*

歴代レスラーの知名度

公開日: : ブログ

20世紀初頭にアメリカとロシアで初代プロレスの世界チャンピオンを争った。勝ったのはアメリカのフランクゴッチ。さすがにこの初代王者フランクゴッチは全米のヒーローとなり知名度は凄かった。誰もが知る有名プロレスラーとなった。今でもオハイオ州フンボルトにある墓所は名所となっている。1920年代のエド.ストラングラー.ルイス。ヘッドロックの名手でフランクゴッチ級の知名度があった。30年代はジムロンドス。プロレスラーとしてプロスポーツ選手ナンバー1の年収を稼いでいたんだから、やはり知名度も高かった。時代は飛んで50年代。全米の誰もが知るプロレスラーとなると、ルーテーズ、バーンガニア、バディロジャース、アントニオロッカ、そしてゴージャスジョージ。毎週ほとんど毎日ゴールデンタイムでプロレスはテレビ中継されていたんだから一流レスラーは大リーガー並かそれ以上の知名度があったんだろう。60年代になるとロッカとジョージは堕ちて行くが、ルーテーズ、ガニア、ロジャースは全米的知名度を保っている。そしてブルーノサンマル
チノがニューヨークのチャンピオンとして台頭して来る。プロレスラーイコールサンマルチノという図式が長く続く。その後の誰もが知るプロレスラーとなるとホーガン、アンドレ、ロックであろうなぁ…。それに近い知名度があったのは時代が60年代に戻るがフレッドブラッシーとフリッツフォンエリックかなぁ…?

関連記事

1973年春

当時茅ヶ崎に住んでいた私は全日本道場がある恵比寿に向かう為に品川まで東海道線、そしてそこから山手線で

記事を読む

20日試合

試合4日前だが、体調は悪くない。特別良くもないけど、まぁ普通かなぁ。普通が一番〓って前にも書いたけど

記事を読む

四ッ谷散歩

西念寺、服部半蔵の墓。近くに家康の長男信康の供養塔もあり。まさに初夏の日差し。腰痛ながらよく歩いた(

記事を読む

両国大会

さていよいよ明日、両国国技館にて午後3時全日本プロレス今年最大の大会が始まる。11月27日なんてまだ

記事を読む

オフのスケジュールが…

飲み会でドンドン埋まっている(笑)。喜ばしいことであるが体調管理は大丈夫かい?(笑)昼はコンビニ買い

記事を読む

ホッと一息

2日3日と試合、そして5日澁谷東急百貨店にてトークショー。全日本のシリーズはまだまだ続くが、我はホッ

記事を読む

阿修羅原死去

昨日新聞社より連絡入った。68歳だった。もう25年以上会っていなかった。最近の若いプロレスファンの人

記事を読む

月夜

今夜は満月か?月がまた綺麗な夜だねぇ〓当たり前に月が出ている。だけど、その美しさに人はきずかない。当

記事を読む

冷やし中華

こう毎日暑いとねぇ。冷やし中華そばにハマっている。それもコンビニでの買い出しの冷やし中華そば。ごまだ

記事を読む

更に徒然なるままに

御盆帰郷或いは旅行。だが台風接近。空港、駅などの混雑ぶりを見るに自宅での留守番は正解かな。だけど、こ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「歴代レスラーの知名度」拝見しました。
    名前を見ているだけで幸せです。綴って頂きまして、どうもありがとうございます。
    手元の雑誌を見てみると、昭和50年代後半、表紙はファンクスでした。長いプロレスの歴史から見てみると新しい時代になるのでしょうか。長い歴史の内のわずか数十年、あっと言う間ですね。
    益々これからのプロレスが楽しみになってきました。変化も楽しみたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

体育館が少なくなった

何千人入る会場、体育館が少なくなったと思わない?今はイベントホールって

メンテナンスで暫し休養

昨日の春日部大会、6人タッグで出場。あれをやろう、これは出来るか?なん

飲み会続く

昨夜は長年の友人猪瀬さんとの飲み会。この時期、毎年の恒例の如く我が誕生

66歳なり

本日1月14日は我が誕生日であり、ゾロ目の66歳となった。妹、甥っ子ら

65歳最終日の朝

明日から1年間66歳。65歳は本日まで。当たり前のことだが、我が生涯も

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑