*

歴代レスラーの知名度

公開日: : ブログ

20世紀初頭にアメリカとロシアで初代プロレスの世界チャンピオンを争った。勝ったのはアメリカのフランクゴッチ。さすがにこの初代王者フランクゴッチは全米のヒーローとなり知名度は凄かった。誰もが知る有名プロレスラーとなった。今でもオハイオ州フンボルトにある墓所は名所となっている。1920年代のエド.ストラングラー.ルイス。ヘッドロックの名手でフランクゴッチ級の知名度があった。30年代はジムロンドス。プロレスラーとしてプロスポーツ選手ナンバー1の年収を稼いでいたんだから、やはり知名度も高かった。時代は飛んで50年代。全米の誰もが知るプロレスラーとなると、ルーテーズ、バーンガニア、バディロジャース、アントニオロッカ、そしてゴージャスジョージ。毎週ほとんど毎日ゴールデンタイムでプロレスはテレビ中継されていたんだから一流レスラーは大リーガー並かそれ以上の知名度があったんだろう。60年代になるとロッカとジョージは堕ちて行くが、ルーテーズ、ガニア、ロジャースは全米的知名度を保っている。そしてブルーノサンマル
チノがニューヨークのチャンピオンとして台頭して来る。プロレスラーイコールサンマルチノという図式が長く続く。その後の誰もが知るプロレスラーとなるとホーガン、アンドレ、ロックであろうなぁ…。それに近い知名度があったのは時代が60年代に戻るがフレッドブラッシーとフリッツフォンエリックかなぁ…?

関連記事

パイパー死去

ロディパイパーは私と同年齢で61歳。1982年、アメリカ遠征中ノースカロライナで2ヶ月ほど一緒に仕事

記事を読む

鳩山大会後

六本木にて再び我が誕生日を友人の保正さんが祝ってくれた。いつも通り私は甘えん坊オジサンとなり大いに焼

記事を読む

全日本プロレス流

昨夜の後楽園大会の2大メーンエベント、世界タッグ戦とジュニアリーグの決勝戦は素晴らしい内容のある試合

記事を読む

人を呼ぶ男か?

ストレスは変な所から生まれる。トイレに行けばたっぷり空いているのにわざわざ隣に用を足すのが来る。パチ

記事を読む

後半突入

今年も半分過ぎた。この半年いろんなことがあった。馬場元子さんが亡くなっていたことは大きなショックだっ

記事を読む

何度見ても泣ける映画

やはりラストシーンのクライマックスだな。散々見て内容がわかっているのに同じ箇所で涙が出る。洋画だと「

記事を読む

もはや夏!

気温30℃を超えたら猛暑日なんだよね。日々猛暑日!もはや夏!の感覚。皆さん、ちゃんと体調管理をやって

記事を読む

プロレスラーの練習

まだプロレス少年だった頃、トップレスラーはどんな練習をしているんだろう?トレーニング法を知りたい!っ

記事を読む

超大型台風接近!

12日あたり暴風雨の可能性大のようだね。皆さん気をつけてください。今年最強の台風らしいから!今日後楽

記事を読む

9月になっても

まだまだ残暑がきびしい。天候はなかなかスッキリしないしね。蒸し暑いわけだ。全日本プロレスはこの9月王

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「歴代レスラーの知名度」拝見しました。
    名前を見ているだけで幸せです。綴って頂きまして、どうもありがとうございます。
    手元の雑誌を見てみると、昭和50年代後半、表紙はファンクスでした。長いプロレスの歴史から見てみると新しい時代になるのでしょうか。長い歴史の内のわずか数十年、あっと言う間ですね。
    益々これからのプロレスが楽しみになってきました。変化も楽しみたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

まだまだ慎重に

緊急事態宣言が解除になったが、感染者数がそれほど減ってない。第2波の備

夏日から冬日に

エアコンが故障中だから良かったけど、この温度差。不整脈の持病がある自分

脳ベルショー

このご時世、バラエティ番組クイズ番組の再放送が多くなっている。それで以

日本人の頑張り

緊急事態宣言をすべての人とは言わないが結構皆自粛して守ってたよね。それ

コロナ時代

ひとつの時代だな。こんな時代に遭遇するなんて!オリンピック、野球、大相

→もっと見る

PAGE TOP ↑