*

プロレス史家

公開日: : 最終更新日:2017/04/15 ブログ

と言われてる人も少なくなった。櫻井康雄さんが亡くなったと聞く。一時は日テレの山田隆、テレ朝の櫻井康雄と呼ばれたプロレス中継の名解説者であった。プロレス史家、ベテランのプロレス評論家が居なくなったなぁ…。大御所だった田鶴浜弘さん、菊池孝さん、竹内宏介さん、そして山田隆さんと櫻井康雄さん…。今ご健在なのは門馬忠雄さんだけ…。私はこの方たち全員お会いしてお話を伺ったことがある。菊池さんは若手時分から何度か飲みに連れて行ってもらった。櫻井さんはアメリカ遠征時にわざわざ3度も激励のお手紙を頂いた。田鶴浜さんはまさにプロレス史家の最高峰。戦前からのプロレス史に関する貴重なお話を話してくださった。山田さん門馬さんは先輩レスラーの皆さんと一緒。お会いする度に、いつも緊張していたのを思い出す。門馬さんには今だに63歳の私は頭が上がらない(笑)。その点、竹内さんとは一番気さくに話をさせてもらった。ついつい長話になったことが今でも懐かしい。櫻井康雄さんの書物「馬場と猪木」は私の大切な宝物であり、全巻揃えてある。 心よりご冥福をお祈りします。

関連記事

ドロップキック

年齢のことばかり言って申し訳ないが、60代で現役レスラーともなれば、さすがに技の数も少なくなる。グラ

記事を読む

映画好き

これはビデオ。DVDはこの3倍ある。ここんとこ、どうにもトイレが近いため劇場には足が向かない。部屋に

記事を読む

雪が降った!

寒くなってきたもんなぁ!1月だし冬だし、雪も降るわな。積雪の前日、古河駅そばのお寺で両親の墓参り。翌

記事を読む

チャンカン終了

チャンピオンカーニバル優勝者は曙。ドーリング、諏訪魔と破っての優勝だった。超ヘビー級の迫力ある戦いだ

記事を読む

両国大会終えて

たくさんのプロレスファンの皆さん、全日本プロレス両国大会に御来場誠にありがとうございます。まさに嬉し

記事を読む

最終戦長岡

新幹線での行き帰り。試合後すぐに帰京。腰痛より肩凝りが心配。異常に凝っている。最終戦終了で良かった良

記事を読む

ギタリスト打田さん

わざわざ自宅まで来てくれた。飲み仲間でもあり友人でもある。お互い万全の体調ではないのに酒を呑み呑み慰

記事を読む

地声の大きな奴

新幹線グリーン車内でデカイ地声で英語で話す日本人客。対応する外国人は小声で静かに話す。日本人客の地声

記事を読む

本日wine?

やっぱり今夜はwineかなぁ。ボジョレヌーボーの解禁日だっけ。年々歳々出会いより別れが多くなる。何か

記事を読む

14 September, 2015 12:33

斬新な高松市内のアーケード街。

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。申し訳ございませんがお名前を存じ上げておらず、兄からテレビで見ていたプロレス解説者の方と聞きました。解説も試合を構成する大切な要素と思います。貴重なお話を伺いました。心からご冥福をお祈り致します。

  2. ルター レンジ より:

    山田隆(北直人)、櫻井康雄(原康史)、門茂男、鈴木庄一菊池孝、井上義啓、フランク井上、うろ覚えですが(宇佐川英雄?)
    皆さん昭和文学青年の雰囲気を漂わせていました
    門茂男さんのジャパン・プロレス・ユニオンはプロレスオタクの溜まり場、語り場でした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

蓮田大会、試合前の…

本日、甥っ子運転の車で自宅から会場に向かう。いつも早めに着くのでリング

秋の長雨

気温的には晩秋だね。10月神無月も半ば。長雨の影響か、急に気温が下がっ

今日明日と

試合。本日は前橋、明日は新潟三条。電車、新幹線乗り継いで前橋へ向かって

昭和のヒーロー

数多くいるが、その中にジャイアント馬場さんは絶対に入るな。私にとっては

9月20日

もう37年になる。1980年9月20日に私は憧れのアメリカ遠征に旅発っ

→もっと見る

PAGE TOP ↑