*

Wcup決勝進出

公開日: : ブログ

4年に1度のWcup。熱狂してるねぇ。日本は決勝進出したから益々盛り上がりそう。実は私はあまりサッカーは見ない。別に嫌いな訳ではないんだが何となくね。中学時代は体育の時間なんかで結構やってたし、サッカードラマも見てたしね。でも王、長嶋の野球だった。むろん一番はジャイアント馬場のプロレス(笑)。我が中学時代となるともう半世紀前かい(笑)。当時はサッカー人気はあるにはあったが今ほどの熱狂度はさすがになかった。今は凄いよね。視聴率は大変なものらしいよな。Wcupはロシアでの開催なので深夜放映。寝不足者が多いだろう(笑)。私は翌朝のワイドショーで結果を知るだけ。今朝のワイドショーは決勝進出を決めた日本チームの話題ばかり。16年振りだって?そりゃ盛り上がるだろう。だけど負けて決勝進出したんだよね。セネガルよりイエローカードが少なかった結果でね。対ポーランド戦での試合終了間際での戦い方に会場からブーイングが起きて、監督の采配に賛否両論の話が面白かった。人それぞれの意見があってね。「西野采配はコロンビアが勝つことに
賭けての作戦だったんだ!」「いや、もっと攻めるべきだ!あの消極策は返って見てて心臓に悪い!」「結果オーライ。決勝進出したんだ。ブーイングなんか気にする必要なし!」等々。たしかに様々なリスクを背負った采配だったな。私の意見?年はとっているしサッカーに度素人だよ(笑)。まぁ敢えて言わせて貰えば「世界のミフネ」と一緒。世界的俳優三船敏郎の「何時の時代でも日本はサムライ精神を大切にすべき。私は海外映画の時はおこがましいけど常に日の丸を背負っていた」との意見。格好いいよなぁ。Wcupは4年に1度の世界的大会。世界中に日本は見られている。私自身プロレスラーだからはっきり言ってブーイングなんか全く気にしない。だけど日本国としてはね…。どうせ賭けるならサムライ精神で攻める策でやって欲しかった。セネガルが引き分けに持っていく可能性があったからね。そうなれば決勝進出はなし。まぁこれは現時点少数派意見。ともかく決勝はトーナメント。試合終了時のゴミ拾いと同じくらいの日本賛美になるような試合を世界に見せて貰いたい。

関連記事

14 September, 2015 12:33

斬新な高松市内のアーケード街。

記事を読む

何度見ても泣ける映画

やはりラストシーンのクライマックスだな。散々見て内容がわかっているのに同じ箇所で涙が出る。洋画だと「

記事を読む

車中撮影

ブレてはいるが、広々とした北海道の大地。雨があがって本日上天気〓まさに北海道だなぁ…ってな感じ。

記事を読む

昭和30年代

私は当時小学生時分。北九州に居た。和室二間のアパート。共同トイレ、共同炊事場、共同洗面所で部屋に水道

記事を読む

1973年春、再び

練習生ながら入門を許された私は半年ほど住んでいた茅ヶ崎のアパートを離れ全日本の合宿所である目白のマン

記事を読む

大阪大会

新幹線にて行き帰り。試合は20分の時間切れ引き分け。普段なら何のこたぁないんだが左足の状態があまり良

記事を読む

想定外

左目の調子悪く急遽東京に行くことになった。どうせ行くなら馴染みの眼科に。それで新宿まで。本日は自宅で

記事を読む

埼玉住まい

車がないと生活できない環境に住んでいる(笑)。コンビニもスーパーも車なしだと買い出しに行けない。身近

記事を読む

埼玉生活

東京離れて2週間過ぎた。実は何日か前、ちょっと体調を崩した。今はもう大丈夫だけどね。2週間過ぎたのに

記事を読む

防衛成らずとも新記録達成

帯広市でのアジアタッグ戦は挑戦者チーム青木佐藤組に完敗。2度目の防衛に失敗した。札幌で佐藤とのシング

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    サッカーのお話拝見しました。サッカーは全くわからなくて…誠に申し訳ございません。実際の采配はその時の当事者の胸の内でしょうが、日の丸を背負って消極的な試合と言うのは悲しいかと。やはり勝負は攻めて、受けて、返してが醍醐味ですね。観客として全力で応援させて頂きます。余りの暑さと湿度で体調管理も大変です。何卒お疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

長年の友人

昨夜はもう30年近くお付き合いさせてもらっている中田さんと六本木で呑ん

両国大会

2月19日だね。様々なレスラーが出場する。私も出場の予定。個人的には早

45周年記念試合

昨夜の試合。やられたなぁ!(笑)秋山の必殺技を食ってのピンフォール負け

お気に入り洋画、再び

ベストテン関係なしにお気に入りの洋画って結構あるんだよね。「ニューシネ

洋画ベストテン2

前回入り切れなかった我が洋画ベストテンをまた。暇潰しに見てください(笑

→もっと見る

PAGE TOP ↑