*

18歳夏…

公開日: : 最終更新日:2018/08/02 ブログ

もう46年にもなるんだなぁ。本日7月30日、18歳だった私は北九州小倉駅からバック片手に夜汽車で東京に向かった。1972年のことだった。まだ大学1年生。夏休みの最中。「ひとまず行っといで。すぐ帰って来るんだよ」と母は自らの2万円、父の財布からくすねた5万円を私に手渡してそう見送ってくれた。私自身もアルバイトで貯めた2万5千円を持っていた。その時分としては18歳にして金持ちの気分。九州スポーツ紙を手に思い立っての旅立ち。その日、各スポーツ紙の一面は「ジャイアント馬場、日本プロレスに辞表提出!独立へ!」の記事であった。18歳の若さゆえのはやる気持ちを押さえ切れず父に内緒で上京を決意した。(あのジャイアント馬場が独立するんだ!これは東京に行かなければ!)子供時分からの馬場ファンとしての根拠はあっても東京には何の宛ても伝もなかった。辞表提出したばかりでまだ全日本プロレスが創立前のこと。何を焦っていたのか!いてもたっても居られなかったのか?若さゆえの暴走だね(笑)。「ひとまず行っておいで」がこれ迄の 長き道程の始まりだったんだなぁ。

関連記事

3.11

あれからもう6年になるんだね。東日本大震災。私はあの日東京代々木に居た。あの尋常でない揺れに慌てふた

記事を読む

幸せ昭和食堂

17日夜、自分が出演している「幸せ昭和食堂」を見た。まぁそれなりに達者にやってるように見えた。だけど

記事を読む

バスでの長旅。

本日は3連戦の後の休日。だが愛媛から浜松までのバスでの長旅。朝10時の出発。只今移動中。たぶん浜松着

記事を読む

伊勢神宮内宮

見事な大木の幹。出雲大社と並ぶ日本古来伝承の神宮。よく歩いた(笑)。

記事を読む

線香とロウソク

無くなる前にいつも購入する。先祖と両親の遺影に。父は10年前、母は5年前にこの世を去った。馬場さんは

記事を読む

12月6日大阪大会

我がプロレス人生40周年記念ファイナル。全日本プロレス同期の大仁田厚とタッグを組むこととなった。相手

記事を読む

墓参り

本日は全日本は秋田で試合。在宅の私はいい日和なので古河駅そばの寺に眠る両親の墓参り。腰痛をなんとかし

記事を読む

渡瀬恒彦死去

渡瀬さんとは丁度40年前の夏、只1度だけお会いしたことがある。場所は下北沢、深夜近くに先輩のロッキー

記事を読む

円楽師匠

六代目三遊亭円楽師匠とはもう30年のお付き合いというかお世話になっている。馬場さんとも仲が良かった師

記事を読む

月末の週始め

私は月曜を週始めと考えている。王道トーナメントは秋山が優勝したね。またしても我が予想はハズレた(笑)

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    若き情熱、拝見しました。実際に行動されたこの時にもご縁が有った様に思います。ここまでご縁を繋いで頂いた事に感謝致します。おかげ様でプロレス観戦する事が出来ています。これからもご縁を繋いで頂きたく存じます。台風が明けて如何お過ごしでしょうか。夏本番ですが何卒お疲れになどなりません様にご自愛くださいませ。続きのお話を楽しみにしております。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

去りゆく人…

今年は何か節目の年なんだろうか?いろんな分野で亡くなる方たちが多いよね

幸せ昭和食堂

今月4日と11日にBSTBSで放映してもらった「幸せ昭和食堂」。5月、

輪島さんの想い出続編

私同様結構な寂しがりやで、オフになるとよく電話がかかってきた。80年代

輪島さんの想い出

いろいろある…。プロレス界でわずか3年のお付き合いだが。よく一緒に飲み

10月になっても

まだまだ夏日がやって来ている。おかしな天候が続く。まさしく体調管理が大

→もっと見る

PAGE TOP ↑