*

力道山の時代

公開日: : ブログ

昭和30年代。日本は戦後復興から高度成長期に入ろうとしていた。民衆はヒーローを望み、またその期待に応えるかのように各分野でスーパーヒーローが出現した。その中でもダントツのスーパーヒーローが力道山であった。敗戦国日本のプロレスラーが戦勝国アメリカのプロレスラーをカラテチョップで叩きのめす〓大歓声!やんやの喝采!嬉し涙…。とてつもないプロレスブーム到来〓力道山は日本最大のスーパーヒーローになった。プロレスを見るために当時高かったテレビを大衆は購入した。テレビのある家にご近所が集まり皆でプロレスを見る。そして身体ごと興奮してヒーロー力道山を応援する。まさしく三丁目の夕日の世界。馬場さんが入門した昭和35年時分はまさに力道山の絶頂期。バックには政財界のトップがいて、力道山は何処に行くのも特別な存在であったらしい。間違いなく当時日本一のスーパーヒーロー。異論があるかも知れないが、その頃美空ひばり、石原裕次郎の上に位置した存在だったと馬場さん始め当時を知るプロレス識者は断言していた。昭和38年春、馬
場さんが凱旋帰国会見を羽田空港で力道山と共にやった時には、それこそ何百人者のマスコミ連中が集まったと聞く。テレビ出演、そして映画出演とリング外でも忙しく馬場さん自身とまどったようだ。力道山の一言一言がそのままニュースになった時代だったんだなあ。力道山は昭和38年12月に死去するまでスーパーヒーローの立場を維持した。馬場さんが言ってた。「もうあんな凄い人は出て来ないだろうなぁ…」と。かの世界のミフネこと俳優三船敏郎が昭和36年「用心棒」でベネチア国際映画祭に於いて最優秀男優賞を授賞した時、日本映画会そして国民は大喝采をした。三船敏郎は知り合いの記者に「これで少しは力道山に近づけたか?」と半分本音まじりで囁いたと云う。本当かどうか知らないがね(笑)。それほど力道山は凄かったんだね。我々にとってプロレスを日本に根付かせた大恩人力道山先生だ。力道山時代のプロレス熱が再び到来することはあるだろうか?第2の力道山は出現するだろうか?

関連記事

梅雨本番

全日本巡業先の北海道は良き天候のようだが、九州から関東エリアにかけてまさに梅雨本番。記録的大雨や竜巻

記事を読む

7月だけど

体調はいまいち。北海道からの風邪っぴきが今だ治らじ。喉の痛みは治ったが、鼻風邪はまだまだ。鼻をかんで

記事を読む

もう2月

1ヶ月たったらもう3月。次はもう4月…。1ヶ月なんて早い早い。あっさり64歳だからなぁ(笑)。2月に

記事を読む

原田芳雄さん

昨夜「昭和食堂」の中で、伊勢屋さんでの収録の時、俳優原田芳雄さんが生前ここの天丼が大好物でよく贔屓に

記事を読む

東京へ

月に何度か試合以外に東京に向かう。いつものこと(笑)。上野、新宿まで電車で1本。何度も行き帰りしてい

記事を読む

猛暑日

水不足が深刻だね。まあ日々暑い!夏が暑いのは当たり前だがねぇ(笑)。皆さんこまめに水分塩分補給してく

記事を読む

あずさ号

あずさ号で新宿から八王子に向かう。特急だから八王子まで30分で行ける。それから2度ほど乗り換えの予定

記事を読む

加須市警察署

免許証住所変更のため加須市警察署に来ている。別に犯罪を犯したわけではない(笑)。引っ越しして約1ヶ月

記事を読む

徒然なるままに

御盆の時期。大型台風が来ている。我が妹、甥っ子らは義父の新盆のため新潟県新発田に行っている。我は一人

記事を読む

遊びと仕事

土曜日は小鉄メンバーと屋形船で船遊び。刺身と天ぷら、そして熱燗。もう10年以上続いている。毎年オモロ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。街頭テレビや力道山人気は父から聞いていました。仰る通り、とてつもなく熱中していたと何度も聞きました。プロレスの試合を見た事が無くても格闘技と認識してもらえますので、日本に根付いている事は間違いありません。その次が今でしょうか。令和はどんな時代に成るか、とても楽しみです。これからも応援させて頂きます。何卒よろしくお願い致します。もうセミが鳴いています。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タフでなければ!

プロレスラーとは先ずはタフでなければならない。リング上のファイトはむろ

三条へ

大宮駅から新幹線で向かう。久々の新幹線。3連休初日、新幹線待ち合わせ室

東京より帰宅中

誠に有意義な東京での休日連夜であった(笑)。9日は打田さん猪瀬さん寺崎

東京へ

台風の影響でダイヤが乱れている。都会の繁栄、流通なんて自然の脅威の前じ

映画少年でもあった

プロレスだけじゃなくてね。映画好きの母の影響かな。最初に観た映画の記憶

→もっと見る

PAGE TOP ↑