*

Wcup決勝進出

公開日: : ブログ

4年に1度のWcup。熱狂してるねぇ。日本は決勝進出したから益々盛り上がりそう。実は私はあまりサッカーは見ない。別に嫌いな訳ではないんだが何となくね。中学時代は体育の時間なんかで結構やってたし、サッカードラマも見てたしね。でも王、長嶋の野球だった。むろん一番はジャイアント馬場のプロレス(笑)。我が中学時代となるともう半世紀前かい(笑)。当時はサッカー人気はあるにはあったが今ほどの熱狂度はさすがになかった。今は凄いよね。視聴率は大変なものらしいよな。Wcupはロシアでの開催なので深夜放映。寝不足者が多いだろう(笑)。私は翌朝のワイドショーで結果を知るだけ。今朝のワイドショーは決勝進出を決めた日本チームの話題ばかり。16年振りだって?そりゃ盛り上がるだろう。だけど負けて決勝進出したんだよね。セネガルよりイエローカードが少なかった結果でね。対ポーランド戦での試合終了間際での戦い方に会場からブーイングが起きて、監督の采配に賛否両論の話が面白かった。人それぞれの意見があってね。「西野采配はコロンビアが勝つことに
賭けての作戦だったんだ!」「いや、もっと攻めるべきだ!あの消極策は返って見てて心臓に悪い!」「結果オーライ。決勝進出したんだ。ブーイングなんか気にする必要なし!」等々。たしかに様々なリスクを背負った采配だったな。私の意見?年はとっているしサッカーに度素人だよ(笑)。まぁ敢えて言わせて貰えば「世界のミフネ」と一緒。世界的俳優三船敏郎の「何時の時代でも日本はサムライ精神を大切にすべき。私は海外映画の時はおこがましいけど常に日の丸を背負っていた」との意見。格好いいよなぁ。Wcupは4年に1度の世界的大会。世界中に日本は見られている。私自身プロレスラーだからはっきり言ってブーイングなんか全く気にしない。だけど日本国としてはね…。どうせ賭けるならサムライ精神で攻める策でやって欲しかった。セネガルが引き分けに持っていく可能性があったからね。そうなれば決勝進出はなし。まぁこれは現時点少数派意見。ともかく決勝はトーナメント。試合終了時のゴミ拾いと同じくらいの日本賛美になるような試合を世界に見せて貰いたい。

関連記事

今日明日と

本日、30年来の友人である中田さんの息子の結婚披露宴出席のため東京に向かっている。昼前に披露宴開始な

記事を読む

平成時代

新元号がもうすぐ発表される。30年続いた平成時代。31年間か。いろいろあった。平成元年、私はまだ30

記事を読む

東京へ

これから東京へ。むろん仕事ではない(笑)。友人らとの飲み会で。1つ年をとっても我がペースは変わらない

記事を読む

帰宅途中

東京での2泊、自分なりに有意義であった。湯川さんと会い、猪瀬さんと会い、そして本日片山さんと会った。

記事を読む

自宅にて

全日本はシリーズの最中。我は自宅でのんびり…でもない。なにか疲れている。やはり年か?(笑)酒は寝酒程

記事を読む

我が顔

頭髪が薄くなり白髪が増えた。目の下、首筋にはたるみがある。髭は毎朝剃る。そうしないと白髭じいさんにな

記事を読む

1年なんて

過ぎてしまえば早いもの…。青木が逝って1年になる。彼と語り合ったことを今思い起こしてみるにプロレスに

記事を読む

1974年4月再び

いくら焦ったところで車は渋滞でノロノロ運転。「お客さん、恵比寿までは何時頃に着けばいいの?」私は腕時

記事を読む

今年は…

今年の一文字とかなんとか言ってるね。或いは一番活躍した人とか。一文字か…。何かと難しい。自分としては

記事を読む

やはりプエルトリコにて

ドリーファンクジュニアと。たまに特別参戦で短期間プエルトリコに来ていた。当時ドリーはアメリカマット界

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    サッカーのお話拝見しました。サッカーは全くわからなくて…誠に申し訳ございません。実際の采配はその時の当事者の胸の内でしょうが、日の丸を背負って消極的な試合と言うのは悲しいかと。やはり勝負は攻めて、受けて、返してが醍醐味ですね。観客として全力で応援させて頂きます。余りの暑さと湿度で体調管理も大変です。何卒お疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

再放送あり

幸せ昭和食堂がBSTBSにて再放送してくれることとなった。27日(火)

久々の試合ながら

試合後の深夜、いつもの腰痛!まぁそれほど酷くはないが、ホテルの部屋に戻

旗揚げ戦

1972年10月21日、町田市体育館で全日本プロレスは旗揚げ戦を行なっ

秋深し…

隣は何をする人ぞ…ってね(笑)。あはれ秋風よ、こころあらば伝えてよ、夕

寒暖差あり!

急な底冷えとなるかと思えば再び残暑がぶり返したり、全く心臓によくない!

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑