*

昔書いた小説

公開日: : ブログ

もう10年以上前か。代々木のマンションで暇を見つけつて時たま書いていた。勝手になん作かね。殆んどが未完成(笑)。今読み返して拙作ながら付け加えて書いている作品が「引退」。50代半ばに書いていたものだからもう10年前だな。主人公の赤西伝次郎は60手前の老レスラー。長年のレスラー人生の影響で身体のあちこちにダメージが蓄積している。慢性の腰痛と膝痛であまり速く歩けない。ここ何年かは試合数は少ない。当然ファイトマネーは貰えない。若き頃より酒好き遊び好きがたたり蓄えはない。年金貰うにはまだ時間がかかる。30代40代当時はそれなりに活躍して知名度があって稼ぎもしていたが、不摂生が響き50前後から衰えが目立って来た。そして若い連中が急速に成長する。他の世界と同じで時代は移る。家族を持たずその日その日の道楽にうつつを抜かす伝次郎の住まいも高級マンションから安アパートへと移る。引退試合が決定するんだが集客力を考えたマッチメイクの変更で試合は消滅となり引退セレモニーになってしまう。試合の合間に淡々と行われるセ
レモニー。小説のスタートは引退セレモニーをやるところから始まる。大筋は引退後の伝次郎の人生。若手時代、稽古をつけてくれた豪快な先輩を尋ね、あまりの現状ね変わりように愕然としたり、20代女性に突然父親呼ばわりされたり、早くからプロレス界に見切りをつけた昔面倒見た新弟子が今じゃ評判の会社の社長になっていて思わぬ再会となったり…とか、等々(笑)。プロレス界を引退しても人生は引退とはならない。テーマは結局は「老い」になるのかな?(笑)ま、ゆっくり書き足すか!(笑)

関連記事

4次元の穴?

ちょっとオーバー?たしかに(笑)。たとえばカレンダーの月替わりの時、思わず画ビョウが落ちる。落ちた時

記事を読む

またまた鶴田さんの話

鶴田さんとはよくバスタオルの引っ張り合いの練習をやった。主に腕立ての後にね。体力腕力とても敵わないか

記事を読む

引き分け試合

プロレスが他の分野と違うところは引き分け試合に名勝負が多いこと。決着がつかなくとも観客を魅了するのが

記事を読む

映画少年でもあった

プロレスだけじゃなくてね。映画好きの母の影響かな。最初に観た映画の記憶は東映マンガ映画「猿飛佐助」だ

記事を読む

違った人生

過去において、あの時ああしていたらどんな人生を送っていたろう?なんて想い結構あるよね。我が人生に悔い

記事を読む

防衛成らずとも新記録達成

帯広市でのアジアタッグ戦は挑戦者チーム青木佐藤組に完敗。2度目の防衛に失敗した。札幌で佐藤とのシング

記事を読む

秋晴れ

久々の上天気だねぇ。まさに過ごしやすい1日となりそうだ。だが、どうやらこの上天気、そう長くは続かない

記事を読む

7月だけど

体調はいまいち。北海道からの風邪っぴきが今だ治らじ。喉の痛みは治ったが、鼻風邪はまだまだ。鼻をかんで

記事を読む

東陽町まで

そこでサムライテレビで全日本博多大会の解説録画録りを行う。古河駅からだと2度乗り換えで結構遠い。また

記事を読む

昭和30年代

私は当時小学生時分。北九州に居た。和室二間のアパート。共同トイレ、共同炊事場、共同洗面所で部屋に水道

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「昔書いた小説」拝見しました。小説の執筆は世界を構築する様な壮大な作業かと。是非とも完成させて頂きたく存じます。ついに寒波到来でしょうか。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

再放送あり

幸せ昭和食堂がBSTBSにて再放送してくれることとなった。27日(火)

久々の試合ながら

試合後の深夜、いつもの腰痛!まぁそれほど酷くはないが、ホテルの部屋に戻

旗揚げ戦

1972年10月21日、町田市体育館で全日本プロレスは旗揚げ戦を行なっ

秋深し…

隣は何をする人ぞ…ってね(笑)。あはれ秋風よ、こころあらば伝えてよ、夕

寒暖差あり!

急な底冷えとなるかと思えば再び残暑がぶり返したり、全く心臓によくない!

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑