*

感謝と感動

公開日: : ブログ

平昌オリンピックフィギュアスケート羽生結弦の金メダル獲得は日本中に感動を与えたね。そしてインタビューでは感謝の言葉を述べてたね。コーチなどのスタッフ、声援してくれた日本国民に対して。最後には怪我以後リハビリで鍛え直した右足に対しても。何にしても感謝は大事。人は少しばかし偉くなると自分だけで偉くなったと勘違いしがちだもんな。とんでもないこと。私も思い返せば、どれ程あらゆる人に助けられたことか。60半ばの今だにだがね(笑)。ともかく40歳以上年下の羽生君に教えられた〓いや彼だけではない。此処んとこ結構若者を見直してる。それは若手レスラーにも言えること。今頃の若い奴らは!なんてとてもじゃないが言えない(笑)。私が若手時代の頃よりよくやっている(笑)。なんといっても私らより真面目だ。大酒を飲まない(笑)。体調管理をしっかりやるアスリートばかり。ま、とにかくオリンピック見ていると国の内外の若い選手達の頑張りに感動して感激している自分を発見できるからいいもんだ〓

関連記事

ディファ有明

2000年7月の時、この会場のこけら落としに川田と試合をした。もう18年たつんだなぁ…。まだ46歳。

記事を読む

新幹線にて帰京

シリーズ終了。肩痛が酷い中新幹線で帰京している。腰痛もある。シリーズ終了時にはいつも年齢を感じてしま

記事を読む

健康寿命

若き頃は元気なことが当然、動けて当然。一晩寝なくとも平気で活動していた。私なんか週4日の夜更かし出動

記事を読む

…中毒

変な話、中毒までとは言わないが、どうにもやめれないものってあるよね?ないかな(笑)。私は朝イチにテレ

記事を読む

師走に多い…

列車での人身事故。不景気で年を越せなくて死に急ぐのか?ともかく人迷惑!死ぬなら迷惑かけずに勝手に死ん

記事を読む

浅草散歩

友人と浅草待ち合わせ。早めに行って散策。観光客多し。特に外国人。仲見世通りは夕方でも歩くの大変。裏道

記事を読む

腰痛と不整脈

今この2つに悩まされている。この寒さ、そしてインフルエンザが流行ってるからねぇ。体調が少しでも悪い時

記事を読む

去りゆく人…

今年は何か節目の年なんだろうか?いろんな分野で亡くなる方たちが多いよね。プロレス関係者では馬場元子さ

記事を読む

今日の1日

午前軽めの食事。その後、目の眼底検査。昼過ぎ、代々木にて週プロの取材。そして、いつも通りスーパーでの

記事を読む

喉仏

私には喉仏がない…んなことはないと思うが、あまり目立たない。小さいのかな?それが原因かどうかわからな

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「感謝と感動」拝見しました。誠に仰る通り、感謝が有るからこそ感動が有るのかと。表現が悪いですが、結果を出して当たり前では無い事を忘れてしまいがちな今、よくぞ成し遂げてくれました。金メダルおめでとうございます。この感謝と感動を忘れない様にしたく存じます。長々と申し訳ございません。くれぐれもお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. ルター レンジ より:

    スカル・マーフィー、バディー・キラー・オースチン、キラー・コワルスキー
    昭和時代に活躍、観客を興奮させたプロレスラー
    リングに立てば、そこだけ光がよけていく、哀愁を漂わせた薄暗い影
    その存在感にしびれた熱狂的なファンも大勢いた
    プロレスは時代精神の投影

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

後楽園試合後

少々ぶれた写真で申し訳ない。大塚駅近くの昭和の香りのする鮨屋。私の大好

後楽園で試合

ちょっと何かあるとすぐに列車は遅延となる。早めに駅に来て良かった。甥っ

春の兆し

桜もちらほら。今年もこうして桜が見れる。それだけで幸せ〓な〜んてね(笑

デストロイヤーさん

ブログがやっと再開出来たようなので、遅まきながら「デストロイヤーさん」

3月6日東京から

電車で戻っている。ホテル2泊、そして靴2足買ってのご帰還だ(笑)。この

→もっと見る

PAGE TOP ↑