*

コステロおじさんの話

公開日: : ブログ

なんだ!この寒さは!この温度差!おかげで朝から体調が良くない!不整脈も暴れ出している!妹甥っ子の弁当作りはやめて寝そべっている。何にもしたくない心境だが、ともかくコステロおじさんの話(笑)。40年前、私と会った時の年齢はたぶん今の私と同年齢ぐらいか?もともと小柄ながらもう猫背で身長170あるなし。胸板はさすがに厚かった。様相は鼻髭蓄えた禿げたチャップリンて感じ(笑)。いつもニコニコして話好きのいいおじさんであった。だけど当時私を含め若いレスラーに関節技を教えている時はいろんな種類の技をテキパキと早く極めていたな。最初に東のカンガルーズと説明したようにニューヨーク地区では文句なしのスーパータッグチームだった。中西部のシカゴでもトップタッグチームで活躍していた。もちろんオーストラリア、ニュージーランドでもね。正式ネームはロイヤルカンガルーズだったかファビラスカンガルーズだったか?とにかく「太平洋地区だけのシャープ兄弟より我々のチームの方が上❗️我々はワールドワイドなんだから❗️」という気概を時がたっても持っていた(笑)。新規カンガルーズのマネージャーでのプエルトリコ入りだったけど、何試合か試合をやった。実は私ともシングルで対戦したのだ❗️場所はバヤモンの野球場。観衆は1万人ほど入った興行のオープニングマッチ。10分ほどで勝たせてもらった。反則技らしきものはお互いのパンチとチョップぐらいであとは寝技の地味な攻防。まだ二十代だった自分には勉強になった試合であり、良き経験であった。力道山とも会ったことがあると言ってたな。来日は1度だけ国際プロレスに。コステロおじさんが認めた最高のレスラーは?なんとバディロジャース❗️馬場さんと一緒だった。アグレッシブな試合スタイル。大きな受け身、緩急のある試合運び、あの表情と肉体美❗️コステロの一押しのプロレスラーがバディロジャースであったとは❗️あと考えながら出てきた名前はやはりルーテーズ。そしてオコーナー、ガニア、コワルスキー、バレンタイン…、デストロイヤーも認めていた。ミラー兄弟の話も出た。ビルは最高だったがエドはあんまり(笑)と言ってたな(笑)。ロジャースはタッグでも名手でジョニーバレンド(バレンタインではない)とのチームは良かった❗️我々カンガルーズとは幾度も名勝負が出来たと、コステロおじさん自慢気に話してた。アルコステロ、もはやすでに健在ではないだろうが、何歳まで生きたかは知らない。

関連記事

1973年春、再び

練習生ながら入門を許された私は半年ほど住んでいた茅ヶ崎のアパートを離れ全日本の合宿所である目白のマン

記事を読む

上野発

東京からの帰りは上野発が多い。グリーン車両にスンナリ乗れるからね。それでも結構途中から乗ってくる。ス

記事を読む

加須市警察署

免許証住所変更のため加須市警察署に来ている。別に犯罪を犯したわけではない(笑)。引っ越しして約1ヶ月

記事を読む

日々暑い!

午前なので寝そべってブログ。相変わらずの腰痛。不整脈は今のところ暴れだしていない。ワクチン接種後の副

記事を読む

夏休み

世は夏休みだねぇ。私なんか吉田拓郎の「夏休み」って唄を思い出す年代だ。入道雲、蝉取り、絵日記、かき氷

記事を読む

大宮へ

大宮にて友人の打田さんと待ち合わせ。オジサン2人で大宮駅でね。色気も何もあったもんじゃない!(笑)若

記事を読む

沖縄大会

28年振りの沖縄遠征。通算5回目の沖縄。やはり暖かい〓観光客も多い。4日5日の試合はシングルマッチ。

記事を読む

砧道場

1976年夏、目白から世田谷区砧に合宿所が移った。二階建ての一軒家。広い庭先に道場を建てた。ジャンボ

記事を読む

我が顔

頭髪が薄くなり白髪が増えた。目の下、首筋にはたるみがある。髭は毎朝剃る。そうしないと白髭じいさんにな

記事を読む

バーンガニア死去

バーンガニアも逝ってしまった。もっとも89歳だもんなぁ。長生きの方だな。晩年は10年ばかし認知症を患

記事を読む

Comment

  1. 伊藤正隆 より:

    お疲れ様です。昔はテレビでも全日の試合は良く見させてもらってました。渕さんの試合で1番印象に残ってるのは、菊池とのシングル戦で、渕さんが最後バックドロップ10連発くらい出して勝った試合です。

  2. より:

    渕選手へ
    Mr.アルコステロのお話、拝見しました。続きのお話を綴って頂きまして、ありがとうございます。チョップが反則とは意外です。野球場なら高い目線で観戦出来ますので、見応えが有るのかと。でもリングから離れてしまうと音が聞こえませんので…悩ましい所です。また機会が有りましたら続きのお話を綴って頂きます様、お願い致します。気温と天候がお体に障らない事を願います。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

さらけ出す格好良さ❗️

あれは1996年の秋頃だった。六本木の全日本事務所の社長室。馬場夫妻、

猪木さんが!

先ほどアントニオ猪木さんが亡くなったことを知る。ショックである。それと

円楽師匠

三遊亭円楽師匠死去の報に驚きショックである。1985年、日本テレビ番組

定期検診

腰痛さなか不整脈心房細動の定期検診。血液検査と心電図。まぁ特別悪くもな

やっと晴れ間が❗️

いつまで続くか知れないけど。本日日曜日にやっと晴天なり❗

→もっと見る

  • 2022年10月
    « 9月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑