*

映画少年でもあった

公開日: : ブログ

プロレスだけじゃなくてね。映画好きの母の影響かな。最初に観た映画の記憶は東映マンガ映画「猿飛佐助」だと思う。まだ幼稚園児だった。子供時分、よく母に連れて行ってもらった。松竹、日活、東映、東宝、大映、そして新東宝まで。さすがにその頃は洋画は記憶にないなぁ。邦画ばかりだが、幼き記憶ながらうろ覚えで覚えている。父親とは東映時代物が多かった。両親と一緒って記憶にない。いつもどちらかが映画館に幼い私を連れて行くパターンだったな。中学生になると友達と行くようになった。殆んどが東宝映画。1960年代半ばは加山雄三と植木等が大人気だったからねぇ。若大将とクレージーシリーズ必ず観に行った。あの当時、我が故郷北九州市の繁華街黒崎は映画館が立ち並んでいた。入口には主演スターの大きな立て看板が飾られていたもんだよ。初めて観た洋画はロシア映画の「戦争と平和」。学校からの指定映画。まだ中学生。半分寝ていた。進んで観に行ったのは「猿の惑星」。これは面白かった。高校生になると洋画が多くなる。寅さんシリーズが始まり、観に
行くようになったね。あとは隠れて成人映画を観に行ったこともある。成人映画専門の映画館は小さくて薄汚れていた。トイレも薄暗く狭い。小便器も2つか3つ。そこで偶然中学時代の先生と並んで連れションしたことがあった。チラッと横を見たら見覚えのある顔。身長180ながらまだ高校生の自分は帽子を深く被っていた。その先生、教師は中肉中背でもう40代だったろう。あまり生徒を叱らない物静かな先生だった。私には気付かないようだったけど、こっちは驚いた!(笑)むろん挨拶などしない。黙って用を足した後ろ姿を見送った。まだ達者だろうか?我が青春時代、女の子とのデートの定番は先ずは映画館での映画鑑賞だった。「今話題の映画一緒に観に行かないか?」というのがデートの誘いであった時代。今度誰か誘って見るかな(笑)。私の映画好きは変わらない。

関連記事

三条へ

大宮駅から新幹線で向かう。久々の新幹線。3連休初日、新幹線待ち合わせ室満席なり。それでも何とか席確保

記事を読む

菅原文太死去

入門当初先輩や同僚とシリーズオフの時、よく映画を見に行った。その当時見たのが、寅さん、千葉真一の空手

記事を読む

我が誕生日

ついに61歳になった。この年になっても友人らからおめでとうメールが来る。照れくさいながら嬉しいもんだ

記事を読む

雨降りの中

東京に向かっている。まだまだ肌寒い!試合は10日の春日部と19日の後楽園のみ。年々試合数は減っていく

記事を読む

春になれば

沖縄大会は盛り上がったようだね。全日本軍団は皆頑張ってる〓さて春になれば、むろんチャンピオンカーニバ

記事を読む

やっぱり想定外(笑)。

眼科に行くとなんといつもの先生早退しておらず!早退とは!体調崩したらしい。新たな眼科医はおばさん。話

記事を読む

六本木で焼き鳥

アリス矢沢透さん経営の焼き鳥店「アガサ」でのスリーショット。矢沢さんと友人の猪瀬さんと。焼き鳥旨かっ

記事を読む

不便が当たり前

私の小学生時分、父の会社の社宅アパートに住んでいた。父、母、妹との4人家族で。9畳と6畳の和室の2部

記事を読む

秋晴れ続く…

だけど大型台風が接近中なんだよね。北海道はもう風雨が強くなってるようだ。気をつけなきゃ!関東はしのぎ

記事を読む

9月20日

もう37年になる。1980年9月20日に私は憧れのアメリカ遠征に旅発った。26歳だった。両親と妹に見

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。映画館は数える程度なので、とても敷居が高いイメージです。チケットを購入して観る雰囲気がまた別格かと。久方振りにDVDを鑑賞したいと思います。秋の声を感じる様になりました。台風の影響が心配ですので、事前の対策をお願い致します。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その明るさ〓

来年行われる東京オリンピック、そしてパラリンピック。ハンディを背負いな

体調今いちかな?(笑)

この年齢になればいつも絶好調って訳にはいかない。不整脈に頻尿…まぁ仕方

フレッドアトキンス

古いプロレスファンなら知る人ぞ知るジャイアント馬場さんのアメリカでの師

タフでなければ!

プロレスラーとは先ずはタフでなければならない。リング上のファイトはむろ

三条へ

大宮駅から新幹線で向かう。久々の新幹線。3連休初日、新幹線待ち合わせ室

→もっと見る

PAGE TOP ↑