*

Wcup決勝進出

公開日: : ブログ

4年に1度のWcup。熱狂してるねぇ。日本は決勝進出したから益々盛り上がりそう。実は私はあまりサッカーは見ない。別に嫌いな訳ではないんだが何となくね。中学時代は体育の時間なんかで結構やってたし、サッカードラマも見てたしね。でも王、長嶋の野球だった。むろん一番はジャイアント馬場のプロレス(笑)。我が中学時代となるともう半世紀前かい(笑)。当時はサッカー人気はあるにはあったが今ほどの熱狂度はさすがになかった。今は凄いよね。視聴率は大変なものらしいよな。Wcupはロシアでの開催なので深夜放映。寝不足者が多いだろう(笑)。私は翌朝のワイドショーで結果を知るだけ。今朝のワイドショーは決勝進出を決めた日本チームの話題ばかり。16年振りだって?そりゃ盛り上がるだろう。だけど負けて決勝進出したんだよね。セネガルよりイエローカードが少なかった結果でね。対ポーランド戦での試合終了間際での戦い方に会場からブーイングが起きて、監督の采配に賛否両論の話が面白かった。人それぞれの意見があってね。「西野采配はコロンビアが勝つことに
賭けての作戦だったんだ!」「いや、もっと攻めるべきだ!あの消極策は返って見てて心臓に悪い!」「結果オーライ。決勝進出したんだ。ブーイングなんか気にする必要なし!」等々。たしかに様々なリスクを背負った采配だったな。私の意見?年はとっているしサッカーに度素人だよ(笑)。まぁ敢えて言わせて貰えば「世界のミフネ」と一緒。世界的俳優三船敏郎の「何時の時代でも日本はサムライ精神を大切にすべき。私は海外映画の時はおこがましいけど常に日の丸を背負っていた」との意見。格好いいよなぁ。Wcupは4年に1度の世界的大会。世界中に日本は見られている。私自身プロレスラーだからはっきり言ってブーイングなんか全く気にしない。だけど日本国としてはね…。どうせ賭けるならサムライ精神で攻める策でやって欲しかった。セネガルが引き分けに持っていく可能性があったからね。そうなれば決勝進出はなし。まぁこれは現時点少数派意見。ともかく決勝はトーナメント。試合終了時のゴミ拾いと同じくらいの日本賛美になるような試合を世界に見せて貰いたい。

関連記事

以前からの我が夢

先日いろいろ思い返してみた。若き頃からの我が夢、というよりは我が人生の到達点とは?てね。プロレスラー

記事を読む

渕家墓参り

父母の墓参りをする。古河まで行く。本日は少し寒い!

記事を読む

便利になった

スマホさえあれば何でも分かる時代だ。インスタ…何とかとか(笑)。ナビもあるから地図はいらない。航空便

記事を読む

元子さん…

馬場元子さんが今月14日に亡くなっていたことを知り愕然としている。体調悪く入院していることは知ってい

記事を読む

初冬

暦の上では、もう初冬らしい。本当は秋深し…なんて詠みたいんだがねぇ(笑)。このブログ1週間休んじゃっ

記事を読む

今年最終戦終了

昨日の埼玉大会で今年の試合納め。今年もこの年齢で我ながらよくやった〓自画自賛?(笑)誰も言ってくれな

記事を読む

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークが始まったね。もう始まってるのかな?(笑)初夏の装いだねぇ。温かくなった。みんなそ

記事を読む

鉄人ルーテーズ

私がプロレスラーになろうと思ったきっかけの写真。小学校6年の時に母親から「あんたも鍛えれば、こんな身

記事を読む

梅雨の週末

腰痛の身体を労って過ごしている。次回の我が試合は30日後楽園大会。今年も半分終わろうとしている。青木

記事を読む

在宅

本日全日本プロレスは豊橋にて試合。私は在宅。年齢的にシリーズ通しての出場はもはやキツイ。キツイなら辞

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    サッカーのお話拝見しました。サッカーは全くわからなくて…誠に申し訳ございません。実際の采配はその時の当事者の胸の内でしょうが、日の丸を背負って消極的な試合と言うのは悲しいかと。やはり勝負は攻めて、受けて、返してが醍醐味ですね。観客として全力で応援させて頂きます。余りの暑さと湿度で体調管理も大変です。何卒お疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

梅雨の週末

腰痛の身体を労って過ごしている。次回の我が試合は30日後楽園大会。今年

想い出の曲

昨夜は後楽園で試合。青木の追悼セレモニーあり。私は6人タッグ。ホテル宿

上野駅終電間近

なんだこの混みようは!それも酔っぱらいばかり!我もそうだが(笑)。グリ

東京へ

猪瀬さんと待ち合わせ。勿論日帰り。一昨日同様良い酔い気分で帰宅する予定

東京へ

打田さんと待ち合わせ。本日青木のタイトル奪取の祝勝会のはずであった。当

→もっと見る

PAGE TOP ↑