*

この世で確実なもの

公開日: : 最終更新日:2018/04/27 ブログ

それは誰でも死を迎えるってことであろう。人だけでなくあらゆる生物は皆最後には死んでしまう。これだけは確実。逆らうことはできない。他のことは想定外が多く、自分の思い通りには行かないことばかり。確実性はない。ただ一つ確実なことは人は皆死ぬってことだ!いずれ皆年をとる。親しき人との死に別れを多く経験する。あの馬場元子さんも、ごっついブルーノサンマルチノもやっぱり死んでしまうんだなぁ…と思う。あんなに強くて輝いていた馬場さんも鶴田さんも、もうこの世にいない。我が両親も。いつまでも生きてくれてるもんだと思ってた人達が世を去って逝く。残酷なことだが絶対にもう会うことはできない。思い出だけが残る。それも時がたてば仕方のないことだがだんだん色褪せてくる。定めだね。生老病死。人はこの世に生を受けやがて老いて行く。そして病をえて死を迎える。まさに定め!「祭りの日々、死での旅路の一里塚。めでたくもあり、めでたくもなし」。祭りの日々のところは「年始め」あるいは「正月や」って云う時もあるよね。ともかく2度と戻って
来ない日々は祭りのようなもの。大切に過ごさなきゃねぇ。私のように60代半ばになると人と人との縁が特に大切なものだと感じるね。私の場合だとこれ迄出会えた人達との縁にどれだけ支えられてこられたか!ずうっと支えられっぱなしだ!(笑)感謝しながら、まだまだ生きて行こう…(笑)。

関連記事

本日は

4月22日。42年前の本日、私はプロレスデビューをした。デビュー戦記念日である。今さら?(笑)四国は

記事を読む

弱くなった!

何につけてもだが、酒が弱くなった!昨夜は六本木hitomiにて1日店長。その前にアガサで保正さんに焼

記事を読む

地方巡業終了

新潟から新幹線で大宮に向かう。久方振りの地方巡業。まあ楽しんだが流石に疲れた(笑)。何はともあれ怪我

記事を読む

夏休み

世は夏休みだねぇ。私なんか吉田拓郎の「夏休み」って唄を思い出す年代だ。入道雲、蝉取り、絵日記、かき氷

記事を読む

パーキングエリア

バスでの移動中。パーキングエリアのレストランより明石大橋を望む。浜松まではまだまだ…(笑)。

記事を読む

秋晴れ続く…

だけど大型台風が接近中なんだよね。北海道はもう風雨が強くなってるようだ。気をつけなきゃ!関東はしのぎ

記事を読む

途中挫折

寒い中でも久々にウォーキングをやろうと思い立ち外に出た。いい天気だしね。あちこちに雪が残っている。少

記事を読む

後楽園大会

明日夜7時より後楽園ホールにて全日本プロレス興行が行われる。ジュニアリーグの決勝戦と世界タッグのタイ

記事を読む

…中毒

変な話、中毒までとは言わないが、どうにもやめれないものってあるよね?ないかな(笑)。私は朝イチにテレ

記事を読む

朝刊

毎朝、新聞に目を通す。代々木在中時になかったことだ。現在、夕刊は取ってなく朝刊のみだが、結構目を通す

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「この世で確実なもの」拝見しました。誠に仰る通りにございます。全ての人は仏様に成る事は確実で、思い出も変わっていってしまいます。それでもまだ浮き世に在る身として頑張っていきたいと思います。初夏の陽気に近づいて参りました。何卒お疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1ヶ月振りの試合

久々の腰痛再発!試合前のストレッチが甘かったか!腰の左側。26日流山大

終戦の日

平成最後の終戦の日だね。終戦から73年。まだ73年…もう73年…、様々

時代の変化

10年前20年前…、そりゃ変化してるわな。大きく変わったのがあれば大し

車輛満席!

世は夏休みなんだな。家族連れなどでグリーン車輛も満席!立ってる人も多い

64歳夏…

こう暑いとウォーキングはやってないし庭手入れもやってない。ストレッチは

→もっと見る

PAGE TOP ↑