*

今だ健在〓

公開日: : ブログ

馬場さんのライバルだった外国人レスラーで今だ健在のレスラーとなると…ドリーテリーのファンクス、ブッチャー、シン、ハンセン、マスカラス…か?だけどもう1人多分最年長で今だ健在のレスラーがいるんだよね。ダニーホッジ。国際プロレス、日本プロレス時代に来日して大活躍したトップ外国人レスラーだ。馬場さん、猪木さん、ヒロマツダさんの好敵手。ウイルバーシュナイダーとのタッグで馬場猪木組を破りインタータッグ王者になったことがある。長年NWA世界ジュニアヘビー級のチャンピオンであった。たしか1932年生まれだったから御年87歳。まだまだ健在であってほしい。現役として最後に来日したのは、1974年7月、我が全日本プロレスのサマーアクションシリーズ。マスカラスらと共に来日したんだよね。私はまだ入門して3ヶ月過ぎたばかりの若手だった。開幕戦の後楽園ホールではジャンボ鶴田さんとシングル勝負。30分時間切れ引き分け。リングサイドで見てて寝技主体ながら見応えのある攻防で30分が短く感じたことを今だ覚えている。「凄いよ、
ホッジは。手首掴まれて足取られたら動けなかったよ!タックルは早いしなぁ。最後のパンチは見えなかった。なんか緊張したよ」と試合後、当時まだ23歳だった鶴田さんが苦笑いまじりに話してくれた。そりゃそうだ!ダニーホッジはアマレスでオリンピック銀メダリスト、ボクシングでは全米ゴールデングローブ覇者!格闘家として最高のアスリートだったんだね。一緒に来日したボブループとボブバックランドがホッジの前ではそれこそ直立不動の感じだったよ。2人共アマレスの猛者なんだけどダニーホッジに対して尊敬の念を持ってたんだね。マシオ駒さんが冗談で「あなたの日本の息子だ」だと笑いながら、まだ細くて若い私をホッジに紹介してくれたので「ハイ、マイサン!」と私のことを気軽に呼んでいた。1度だけスパーリングらしきものをやったことがある。片手で首筋を掴まれてマットに這わされたまま身動き出来ないまま終わった(笑)。見学していた馬場さん、鶴田さん、マスカラスに大笑いされた。とにかく凄い握力の持ち主だった。これはスパーリングじゃないな(笑)
。軽い準備運動として壁に向かって身体45度の指立て運動を教えてもらった。この運動は今でも続けている。以前、アメリカ遠征時、ベテランレスラーのアルコステロから聞いた話、「レスリングテクニックの寝技No.1はダニーホッジ。あとはハットン、ガニア、ザボー、ミラー、ブリスコらは横一線。ホッジだけが抜きん出ている!」ってね。めちゃめちゃ強いのに気さくでいいオジサンであるホッジさん、いつまでも御元気で〓

関連記事

上野に

家族4人(妹と甥っ子2人)で電車で上野まで。久々に妹ら3人の仕事の休日が重なったのでね。以前「幸せ昭

記事を読む

馬場さんの脚力

脚力にはかなりの自信があったようだ。インターナショナルベルトを巻いたばかりの若き日の馬場さんのファイ

記事を読む

Tシャツ似顔絵

実物の方がいい?(笑)いえいえ結構私は気に入っている〓この年齢になってTシャツを作って貰えるなんて誠

記事を読む

7月だけど

体調はいまいち。北海道からの風邪っぴきが今だ治らじ。喉の痛みは治ったが、鼻風邪はまだまだ。鼻をかんで

記事を読む

墓参り

本日は全日本は秋田で試合。在宅の私はいい日和なので古河駅そばの寺に眠る両親の墓参り。腰痛をなんとかし

記事を読む

さて8月

今年も早く時が過ぎる。夏日が続く暑い中8月となった。オリンピック真っ最中❗日本は金メダ

記事を読む

年の瀬

すぐにクリスマス、そして大晦日。今年も1年が終わる。本当早いもんだね。ついこの前まで、もう還暦か…の

記事を読む

高倉健死去

非常に驚いている。また日本人として寂しい気持ちだ。高倉健さんとは39年前、麻布のクラークハッチトレー

記事を読む

小さなカマキリ

窓ガラスに引っ付いている小さなカマキリ。左の黒い影は私の人差し指。まだ子どもか?蚊と間違えそう。

記事を読む

さて師走

このブログを書いてる時点、あと少しで12月になる。全世界的にコロナ禍であった2020年も残すところひ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    Mr.ダニーホッジのお話、拝見しました。片手で押さえ込まれてしまうとは、やはり手練れですね。貴重なお話を綴って頂き、どうもありがとうございます。機会がありましたら続きのお話をお願い致します。夏の様な昼と秋の夜長で少々戸惑ってしまいます。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. 嶋田靖史 より:

    昭和のプロレスを見ていた者には非常に面白いお話でした。ただ、自分も世界オープンタッグ戦以降のプロレスファンですが、もう今のプロレスは見れないです。特にwwe・・・。「どれもこれも同じプロレスだよ。」とグレート・カブキさん当たりに笑われそうですがやっぱり見れないです。ダニー・ホッジみたいな人今もいますかね?グレート・小鹿さんのブログにも何度も書き込みました。「昔は面白かったなあ・・・古いのかなあ自分は・・・」と。ロビンソン、マードック、ブリスコ、フレアー。場外戦はダメ。リングの中で見せなきゃあ。タケノコのように出てきたインディーズ?なんですの?

  3. 嶋田靖史 より:

    ビル・イーデイさん。マスクド・スーパースターですが、彼が言ってました。「日本のプロレスがこんなになったのはメキシコのプロレスを導入したせいだ。」と・・・自分はこの意見当たっていると思います。いかがですか?試合中、客を笑わせる。客と話する。「闘い」を見せてない。・・・何事でもそうですが、変えていいところと変えてはいけないところがあると思う。DDTプロレスとドリフターズとどこがどう違う?巡業中、毎日デスマッチ。テネシーやプエルトリコでもストーリー上、デスマッチはあったと思いますが、毎日・・・考えられません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

師走を迎えて

これから本格的に冬到来の感だね。サッカーワールドカップ、侍ジャパン決勝

人相変わった?

長引く腰痛、時たま暴れる不整脈。連日の部屋飲み…はない。部屋飲みも時た

三条大会

無事終了。雨降りの中、よくお客さんが来てくれた。有り難き事なり

寒暖差あり!

おかげで体調いまいち。腰痛も完治してない。食っちゃ寝しているから体

さらけ出す格好良さ❗️

あれは1996年の秋頃だった。六本木の全日本事務所の社長室。馬場夫妻、

→もっと見る

  • 2022年12月
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑