*

春の兆し

公開日: : ブログ

桜もちらほら。今年もこうして桜が見れる。それだけで幸せ〓な〜んてね(笑)。後何回桜が見れるか?後何回満月を拝めるか?な〜んて、この年齢になればついつい考えてしまう。つい先日、ストックしていた我が小説らしきものを改めて見直し、あまりに稚拙なので書き直しをすることに決めた。誰に見せるって訳ではないんだけど。ともかく稚拙(笑)。10年ほど前に暇潰しに書いたんだろうなぁ。だから今回も春の日差しを浴びながら暇潰しに書き直しをしよう(笑)。初めて小説を読んだのが中学1年だったかな。小学生時分はサンデー、マガジンの漫画ばかり。伊藤左千夫の「野菊の墓」を読んだんだよな。十代の多感な時期、感動したことを覚えている。恋というもの切なくて、なかなか結ばれないもの。な〜んて、まだ12歳のマセガキは考えていたんだろうね(笑)。どうして「野菊の墓」だったのか、そこのところの記憶がはっきりしないんだが、最初に読んだ小説ってことで印象に残ってるわな。それから武者小路実篤の小説をその時期読んでたね。「若き日の思い出」「お目出たき
人」「愛と死」「友情」とか。そういった恋愛ものをプロレス雑誌と共にね(笑)。まさに多感な時期〓初恋のセーラー服女学生と共に想い出す(笑)。半世紀以上前か…。春だったねぇ(笑)。

関連記事

足を踏まれた

本屋でね。お客さんの相手をしていたちょっと太めの女子店員に。むろん悪気で私の足を踏んだわけじゃないん

記事を読む

束の間の晴れ日?

梅雨時だものなぁ。明日からまた雨模様らしい。本当に束の間。相変わらず温度も上がったり下がったり。体温

記事を読む

小さなカマキリ

窓ガラスに引っ付いている小さなカマキリ。左の黒い影は私の人差し指。まだ子どもか?蚊と間違えそう。

記事を読む

1974年4月再び

いくら焦ったところで車は渋滞でノロノロ運転。「お客さん、恵比寿までは何時頃に着けばいいの?」私は腕時

記事を読む

オジサン4人

昨夜はオジサン4人で忘年会となった。片山さん、石原さん、大隅さんと私。片山さん馴染みの中野の鮨屋での

記事を読む

後楽園大会

3連休最終日。昼の試合なので朝から上京。電車内混んでいる。グリーン車両もいっぱいなり。試合用具のバッ

記事を読む

花見散歩。まだまだ歩く〓

記事を読む

師走になっても

寒くなったり暑くなったりが続いているねぇ。これじゃ体調管理が大変!今月は11日と22日の2試合。一番

記事を読む

我が馴染み店

六本木だと「バーhitomi」、「バー龍」。居酒屋では「あぶらや」、「春夏秋冬」。韓国料理の「韓」、

記事を読む

アガサの後にhitomi

同じ写真の掲載。店の名前を書き忘れた。バーhitomiにて。開店して6周年である。

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「春の兆し」拝見しました。小説で季節を知るなんて、とても知的好奇心に満ちておいでかと。夏目漱石著「こころ」を読めないもので…雲泥の差を感じております。日差しと共に風も暖かくなって参りました。じっくりと執筆活動に向き合って頂きたく存じます。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日の丸背負って…

高度成長期って云ったら、1960年代だろうなぁ。各分野のヒーローが多く

平成も……

後10日か。いよいよ令和になるんだね。4月なのにもはや初夏の装い。暖か

砧道場

1976年夏、目白から世田谷区砧に合宿所が移った。二階建ての一軒家。広

ゴッチ練習法のホンのさわり

カールゴッチの練習法は幾つかあるが、私がタンパで一緒によくやったのがト

プロレスラーの練習

まだプロレス少年だった頃、トップレスラーはどんな練習をしているんだろう

→もっと見る

PAGE TOP ↑