*

またまた鶴田さんの話

公開日: : ブログ

鶴田さんとはよくバスタオルの引っ張り合いの練習をやった。主に腕立ての後にね。体力腕力とても敵わないから私だと相手不足だったことはまず当たり前。そこで私を相手にした後、デストロイヤーとやっていた。デストロイヤーも結構引く力強かったから鶴田さんと互角の引っ張り合いをしてた。双方にとっていい練習だったんだろうなぁ。元々はルーテーズが日本に持ち込んだタオル引っ張り合いの練習法。今じゃ各レスラーもやってるわな。引く力の強い相手とやらないと効果ないがね。若手時分、鶴田さん、デストロイヤーとやって私は鍛えられた。腕立ての後にやるってのがミソだね(笑)。20代の頃は代謝がいいから毎日激しい練習しても夜は遊びに出掛けた。ディスコが流行ってた頃か?よく新宿のカンタベリーハウス(今はもうない)なんかに若手3人で行ったもんである。練習で疲れ果てスクワット運動で足腰ガタガタでも遊びたい気持ちの方が強かった。若手同志で出掛ける時は渋谷新宿が多かったが、鶴田さんが一緒になるとスポンサー柄みで銀座赤坂六本木となった。「こ
の世でただ一つ確かなことは人は死ぬってことだけだよ。他のことは全て不確実なもんだ。どう転ぶかわからない」。かの池波正太郎も同じことを言っている。「タイムマシンが出来ない限り時は戻れない。覆水盆に返らずだ。失敗しようが何しようが今を大事に生きるしかないんだよ」。たまに出掛けない時はこういった話をしばしば合宿所でしてた。馬場さんの影響で鶴田さんは読書家でもあったな。うんちく話は決して嫌いではなかった(笑)。「俺達は若い。だけど時は常に流れ、すぐに30代40代になる。馬場さんが言ってたけど年とれば年々1年が短くなるんだって(笑)。若いうちにやることは悔いなくやらなきゃ渕君。女に振られることなんてたいしたことじゃないよ(笑)。たけど先のことも考えないとな。俺はそれなりに考えてるよ。いつまでもこの仕事出来ないだろう。えっ?渕君」

馬場さんの脚力

公開日: : ブログ

脚力にはかなりの自信があったようだ。インターナショナルベルトを巻いたばかりの若き日の馬場さんのファイティングポーズ写真を見たことがあるけどまぁゴッツイ足をしてたぜ。太ももの張りなんて凄かったな。練習でのスパーリングなんかの決め合いだと必殺のボディシザース、太い足で絞める胴締めで殆んどの若手或いは同期のレスラーをギブアップさせたらしい。むろん大木さんや猪木さんも例外ではなかった。ヒンズースクワット、足の屈伸だけの単純運動だが、馬場さんは1年以上毎日3千回やったと聞く。やらされたと言った方が正解か(笑)。とにかく試合があってもなくても毎日3千回だぜ!猪木さんも大木さんも同じ回数やったらしいけど大変な数だよね。私は若手時代、1度だけ2千回やったことがある。その時は同期の大仁田、薗田も一緒にやったなぁ。さんざん練習やった後最後にスクワットだった。へとへとな状態で3人ともよくやったもんだ。終わったらぶっ倒れたけど(笑)。ただ1度の2千回経験であった。毎日だと平均5百回ぐらいか…。馬場さんらの毎日3千回
なんてまず無理。いくら若い時分でもね。長州力が元気いっぱいの頃、全日本のリングでタッグマッチながら馬場さんと対戦した。試合後、「これ迄対戦したレスラーの中で一番脚力が強かった!」と長州力はコメントした。当時馬場さんはすでに40代後半だよ!全盛期の頃に比べりゃかなり衰えていたはず。それでも長州力にそこまで言わせるほど強かったんだね。

本日より7月そして…

公開日: : ブログ

うるう秒。8時59分60秒が表示されるようだ。私のガラケー携帯は少し早めに設定しているんだけど、ともかく間もなくだね。さあ〓…(笑)。

6月末日

公開日: : ブログ

今年も早半分が過ぎる。還暦なんて遠い未来のこととつい先日まで考えていたのにすでに61歳になって半年となる。現役プロレスラーとして小説を書いてみるかなんて、それなりに目標を持っていたのになかなか筆が進まない(笑)。この年齢になってもいい女と仲良くなりたいと生臭い欲望があっても身体が言うことをきかない?(笑)まあともかく年齢考えりゃ、行動を起こさなきゃな。今年も残り半分だってあっと言う間だぜ。酒呑んで浮かれてる場合じゃない?そうだそうだ!だけど…、わかっちゃいるけどやめられない!(笑)

今日の1日

公開日: : ブログ

午前軽めの食事。その後、目の眼底検査。昼過ぎ、代々木にて週プロの取材。そして、いつも通りスーパーでの買い出し後、整骨院。治療しても今だ左太もも裏痛し!その後、7月シリーズの後楽園大会のチケットを友人らに売り付ける(笑)。友人ら気持ち良く?買ってくれる(笑)。持つべきは良き友人なり。ありがたきこと。熱燗が心にしみる(笑)。旨かった〓

プロレスラーはエリート

公開日: : ブログ

レスラーはエリートなんだぞ!と馬場さんや鶴田さん始め緒先輩らに、または日本テレビ中継スタッフの人達に若手時代そう言われていたことを思い出す。当時はプロレス団体は全日本、新日本、国際の3団体だけ。プロレスラーの数の総数も100人どころかせめて60人か70人…。ほとんどが所属レスラーで、それぞれ試合内容、練習量を競いあった。フリーレスラーなんて2人か3人。そんな時代だった。3団体共地上波テレビ局が付いていた。はっきり言ってトッププロレスラーの年収は今よりかなり高かった(笑)。他のスポーツアスリートに少しも負い目はなかった。人口1億の中での70人。その中のひとり。若手ながら自分はエリートの一員なんだと考えていた節があった。そんな意識を持ってたことは覚えているなぁ(笑)。もう40年近い昔のことである…。

関連記事

札幌3日間

本日はその中日。3連戦の最終日。佐藤とのシングル戦。左腕を攻められギブアップ負け。少し腫れている。明

記事を読む

最終戦長岡

新幹線での行き帰り。試合後すぐに帰京。腰痛より肩凝りが心配。異常に凝っている。最終戦終了で良かった良

記事を読む

いよいよアジアタッグ戦

今新幹線にて燕三条に向かっている。本日は秋山と組んでアジアタッグ挑戦。タイトルマッチは世界ジュニア挑

記事を読む

7月も

もう終わるねぇ。梅雨明け宣言後から悪天候続きなんてなぁ…。気象庁もユーモアがある?(笑)。昨日は高円

記事を読む

後楽園大会

ドリー、ドラゴンとのタッグ。6人タッグマッチ。久々のボディスラム。軽量の高尾にトライ。不完全ながらな

記事を読む

サムライTV

本日王道トーナメント優勝戦をサムライTVで解説する予定であった。いつもの東陽町でのスタジオじゃなく今

記事を読む

散歩道での発見

新宿区内藤町大京町の道路沿いにあった沖田総司終焉の地の案内板。若くして世を去ったんだね。

記事を読む

在宅なので

23日土曜日夜六本木hitomiで久々に1日店長をやる。全日本選手団はチャンピオンカーニバル真っ最中

記事を読む

さいたま記録的寒さ

寒い訳だ!この寒さまだまだ続くようだね。部屋内の暖房が切れない。暖かい部屋を出ると寒い!温度差がかな

記事を読む

25 November, 2015 11:24

先日新宿の漱石山房公園に行って来た。夏目漱石は大正5年に49歳で亡くなるまでその地に9年間居た。「三

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    鶴田さんのお話、拝見しました。先の事を考える…とても難しい事をされていたのですね。単純に観客のわがままとして、いつまでも試合観戦したい、プロレスラーで居て頂きたいと願っております。何卒お疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

感謝と感動

平昌オリンピックフィギュアスケート羽生結弦の金メダル獲得は日本中に感動

昔を懐かしんでばかりでは

前回の便利になったのブログで現在の情報過多に少々批判的なことを書いた。

便利になった

スマホさえあれば何でも分かる時代だ。インスタ…何とかとか(笑)。ナビも

今や死語?

我々が子供時分(かなり昔だが)あった言葉、或いは使っていた言葉が今や死

ブログの日

本日2月6日はブログの日らしい。始めて知った。結構毎日様々な日があるよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑