*

楽器

公開日: : ブログ

徳間書店の加々見さんより連絡あり。読売新聞にて我が本「王道ブルース」がプロレス書の中での3冊内に選ばれたようだ。選んでくれたのは言語学者の川添愛さん。ありがたい上に嬉しい❗️これも皆徳間書店のスタッフの方のお力添えのおかげ。私はインタビュー形式で言いたいことを言っただけ(笑)。結局は今年も様々の人に助けられての1年だったな。先日、妹にクリスマスプレゼントとして安いキーボードを買ってやった。本当に安価のもの(笑)。幼い頃は両親が買ってくれたオルガンをよく弾いていた。それこそ半世紀以上振りの楽器演奏。だが、指先が覚えているのか、すぐにそれなりに弾ける。そうなんだよなぁ。楽器を弾いた経験は大切なんだよ。これも半世紀近い昔のことなんだが、あの鶴田さんが、突然ギター練習を始めだした。九州の3バカトリオも一緒に暮らした砧の合宿所時代の話だ。3バカは2階の3部屋にそれぞれ。鶴田さんの部屋は1階の居間の隣。音響スピーカー付きの立派なステレオで拓郎陽水のレコードをよく聴きながらギター練習に励んでいた。プロレスの合同練習後の夕方にね。鶴田さんはむろん自分の部屋内でやるんだが、2階の我々の部屋までその「雑音」は聴こえてしばらくはいい迷惑であった。本当雑音だった(笑)。シリーズオフはほぼ毎日で練習後でクタクタ状態の我々は日々苦笑いしながらも耳をふさいでいた(笑)。そのうち、ギターだけだと物足りなくなったのか、中古のピアノが合宿所に届いたのには驚いた。中古の楽器を扱う知り合いが当時いたんだよ。雑音はギタープラスピアノとなった(笑)。その知り合いはいい人でなんと私に中古のドラムセットをプレゼントしてくれた。私は一応断わったんだけど、鶴田さんのひと押しの「渕君、音楽のある人生は豊かになるんだよ。趣味が高じてコンサート開けるかも❗️」。大仁田と薗田は早々に姿をくらませた(笑)。道場のトレーニング音とギター、ピアノ、ドラムの雑音。近所への挨拶周りに私はよく出かけたもんである。大仁田と薗田は何ヵ月か夕方から3時間ほど合宿所に居なかったな(笑)。だけど、やはり苦情が来た。夕食時の縄跳びはやめてもらいますか!とね。縄跳び?そんなもん昼間の練習時にたまにやるぐらい。夕食時にはやらない。要するに私のドラム練習の音が雑音を通り越して縄跳びの音に聴こえてたんだね(笑)。縄跳びの音ってなんだい?(笑)要はヒドイってこと!私はドラム練習をやめた。鶴田さんは根気よく練習を重ねギターもピアノも上達した。大仁田と薗田も夕方での外出が減少した。私のドラム練習の再開は無しと固く約束させられた(笑)。鶴田さんのコンサートは3回やったかなぁ…。私は司会をやり、大仁田は唄い、薗田はモノマネをやった。昭和52年、53年あたり。青春時代の思い出。ところで、あのドラムセット、何処にいったのか?

関連記事

自治会会合

我が地元にもしっかりした自治会がある。先日初めてその会合に参加して改めて我々が住んでるこの街(村?)

記事を読む

今年のこの寒さ!

本当に寒いねぇ!朝、出勤するのに、この寒さだとなかなか布団から起き上がれないよね(笑)。毎晩誕生会で

記事を読む

東京へ

湯川さんらとの愉しい忘年会のため東京へ向かう。腰痛と左足首の状態は相変わらずだが21日に試合納めを無

記事を読む

パーキングエリア

バスでの移動中。パーキングエリアのレストランより明石大橋を望む。浜松まではまだまだ…(笑)。

記事を読む

円楽師匠

三遊亭円楽師匠死去の報に驚きショックである。1985年、日本テレビ番組忘年会が旧赤坂プリンスホテルで

記事を読む

引っ越し準備

頑張って段ボール詰めをやっている。ほとんど一人でやってるから結構疲れるし、あまり長時間出来ない(笑)

記事を読む

ブログ訂正文(笑)

「厚かましいだけが人生じゃよ!」は「厚かましいだけが人生じゃないよ!」に訂正。電車内なので間違いも多

記事を読む

座右の銘

昔は「一期一会」なんて言っていた。格好つけていたんだね。今はなんだろうなぁ…と考えた。64歳のもっと

記事を読む

久々のトークショー

15日夜7時から神保町書泉グランデにて本当久々にトークショーを行う。斎藤文彦君と共にね。多分プロレス

記事を読む

バス移動

今日は近江で試合。早起きして横浜合宿所発のバスに乗り込む。5時間から6時間の移動。腰が心配。近江とな

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「楽器」拝見しました。ギターにピアノにドラムまで…立派な楽団ですね。鶴田さんほどの大きな手なら超絶技巧に成りそうです。やはり技術は活きるものです。ここはアプリやサイレント楽器の出番かと。きっと練習の成果が現れますので、是非ご検討願います。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. ルター レンジ」 より:

    言語学者の川添愛さん
    アフリカや南米、東南アジアなど世界ので数々の言語を習得してきた経験を持つ高野秀行さんとの対談
    (新潮社のウェブ雑誌)楽しいですよ。
    「知れば知るほどわからない、言葉の不思議」
    プロレスもそうですね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

如月となったが

今年も1ヶ月過ぎたね。と言ってもこの1ヶ月大変であった。1月18日、い

美女

日帰りで東京へ。私としては珍しい。日帰りだからね。実は再び白内障かと。

この世に絶対とは?

かの作家池波正太郎先生が仰ってる通り人はいずれ死を迎えるってこと。それ

2時3分

正確には1954年1月14日の14時3分に私はこの世に生を受けた。生を

最終日

なかなか雨が降らずお湿りのない日々が続いているねぇ。本日1月13日は我

→もっと見る

  • 2023年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑