*

今だ健在〓

公開日: : ブログ

馬場さんのライバルだった外国人レスラーで今だ健在のレスラーとなると…ドリーテリーのファンクス、ブッチャー、シン、ハンセン、マスカラス…か?だけどもう1人多分最年長で今だ健在のレスラーがいるんだよね。ダニーホッジ。国際プロレス、日本プロレス時代に来日して大活躍したトップ外国人レスラーだ。馬場さん、猪木さん、ヒロマツダさんの好敵手。ウイルバーシュナイダーとのタッグで馬場猪木組を破りインタータッグ王者になったことがある。長年NWA世界ジュニアヘビー級のチャンピオンであった。たしか1932年生まれだったから御年87歳。まだまだ健在であってほしい。現役として最後に来日したのは、1974年7月、我が全日本プロレスのサマーアクションシリーズ。マスカラスらと共に来日したんだよね。私はまだ入門して3ヶ月過ぎたばかりの若手だった。開幕戦の後楽園ホールではジャンボ鶴田さんとシングル勝負。30分時間切れ引き分け。リングサイドで見てて寝技主体ながら見応えのある攻防で30分が短く感じたことを今だ覚えている。「凄いよ、
ホッジは。手首掴まれて足取られたら動けなかったよ!タックルは早いしなぁ。最後のパンチは見えなかった。なんか緊張したよ」と試合後、当時まだ23歳だった鶴田さんが苦笑いまじりに話してくれた。そりゃそうだ!ダニーホッジはアマレスでオリンピック銀メダリスト、ボクシングでは全米ゴールデングローブ覇者!格闘家として最高のアスリートだったんだね。一緒に来日したボブループとボブバックランドがホッジの前ではそれこそ直立不動の感じだったよ。2人共アマレスの猛者なんだけどダニーホッジに対して尊敬の念を持ってたんだね。マシオ駒さんが冗談で「あなたの日本の息子だ」だと笑いながら、まだ細くて若い私をホッジに紹介してくれたので「ハイ、マイサン!」と私のことを気軽に呼んでいた。1度だけスパーリングらしきものをやったことがある。片手で首筋を掴まれてマットに這わされたまま身動き出来ないまま終わった(笑)。見学していた馬場さん、鶴田さん、マスカラスに大笑いされた。とにかく凄い握力の持ち主だった。これはスパーリングじゃないな(笑)
。軽い準備運動として壁に向かって身体45度の指立て運動を教えてもらった。この運動は今でも続けている。以前、アメリカ遠征時、ベテランレスラーのアルコステロから聞いた話、「レスリングテクニックの寝技No.1はダニーホッジ。あとはハットン、ガニア、ザボー、ミラー、ブリスコらは横一線。ホッジだけが抜きん出ている!」ってね。めちゃめちゃ強いのに気さくでいいオジサンであるホッジさん、いつまでも御元気で〓

関連記事

後楽園大会

本日もまさに秋晴れ〓夜は寒くなりそうだけどね。今月は今日後楽園と28日横浜大会での2試合のみ。来月師

記事を読む

気温の変化

今年の長かった夏がようやく終わった感じ。そして急激な寒さの到来。体調崩した人も多いようだね。風邪引き

記事を読む

これからは節酒

断酒ではない(笑)。控えるんじゃなくて控え気味。14日後楽園大会ではなんと世界ジュニアタイトル戦!こ

記事を読む

早起き

今日明日と地方2連戦。朝10時横浜合宿所出発。長野市伊那なので新幹線も無し。それで10時出発に合わせ

記事を読む

花見散歩の途中

大久保利通暗殺地。赤坂紀尾井町。

記事を読む

ラストマッチ男

ただ今全日本プロレスではチャンピオンカーニバル真っ最中。連日ハードな戦いを展開している。お客さんもよ

記事を読む

腰が!ケツが!

アジアタッグ戦の激闘から1日おいた今朝、いきなりの痛さ、腰痛とケツ痛。年取ればダメージは遅れてやって

記事を読む

後楽園で試合。

まだまだ残暑は厳しいかな?試合のため東京に向かうが本日は宿泊はなし。すぐに帰宅の予定。来週9日からま

記事を読む

年配者ともなれば

それなりに人生経験を積んでいる。酸いも甘いも知っているはず。若者より人格者であろうと考えてしまうわな

記事を読む

キリタンポ鍋

14日寒い中、湯川さん始め友人らが我が63歳の誕生日祝いをやってくれた。場所は代々木の秋田料理「三亀

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    Mr.ダニーホッジのお話、拝見しました。片手で押さえ込まれてしまうとは、やはり手練れですね。貴重なお話を綴って頂き、どうもありがとうございます。機会がありましたら続きのお話をお願い致します。夏の様な昼と秋の夜長で少々戸惑ってしまいます。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. 嶋田靖史 より:

    昭和のプロレスを見ていた者には非常に面白いお話でした。ただ、自分も世界オープンタッグ戦以降のプロレスファンですが、もう今のプロレスは見れないです。特にwwe・・・。「どれもこれも同じプロレスだよ。」とグレート・カブキさん当たりに笑われそうですがやっぱり見れないです。ダニー・ホッジみたいな人今もいますかね?グレート・小鹿さんのブログにも何度も書き込みました。「昔は面白かったなあ・・・古いのかなあ自分は・・・」と。ロビンソン、マードック、ブリスコ、フレアー。場外戦はダメ。リングの中で見せなきゃあ。タケノコのように出てきたインディーズ?なんですの?

  3. 嶋田靖史 より:

    ビル・イーデイさん。マスクド・スーパースターですが、彼が言ってました。「日本のプロレスがこんなになったのはメキシコのプロレスを導入したせいだ。」と・・・自分はこの意見当たっていると思います。いかがですか?試合中、客を笑わせる。客と話する。「闘い」を見せてない。・・・何事でもそうですが、変えていいところと変えてはいけないところがあると思う。DDTプロレスとドリフターズとどこがどう違う?巡業中、毎日デスマッチ。テネシーやプエルトリコでもストーリー上、デスマッチはあったと思いますが、毎日・・・考えられません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検査だけなのに

昨日今日と検査。今朝は早起き。これから。それにしても、なんだなぁ、結構

体育館が少なくなった

何千人入る会場、体育館が少なくなったと思わない?今はイベントホールって

メンテナンスで暫し休養

昨日の春日部大会、6人タッグで出場。あれをやろう、これは出来るか?なん

飲み会続く

昨夜は長年の友人猪瀬さんとの飲み会。この時期、毎年の恒例の如く我が誕生

66歳なり

本日1月14日は我が誕生日であり、ゾロ目の66歳となった。妹、甥っ子ら

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑