*

ハーリーレイス死去の報

公開日: : ブログ

8月となり本格的夏シーズンとなった。猛暑日が続き日々暑い!1週間前との温度差で体調不良になりそうだ。そんな中、ハーリーレイス死去の報が入ってきた。76歳か…。現役として最後に来日したのは、いつであったろうか?腰痛が酷くてつらいとあの常に強気の男だったレイスが腰を擦りながらこぼしていたことを覚えている。私はタッグで2度試合をしたことがある。プライベートでは日本でもアメリカでも何度も飲みに行った。フロリダのタンパでたった1度だけ私が御馳走したことがある。レイスは苦笑いしながら受けてくれた。1980年代初頭、レイスは別格のトップレスラー、こっちは単なる日本から来た若僧。店にいた他のレスラー連中が少し引いた目で親しく飲んでいる我々を見つめていたのを思い出す(笑)。私がアメリカ遠征時、1980年代前半、アメリカマット界に人気絶頂の3人のヒーローがいた。アンドレ、ホーガン、ローデス。この3人はアメリカテアトリー何処に行っても別格のヒーローたった。それに対する敵役のトップも3人。フレアー、ニック、そして
ハーリーレイス。まさにこの6人は別格だったなぁ。むろんファンクス、ブリスコ兄弟もいたけどさぁ…。当時の状況はこの6人はすごかった。ファンクス、ブリスコ兄弟、マスカラスは70年代だな。レイスは初来日は1968年だから馬場さんとの付き合いを考えるとファンクスやブッチャーよりも長い。馬場さんに2度NWA世界タイトルを取られているんだが、2度共取り返し尚且つPWFタイトルと鶴田さんのUNタイトルを奪取した。馬場さんとのボディスラムの攻防は今だに脳裏に焼き付いている。受け身の巧さは天下一品だった。誰が相手でも自分の試合テンポとスタイルは変えなかった。すべてハーリーレイススタイルの試合となった。相手がアンドレでもホーガンでもロビンソンでも。1979年だったか?全日本マットで行われたディックマードックとの1時間マッチは私が実際に見た試合の中でベストバウトの1つだと記憶している。合掌。

関連記事

1974年4月

前年3月、父の急病の為、ひと月足らずのプロレス生活に一応の終止符を打ったが、どうにもあきらめきれない

記事を読む

北海道へ

ギリギリ電車に間に合った〓羽田空港に向かうのにまずは新橋まで。それから浜松町に出てモノレール線で羽田

記事を読む

生きていりゃこそ〓

本日より全日本は北海道シリーズとなる。私は東京にて解説の仕事。北海道には行きたかったんだが、まぁ仕方

記事を読む

てとあしの血管クリニック東京

我が友人の寺崎さんが今月15日に開院したばかりのクリニックを訪問した。漫画家の河口仁先生も一緒。神田

記事を読む

誕生会

今年で17回目の我が誕生会。2月4日、やはり皆さんのおかげで愉しい一夜となった。毎年のことながら我が

記事を読む

春の兆し

桜もちらほら。今年もこうして桜が見れる。それだけで幸せ〓な〜んてね(笑)。後何回桜が見れるか?後何回

記事を読む

台風一過

まさに台風一過。本日は秋晴れだったね。体調もだんだん良くなった。そうじゃなきゃアジアタッグでは戦えな

記事を読む

晴天続き

日々気持ちの良い朝を迎えているが寒い!風が強く冷たい!ウォーキングしたいんだが風邪ひきそうだ。去年の

記事を読む

べティアマンを探して

私が映画好きであることは以前書いた。戦前、戦中、戦後10年あたり頃までか、川端康成や池波正太郎ら文豪

記事を読む

もう12月。

あっと言う間に今年も後1ヶ月となった。つい先日(今年の1月だが)我が還暦のお祝いをしてもらったと思っ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。プロレス誌を飾った選手の訃報に驚きました。お酒の思い出を綴って頂きましたので私も献杯致します。心からご冥福をお祈り致します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

贅沢な経験

プロレス少年の頃から我がヒーローであったジャイアント馬場の全日本プロレ

春一番

春一番と言えばキャンディーズ(笑)。もう45年程前の歌か?我が青春期の

8ミリフィルム

1977年から約10年間撮影していた懐かしい8ミリフィルムが見つかった

感染列島

人混みが怖い?電車内が満員だとやはり怖い!ホテルの従業員は皆マスク着用

狂乱の20年代

100年前の1920年代、ローリングトゥエンティとアメリカでは呼ばれて

→もっと見る

PAGE TOP ↑