*

年の瀬

公開日: : ブログ

この1年、結構いい加減に過ごしたかも?試合数は少なく大して仕事をしなかった。1月にはコロナ感染で人生初の入院を経験した。以後腰痛もあり寝そべってばかりの1年だったか!(笑)そんな中、マイペースの私を周りは助けてくれた。徳間書店からの本の出版、これは嬉しかったな❗️なんと言っても我が人生の記念になる。記念と言えば、今年は全日本プロレス創立50年の記念の年。9月の久々の日本武道館大会。台風の中、会場に来てくれた観客の皆さん、そして頑張ってくれた各スタッフの皆さんに感謝である。馬場さんの故郷三条大会でも試合が出来た。たしかに私は例年通り働きは悪かったが、この令和4年、2022年は思い出に残る1年だった。たとえ寝そべりが多かってもね(笑)。さぁもうすぐ新年❗️正月2日は後楽園での仕事初め。バトル・ロワイアルに私も出場する。そして、すぐに69歳となる。友人らや周りのスタッフに感謝しながらも令和5年を乗りきってやるか❗️

関連記事

夏休み

世は夏休みだねぇ。私なんか吉田拓郎の「夏休み」って唄を思い出す年代だ。入道雲、蝉取り、絵日記、かき氷

記事を読む

リハビリ?

先日の試合で左足太ももの裏に肉離れを起こしたため思うようにストレッチできないでいる。もっと簡単に治る

記事を読む

雨上がりの晴天

気持ちの良い朝を迎えた。1年前は雪が降った。花見シーズンなのに突然の雪!その日、あの志村けんさんが亡

記事を読む

台風近づく

結構強い台風のようだね。明日関東近辺は1日風雨にさらされるようだ。交通網もかなり乱れるだろう。今年は

記事を読む

桜の季節

花見で一杯❗️いいよね❗️(笑)別に花見宴会

記事を読む

謹賀新年

2016年、世界が平和で皆さんにとって素晴らしい1年でありますように〓全日本プロレスが大いに躍進しま

記事を読む

在宅ながら

本日は山形で試合。私は在宅ながら解説の仕事。明日は週プロの取材。明後日は通院?(笑)その翌日は目の眼

記事を読む

東京2泊

13日後楽園で試合。14日会社の用事。それで東京2泊とした。あらかじめホテルに宿泊予約してね。ところ

記事を読む

後楽園へ

本日、青木の追悼試合。6月3日…。もう2ヶ月以上過ぎたんだね。月日は容赦なく過ぎて行く。私は今月はこ

記事を読む

シリーズ開幕

本日より地方3連戦。名古屋、神戸、豊橋。新幹線にて名古屋に向かっている。このシリーズ、前橋と後楽園に

記事を読む

Comment

  1. 伊藤正隆 より:

    お疲れ様です。2日後楽園、バトルロイヤル出場との事ですが、若手にいきなり見たこともないような関節技を仕掛けるなどして、存在感を存分に発揮してください、応援しています。

  2. 石川 より:

    渕選手へ

    今年も1年、お疲れさまでした!
    渕さんにとって記念の年となったようで、本当によかったと思います。
    今年一年、私は渕さんと全日本プロレス50周年を追いかけ続けていました。

    3/21 大田区体育館で渕さんの本を購入しサインを入れて頂いた。
       同じ日、麺ジャラスKでTシャツ購入し川田さんにサインを入れて頂いた。
    4月 木原さんのYouTubeチャンネルで諏訪魔選手のサイン入り色紙当選
       ※渕さんの名言「人の悪口を言うな」入り
    4/29 名古屋大会でTシャツ購入し大森隆男さんにサインを入れて頂いた。
    5/7 天龍プロジェクトの配信イベントで天龍さん、小橋さん、田上さんの寄せ書きサイン入りポートレート購入
    6/4 秋葉原で川田さん、田上さんの「聖鬼軍トークショー」観覧
    9/18 日本武道館50周年大会 観戦
    9/19 ハンセンさん、藤波辰爾さんの配信イベントでお二人の寄せ書きサイン色紙購入

    私にとっても記念の1年となりました。
    渕さんの頑張りが力になりました。
    これからも応援します!

  3. より:

    渕選手へ
    「年の瀬」拝見しました。今年は読書のきっかけを頂きました。優しい文章に安心して読み進める事が出来ました。誠にありがとうございます。体が資本ですので、新年も健やかにお過ごし頂きたく存じます。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREV
楽器
NEXT
年初めに
如月となったが

今年も1ヶ月過ぎたね。と言ってもこの1ヶ月大変であった。1月18日、い

美女

日帰りで東京へ。私としては珍しい。日帰りだからね。実は再び白内障かと。

この世に絶対とは?

かの作家池波正太郎先生が仰ってる通り人はいずれ死を迎えるってこと。それ

2時3分

正確には1954年1月14日の14時3分に私はこの世に生を受けた。生を

最終日

なかなか雨が降らずお湿りのない日々が続いているねぇ。本日1月13日は我

→もっと見る

  • 2023年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑