*

デストロイヤーの話

公開日: : ブログ

デストロイヤーが初来日したのは1963年5月。1965年5月に来日したのは5度目。それ以前の4度の来日は全て短期間の特別参戦。別格のスターレスラーだったんだね。5度目の来日で初めて長期間約2ヶ月の日本滞在をする。この5度目が日本に対するひとつのターニングポイントだったとデストロイヤー本人から聞いたことがある。初の長期滞在。知名度抜群のデストロイヤー出場で各地満員続きのシリーズだったらしい。力道山亡き後では当然新記録の黒字続きのシリーズ。豊登、ジャイアント馬場とのタイトル戦ラッシュ。WWA世界戦、アジアタッグ戦、インター争奪戦。「豊、馬場、魔王と激戦!」と毎日、スポーツ紙の一面を飾っていた。このシリーズの最終戦、デストロイヤーは超満員の台東体育館で馬場さんとインター争奪戦の一騎打ちをやり、初めて日本で馬場さんに敗北。3本勝負で1本目を1分ほどで取られ、そのまま60分。0対1で負けた。初めてデストロイヤーに勝ったジャイアント馬場にプロレスファンは熱狂。力道山の後継者と認められた試合であり、馬場
さんもデストロイヤーも忘れられないシリーズだったことに間違いはなかろう。「あの頃、馬場はまだ若く、まだまだ発展途上だったが人気は凄かった。だが力道山死後は豊登がトップで馬場は2番手。それが、この試合で俺に勝ったことで一気に豊登を抜き日本マットのトップに立ったんだよ。また試合内容も評価された。当時の馬場はアスリートとしても素晴らしく今後この男とは日本でいい試合いいビジネスが出来ると確信したシリーズだった」。このシリーズ、デストロイヤーは馬場さんとシングル3度戦い1勝1敗1分け。お互い忘れ得ぬシリーズだったんだろうなぁ。以後、デストロイヤーは毎年のように来日して馬場さんと対決する。ワールドリーグ戦にも2度参加。2度共決勝進出。馬場さんとのタイトル戦はいつも超満員。日本に於いてはテーズ、サンマルチノ以上の知名度No.1の外国人レスラーであった。話は続く…。

関連記事

地方3連戦

本日より大阪、高岡、名古屋と3連戦。ただ今新幹線にて大阪に向かっている。久々の3連戦。体調管理して気

記事を読む

健康診断

やはり年齢か?あちこち悪いところが出てくる(笑)。不整脈の指摘は毎度のことだが、それよりショックだっ

記事を読む

今年最終戦終了

昨日の埼玉大会で今年の試合納め。今年もこの年齢で我ながらよくやった〓自画自賛?(笑)誰も言ってくれな

記事を読む

べティアマンを探して

私が映画好きであることは以前書いた。戦前、戦中、戦後10年あたり頃までか、川端康成や池波正太郎ら文豪

記事を読む

11月は

初日から秋晴れだ〓いい気分だ(笑)。本日より東京2泊。今夜は友人の猪瀬さんと東京ドーム。ポール・マッ

記事を読む

気温の変化

今年の長かった夏がようやく終わった感じ。そして急激な寒さの到来。体調崩した人も多いようだね。風邪引き

記事を読む

猛暑日

水不足が深刻だね。まあ日々暑い!夏が暑いのは当たり前だがねぇ(笑)。皆さんこまめに水分塩分補給してく

記事を読む

1973年3月

45年前の今頃、まだ19歳だった私はプロレス雑誌に載ってあった全日本プロレス事務所へと茅ヶ崎のアパー

記事を読む

地方巡業開始

東北巡業の仙台、山形が終わり、本日は東京で束の間の休日。明日より名古屋皮切りに西日本に向かう。早速3

記事を読む

30 March, 2019 15:35

石垣に健気に咲く〓

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「デストロイヤーの話」拝見しました。続きのお話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。60分戦い抜いての初勝利…体育館が揺れる程の大歓声が想像出来ます。手に汗握ってしまいます。更に続いてくださるとはありがたいです。次回もよろしくお願い致します。気候が大きく動いております。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. Carmel より:

    Superdry males’s Germany Trophy Series t-shirt.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この期に及んで

突然の腰痛!歩けないほどではない。痛痺れというか、腰から両足にかけて。

20日試合

試合4日前だが、体調は悪くない。特別良くもないけど、まぁ普通かなぁ。普

上野からの帰宅

夜電車で帰宅中。上野から。グリーン車両ほぼ満席。いつも通り、いい気分の

夏日だ!

ここ2、3日暑いこと!夏日だ!八十八夜が過ぎたんだからもう夏なんだがね

我が青春の70年代

70年代初頭から私はプロレスラーになりたい気持ちが強かった。1971年

→もっと見る

PAGE TOP ↑