップキックができるんじゃないか?」と言ってきた。「やりたいんだができるかなぁ」「できる❗️できる❗️」。ラーベルは後押しして早速練習しようといった。ところが、その当時馬場さんの巨体でドロップキックをやれるレスラーはいなかった。ヘタに練習して怪我でもされたんじゃ大変だ!当時の首脳陣の気持ち。その頃から馬場さんは看板レスラー。約1年後、ロサンゼルス遠征中、試合の合間をぬっての練習となった。「俺の体格でドロップキックが出来たら必殺技になり話題となる❗️」。27歳の馬場さんはワンランク上を目指していた。モラレスと共に練習に励んだ。ラーベルが掲げたボールを何度も射貫くモラレスのドロップキック。その場跳び、助走しての跳びと両方共に名人芸だった。だがモラレスは小柄。出来て当然の体格。馬場さんの巨体では…、なかなか出来ずに何日も何日も練習した!…というのは実はウソ(笑)。なんと1日で習得した❗️(笑)最初からラーベルが掲げたボールを弾き飛ばしたらしい。ラーベルの腕が持って行かれる程の威力だったようだ。ただやった後の返しの前受け身の練習は何度もやった。馬場さんはパットオコーナーのドロップキックを理想としていたので助走してのものを習得した。吉村さんや猪木さんのはその場跳びだよね。「なんだ、もっと早くからやりゃ良かった❗️」とは後々の話(笑)。「巨人軍時代のランニング練習が良かったんだな」とも。帰国しての初戦、バトル・ロワイアルでドンダフィーに見事32文ドロップキックをかまして優勝❗️観客とマスコミに衝撃を与えた。バトル・ロワイアルでの優勝は生涯それ一度だったらしい(笑)。だが32文ドロップキックは天下一品の必殺技となった❗️実際馬場さんから聞いた思い出話。

関連記事

遊びと仕事

土曜日は小鉄メンバーと屋形船で船遊び。刺身と天ぷら、そして熱燗。もう10年以上続いている。毎年オモロ

記事を読む

時代は変わる

1964年1月、カナダトロントのフランクタニー事務所にジャイアント馬場宛に手紙が届いた。フランクタニ

記事を読む

もう花見シーズン

1年なんて早いもの〓4月か…。本日はエイプリルフールだね。何か嘘を考えないと(笑)。他愛のないもので

記事を読む

食欲の秋

秋らしい気候となった。 秋刀魚の塩焼きで一杯〓が旨い季節だ。むろん秋刀魚の刺し身もいいけどね。友人

記事を読む

全く急な事で

今月いっぱいの緊急事態延長のため、仕方ないんだがね。 5月16日大田大会が6月26日に延期となった。

記事を読む

2時3分

正確には1954年1月14日の14時3分に私はこの世に生を受けた。生を受けたことは両親に感謝している

記事を読む

風邪引きさん

至る所に風邪引きさん多し。気を付けなきゃね。なんと言っても我々は身体が資本!まことに至る所にマスク姿

記事を読む

1982年

ノースカロライナ州シャーロッテ。28歳の秋。髭を生やしている。ガールフレンドもいたなぁ…(笑)。

記事を読む

3連泊

都内に3連泊した。6日は秋山の知人が開いてくれたホームパーティに参加。プロレスファンのオジサン達(私

記事を読む

フレッドアトキンス

古いプロレスファンなら知る人ぞ知るジャイアント馬場さんのアメリカでの師匠。フレッドアトキンス。現役と

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「32文キック誕生秘話」拝見しました。ボールと共に腕が持っていかれる程の威力…さすがです。しかも一日で習得されてしまうなんて…沢山受けて、沢山見ていたのかと存じます。興味深いお話を綴って頂きまして、ありがとうございます。段々と気温が上昇して来ますので、熱中症にもご注意願います。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. ヨッシー より:

     渕さんへ  

     ラーベルも絡んでいたのは知りませんでした。さすが馬場さん・鍛え上げたアスリートですねえ。 もうすぐ鶴田さん追悼興業ですね。また引退試合の相手・・渕さんさすがです。 ファイト!ファイト!

                                            

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当たり前が大事

普通に呼吸ができること、歩けること、食事ができること、喋れること、目が

日本プロレス時代

現在のような多団体時代と違い、日本プロレス1団体時代こそが本当の黄金期

寝たきり老人?(笑)

此処んとこ頻繁にブログ更新しているので管理人があわてている(笑)。なん

ドロップキック

かなり前に同じ題材で書いたような…まぁいい。ドロップキックに愛着を持っ

懐かしき人達

先日の後楽園大会のトークショーに於いて、日本テレビプロレス実況メンバー

→もっと見る

  • 2024年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑