*

天井を見つめる

公開日: : ブログ

昨日の我がドキュメンタリー番組、スタッフ皆さんのお陰でやはり素晴らしいものになっていた。ありがたい気持ちであり、自分自身の今後の生き方を考えさせられた(笑)。皆さんの熱意に添った生き方をしなきゃ…、だけどやっぱり私はマイペースだろうなぁ(笑)。天井を見つめる話、あれはまだ鶴田さんが病気になる前、元気だった頃、1990年代初頭だった。武道館だったなぁ。リング上で試合前のストレッチを共にやっていた時、たまたま天井を見つめたんだよ。高くて広い天井。思わずリング上に寝そべった。シンボルの日章旗があったかどうか、あまり記憶にない(笑)。六角形か八角形か、天井にいくつもあったのは覚えている。「こうやって天井を見つめるのもいいもんですね」と寝そべったまま私が言うと、鶴田さんもストレッチをやめて寝そべった。「うん…武道館はでかいなぁ…」「各会場で天井は違いますよね」「そりゃそうさ(笑)。だけどいいもんだなぁ…。こうやって天井を見つめるのも。しかしなぁ、リング上で寝そべって天井を見つめるなんて現役だからだぜ」。そ
の時、「そうだな」と言ってあの馬場さんがリングに上がってきた。鶴田さんと私はすぐに立ち上がった(笑)。馬場さんは我々2人を意に関せずゴロリとリング中央で寝そべった。「野球辞めた時に青空を見上げたんだが、現役時代と違って見えたもんだよ。同じ青空なのになぁ」と馬場さんは寝そべったまま呟いた。天井を見つめていた。鶴田さんと私もリングの隅に静かに寝そべった。ストレッチどころか3人で寝そべって天井を見つめた(笑)。(本当いつまで現役として各会場の天井を見つめることができるんだろうか…)と初めて考えるようになった。その日の試合前のリング、我々3人が寝そべってリング上を独占している為、しばらくは誰もリングに近づかなかったな(笑)。

関連記事

馬場さんの話

前回のブログの続きだが、力道山の死後、馬場さんが日本プロレス界にいなかったら本当日本のプロレスはどう

記事を読む

大阪大会

新幹線にて行き帰り。試合は20分の時間切れ引き分け。普段なら何のこたぁないんだが左足の状態があまり良

記事を読む

持つべきものは…

長年の友人なり〓先日もう25年来となるか?猪瀬さん夫婦に誕生祝いをしてもらった。大好きな鮨を御馳走に

記事を読む

光陰矢の如し

時は遠慮なく過ぎて行く。10年20年なんて本当アッというまだ!誠に光陰矢の如しである。これからの10

記事を読む

原田芳雄さん

昨夜「昭和食堂」の中で、伊勢屋さんでの収録の時、俳優原田芳雄さんが生前ここの天丼が大好物でよく贔屓に

記事を読む

ムハマッドアリ死去

ボクシング界のみならずスポーツ界の枠を越えた伝説的なスーパーヒーローだったね。40年前の6月、アリ、

記事を読む

札幌3日間

本日はその中日。3連戦の最終日。佐藤とのシングル戦。左腕を攻められギブアップ負け。少し腫れている。明

記事を読む

線香とロウソク

無くなる前にいつも購入する。先祖と両親の遺影に。父は10年前、母は5年前にこの世を去った。馬場さんは

記事を読む

9月になって

幾分陽が短くなった。秋の夜長、長雨の時期?仲秋の名月にはまだ早いか。若き頃が青春なら初老の今は赤秋か

記事を読む

台風、地震

大雨、猛暑を含め災害が多い。気をつけなきゃいけないが気をつけようがない。まさに自然の脅威。事前に周到

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「天井を見つめる」拝見しました。天井を含め会場内も個性が有る事に気付きました。素敵なお話を綴って頂き、どうもありがとうございます。勝手ながらこれからも応援させてください。何卒よろしくお願い致します。もう開花宣言が聞こえて参りました。季節の変わり目に体調を崩してしまいません様、ご注意願います。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. ルター レンジ より:

    河原に寝ころび、青い空を、白い雲を、ぼんやりと見ていた
    ぼんやりと、ただぼんやりと
    昭和の青春時代ですね
    ラジオからは「君たちがいて僕がいた」

  3. 石川 より:

    BSのドキュメンタリー、拝見しました。渕選手らしい淡々とした、そして颯爽とした番組だったと思います。最近地方興行ではお見掛けしなくなりましたがその事についても触れられており、大きなケガや病気が原因ではなくて安心しました。番組中、独身であることにも触れられており、木村さんのマイクパフォーマンスを思い出しました。
    これからも応援しています!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

志村さんが…

あの志村けんさんが亡くなったことを知りショックである。それもコロナウイ

世界的自粛

不要不急の外出を自粛。大変なご時世となった。コロナウイルス世界的に蔓延

両親の墓参り

春分の日、強風の中、我が両親の墓参り。今年は父の17回忌。78歳だった

手製のマスクで(笑)

ない物はない!(笑)仕方ないよなぁ。キッチンペーパーで作ったもの。菌を

天井を見つめる

昨日の我がドキュメンタリー番組、スタッフ皆さんのお陰でやはり素晴らしい

→もっと見る

PAGE TOP ↑