*

デストロイヤーの話

公開日: : ブログ

これは度々デストロイヤーに聞いたこと。これ迄印象に残ってる試合は?「あり過ぎる!(笑)何年このビジネスをやってると思ってるんだ!」と叱られた(笑)。でも日本マットではやはり初来日の時の力道山とのWWA世界戦。4の字掛け合っての痛み分け。視聴率64%の伝説のタイトル戦だよね。それと一連の馬場さんとのインターベルトをめぐる試合。馬場さんが以前言ったことがある。一番多く60分戦った相手はデストロイヤーだったと。馬場さんは多分数ある日本レスラーの中で一番多く60分試合を経験しているレスラーであろう。デストロイヤーとは3度60分やってるはずだ。ロサンゼルスでも1度あるようだから計4度。キニスキー、ドリー、レイスとは2度づつ60分マッチをやってるんだよね。「プロレスで一番大切なことはへこたれないこと。スタミナだよ」。っていつも言ってたけど、あの大きな身体でまさに実践してたんだね。今思い返すと馬場さん身体能力は凄いものがあるよね。だからデストロイヤーもスタミナが凄かった。あと豊登との60分も印象に残ってると
言っていた。この試合も視聴率50%越えたらしいからね。アメリカマットでは結構な試合数を言ってたなぁ(笑)。思い出すままに(笑)。ロサンゼルスでのブラッシー戦、ブルーザー戦、ゴージャスジョージ戦。テーズとは65年ヒューストンでやったNWA世界戦が印象に残ってると言っていた。ガニアとも10回以上タイトル戦をやってるが、シカゴでのAWA世界戦がベストらしい。意外にも大木金太郎とのソウルで行ったインター戦も印象に残ってるようだ。デストロイヤーは馬場さん同様、バディロジャースにかなり憧れを抱いていたのは話の節々で感じた。4の字固めは日本ではデストロイヤーが第一人者と言っても過言ではないが、アメリカマット界では4の字固めと言えばロジャース。これはデストロイヤー自身が認めていた。ロジャースの試合スタイルをパクったことも(笑)。ロジャーススタイルを真似したのはデストロイヤーだけでなくニックもフレアーもだからね。ただデストロイヤーが自分の個性としてこだわった技がダブルニードロップ。ダブルニースタンプとも呼ばれる技。倒
立して相手の肩口に両膝を落とす。これはデストロイヤー特有の技である。またこの技を出してる時のデストロイヤーは本当カッコイイ〓私も何度も食らった。かなり効くぜ!身長180センチあるかなしだが、30センチ差の馬場さん相手でも見劣りしなかった。運動神経はメチャクチャ発達してたな。私が今でも行うその場でのももあげ運動はデストロイヤーから教わったもの。「50過ぎてもドロップキックをやりたければ、この運動を忘れるな!」と言われたからだ。デストロイヤーさんには何かと本当に世話になった。いろいろ教わった。ありがとうございます〓

関連記事

いよいよ年の瀬

本日はクリスマス。皆さんは良き聖夜を迎える予定かな?ともかくクリスマスとなりゃ、もう年の瀬だ。何度も

記事を読む

カボスハイ

ラジオ番組収録無事終了。良かった〓(笑)祭日ながら整骨院に行く。夜何処も出掛けず身体を休める。台風接

記事を読む

古河駅そばの居酒屋で。

此処んとこ古河駅そばの居酒屋でたま〜に呑んでる。早くも馴染み店を見付けた?さあどうだか?(笑)それは

記事を読む

地方巡業初日

名古屋にやはり新幹線で向かっている。5日間の旅。腰痛注意はいつものこと。地道に真面目に体調管理をして

記事を読む

書き間違え(笑)

情報過多のところを情緒過多で何度も書き間違えている(笑)。情緒過多はないだろ!(笑)皆さんブログ読み

記事を読む

昭和30年代

私は当時小学生時分。北九州に居た。和室二間のアパート。共同トイレ、共同炊事場、共同洗面所で部屋に水道

記事を読む

キャシーダウンズを探して

先日亡くなったハリウッドスターロビンウィリアムズは幼い頃より映画少年であったらしい。ロビンウィリアム

記事を読む

25 November, 2015 11:24

先日新宿の漱石山房公園に行って来た。夏目漱石は大正5年に49歳で亡くなるまでその地に9年間居た。「三

記事を読む

8月は

本日は日航機墜落事故が起きた日。もう35年たつ。そして今年は終戦75年。毎年この時期になると私は戦記

記事を読む

選挙の日に

こっちは後楽園にて和田京平レフェリーの還暦及びレフェリー人生40年記念興行あり。そして世界ジュニアタ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「デストロイヤーの話」拝見しました。とても良いご質問・ご回答です。嬉しいお話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。印象的な試合について教えて頂きたいお気持ち、良くわかります。同じ質問の時は、何卒、笑顔でご回答頂きます様お願い致します。日差しが強くなると共に様々な花が咲いて来ました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

如月となったが

今年も1ヶ月過ぎたね。と言ってもこの1ヶ月大変であった。1月18日、い

美女

日帰りで東京へ。私としては珍しい。日帰りだからね。実は再び白内障かと。

この世に絶対とは?

かの作家池波正太郎先生が仰ってる通り人はいずれ死を迎えるってこと。それ

2時3分

正確には1954年1月14日の14時3分に私はこの世に生を受けた。生を

最終日

なかなか雨が降らずお湿りのない日々が続いているねぇ。本日1月13日は我

→もっと見る

  • 2023年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑