*

楽器

公開日: : ブログ

徳間書店の加々見さんより連絡あり。読売新聞にて我が本「王道ブルース」がプロレス書の中での3冊内に選ばれたようだ。選んでくれたのは言語学者の川添愛さん。ありがたい上に嬉しい❗️これも皆徳間書店のスタッフの方のお力添えのおかげ。私はインタビュー形式で言いたいことを言っただけ(笑)。結局は今年も様々の人に助けられての1年だったな。先日、妹にクリスマスプレゼントとして安いキーボードを買ってやった。本当に安価のもの(笑)。幼い頃は両親が買ってくれたオルガンをよく弾いていた。それこそ半世紀以上振りの楽器演奏。だが、指先が覚えているのか、すぐにそれなりに弾ける。そうなんだよなぁ。楽器を弾いた経験は大切なんだよ。これも半世紀近い昔のことなんだが、あの鶴田さんが、突然ギター練習を始めだした。九州の3バカトリオも一緒に暮らした砧の合宿所時代の話だ。3バカは2階の3部屋にそれぞれ。鶴田さんの部屋は1階の居間の隣。音響スピーカー付きの立派なステレオで拓郎陽水のレコードをよく聴きながらギター練習に励んでいた。プロレスの合同練習後の夕方にね。鶴田さんはむろん自分の部屋内でやるんだが、2階の我々の部屋までその「雑音」は聴こえてしばらくはいい迷惑であった。本当雑音だった(笑)。シリーズオフはほぼ毎日で練習後でクタクタ状態の我々は日々苦笑いしながらも耳をふさいでいた(笑)。そのうち、ギターだけだと物足りなくなったのか、中古のピアノが合宿所に届いたのには驚いた。中古の楽器を扱う知り合いが当時いたんだよ。雑音はギタープラスピアノとなった(笑)。その知り合いはいい人でなんと私に中古のドラムセットをプレゼントしてくれた。私は一応断わったんだけど、鶴田さんのひと押しの「渕君、音楽のある人生は豊かになるんだよ。趣味が高じてコンサート開けるかも❗️」。大仁田と薗田は早々に姿をくらませた(笑)。道場のトレーニング音とギター、ピアノ、ドラムの雑音。近所への挨拶周りに私はよく出かけたもんである。大仁田と薗田は何ヵ月か夕方から3時間ほど合宿所に居なかったな(笑)。だけど、やはり苦情が来た。夕食時の縄跳びはやめてもらいますか!とね。縄跳び?そんなもん昼間の練習時にたまにやるぐらい。夕食時にはやらない。要するに私のドラム練習の音が雑音を通り越して縄跳びの音に聴こえてたんだね(笑)。縄跳びの音ってなんだい?(笑)要はヒドイってこと!私はドラム練習をやめた。鶴田さんは根気よく練習を重ねギターもピアノも上達した。大仁田と薗田も夕方での外出が減少した。私のドラム練習の再開は無しと固く約束させられた(笑)。鶴田さんのコンサートは3回やったかなぁ…。私は司会をやり、大仁田は唄い、薗田はモノマネをやった。昭和52年、53年あたり。青春時代の思い出。ところで、あのドラムセット、何処にいったのか?

関連記事

狂乱の20年代

100年前の1920年代、ローリングトゥエンティとアメリカでは呼ばれていた。狂乱の時代、別名ジャズエ

記事を読む

たかが前転で!

前回転のことだが、昨日試合前のリング上で1回やって立ち上がった時になんとフラついた! なんということ

記事を読む

東京体育館と国技館

国技館は両国ではなく昔の蔵前国技館。東京体育館も今のじゃなく昔の。力道山木村組が世界タッグチャンピオ

記事を読む

本日は晴天なり❗️

暖かい1日となりそうだ。宿泊先をチェックアウトして東京を離れる。財布の中には千円札が4枚ほど。あとは

記事を読む

帰宅途中

東京での2泊、自分なりに有意義であった。湯川さんと会い、猪瀬さんと会い、そして本日片山さんと会った。

記事を読む

チャンピオンカーニバル

第1回は1973年の春。キャピタル東急ホテルでのレセプションに私はいた。まだ19歳のピカピカの新弟子

記事を読む

姿勢が大事

立ってる時も歩いている時も腹をへこませ胸を張っていろ!ってアメリカの師匠フレッドアトキンスにいつも馬

記事を読む

重陽の日

9月9日は重陽の日らしい。以前にも書いたが、実はこの日に馬場さんは全日本プロレス創立を発表したんだよ

記事を読む

弥生の月

3月となった。春である。今年平成27年も早2ヶ月過ぎた。61歳の我もなんとか生き抜き日々旨い酒を呑ん

記事を読む

今月は

昨日の後楽園大会で我が今月の試合日程は終了。この7月は3試合。シリーズとしてはこの後楽園が開幕なのだ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「楽器」拝見しました。ギターにピアノにドラムまで…立派な楽団ですね。鶴田さんほどの大きな手なら超絶技巧に成りそうです。やはり技術は活きるものです。ここはアプリやサイレント楽器の出番かと。きっと練習の成果が現れますので、是非ご検討願います。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. ルター レンジ」 より:

    言語学者の川添愛さん
    アフリカや南米、東南アジアなど世界ので数々の言語を習得してきた経験を持つ高野秀行さんとの対談
    (新潮社のウェブ雑誌)楽しいですよ。
    「知れば知るほどわからない、言葉の不思議」
    プロレスもそうですね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今年の4月は

閏年のおかげでこの4月は日にちと曜日が50年前と同じ。そう、私が入門し

いずれ皆…

あっちの世界へ行ってしまうんだけど、まだこっちの世界にいる身として突然

半世紀か

半世紀といえば50年。この4月11日に正式にこのプロレス界に入門して、

アイアンクロー

エリック一家のプロレス映画として全国上映されているようだ。アイアンクロ

再放送

約5年ぶり?6年ぶり?私が出演していた「幸せ昭和食堂」が、この5月2日

→もっと見る

  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑