*

2月28日

公開日: : 最終更新日:2018/03/01 ブログ

今年も2ヶ月過ぎて行くんだね。大いに楽しんだ冬季オリンピックも閉会してしまったしね。なんにしても毎度ながら時が過ぎ行くのは早いもんだ。2月28日というと私が思い出すのはジャイアント馬場対ルーテーズ戦。いかにもプロレスラーらしいだろ?(笑)この一戦は1966年だから、もう52年も前のこと。私は小学校6年生だった。実はこの試合テレビで観てないんだよ。当時我が故郷の北九州ではプロレス中継はやってなくってねぇ。愛読新聞の九州スポーツで結果を知ったんだよ。当時まだ28歳になったばかりのジャイアント馬場が明らかに各上の大レスラールーテーズから2フォールを奪ってのインターナショナルタイトル防衛。新聞読んでて興奮したなぁ。子供であったが初めて将来はプロレスラーになりたいと憧れを感じた瞬間だった。いっぺんにジャイアント馬場のファンになった。その頃の私のヒーローはジャイアント馬場と東宝映画の若大将だった(笑)。だから大学中退して北九州から飛び出した後、最初に居座った所は茅ヶ崎。これも加山雄三の影響ありだな(笑)。
ただ、茅ヶ崎が東京からこんなに離れていたことは想定外だった(笑)。東京まで1時間半以上かかるんだもんな(笑)。ともかく、この1966年2月28日東京体育館での馬場‐テーズ戦が我が人生に影響を与えたことは間違いない。この試合ビデオになってないんだよね。試合写真は多くあるんだけどね。後に馬場さんから直に聞いたけど馬場さん自身にとっても思い出深い試合だったようだ。16文キックとか脳天チョップなんか全く出してないんだよね(出せなかった?)。ヘッドロックやベアハッグであのルーテーズに向かって行ったんだよ。試合内容はクリーンファイトに終始し、どちらかと言えば地味な攻防。だけど、亡くなった著名なプロレス評論家故菊池孝さんはこの試合をかなり評価してたな。ルーテーズの日本での試合ではベストバウトだとまで言ってくれた。これも実は生前、菊池さん行きつけの新宿の韓国料理屋で御馳走になりながら直に聞いた話(笑)。天下の大レスラールーテーズに勝ったことでジャイアント馬場の評価は大いに上がり、正式な力道山の後継者と万人に認 められた試合だったんだね。試合内容が素晴らしかったのも要因だったろう。日本プロレス史にとっても重要な意味を持つ試合であったと思う。

関連記事

在宅

本日全日本プロレスは豊橋にて試合。私は在宅。年齢的にシリーズ通しての出場はもはやキツイ。キツイなら辞

記事を読む

そろそろ梅雨

5月ももう終わる。これからはむし暑い日々が続くんだろうな。日本には四季がきっちりあって梅雨時があり台

記事を読む

選挙の日に

こっちは後楽園にて和田京平レフェリーの還暦及びレフェリー人生40年記念興行あり。そして世界ジュニアタ

記事を読む

永源さん

永源さんは70歳だったんだよね。私と同じ1月生まれで8歳上。最後に会ったのは、もう4、5年前になるか

記事を読む

今や死語?

我々が子供時分(かなり昔だが)あった言葉、或いは使っていた言葉が今や死語になってる気がするね。例えば

記事を読む

9月になって

幾分陽が短くなった。秋の夜長、長雨の時期?仲秋の名月にはまだ早いか。若き頃が青春なら初老の今は赤秋か

記事を読む

温度差が激しい

体調管理が大変だ。暖かくなったり寒くなったりでね。早く桜の時期になれ!でもそうなりゃ花粉も飛んで来る

記事を読む

何かと気忙しい1日

昨日のこと。まず電車にて東京に向かった。そして眼科検診。それが済むと代々木駅近辺で歯科医。久々なので

記事を読む

歯の検診

歯医者にて歯のチェック。年齢的に歯、目、…なんとかっていうけど。目も2月に白内障の手術をしたしなぁ。

記事を読む

不便が当たり前

私の小学生時分、父の会社の社宅アパートに住んでいた。父、母、妹との4人家族で。9畳と6畳の和室の2部

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「2月28日」拝見しました。なんて豪華なカードでしょうか。しかも直接お話を伺っておいでとは、うらやましい限りです。試合内容を想像するだけでも年度末を乗り越える活力になります。素敵なお話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。何度も読み返しさせて頂きます。
    暖かさを感じる気候になりました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月に…

だいたい1試合か2試合のペースだな。ここんとこ。今月は1試合。先月は2

幸せ昭和食堂の放送日

10月4日と11日夜11時半と決まった。BSTBS放送だよ。相変わらず

続編あり

10月に「幸せ昭和食堂」の続編が決定した。本当にありがたいことだが、私

重陽

ちょうようと読む。9月9日のこの日、中国では昔から何かと縁起の良い日と

台風、地震

大雨、猛暑を含め災害が多い。気をつけなきゃいけないが気をつけようがない

→もっと見る

PAGE TOP ↑