*

百田兄弟

公開日: : ブログ

ご存知日本プロレスの始祖力道山先生のご子息だ。弟の光雄さんとはよく試合をやった。小柄な身体ながらスタミナがありテクニックにキレがあった。もう何百回と試合やったなぁ…。その中でも思い出に残るのは私の持つ世界ジュニアのタイトルに先輩の光雄さんが挑戦した試合だ。当時の光雄さんの人気は凄まじく私は全くの悪役(笑)。辛うじて私がタイトル防衛となったが印象に残っている。日本マットで初めてトペスイシーダをやったのは百田光雄さんだよ。昭和50年の力道山13回忌の時に❗️兄の義浩さんは長くリングアナウンサーをやられてた。その後レスラーに転向したけど期間は短かったな。私は都内で結構一緒に呑みに行った。義浩さん行き付けの庶民的な焼き鳥屋があってよく誘ってくれた。義浩さんはホッピーを飲んでたなぁ。むろん私も付き合う。私は何でもござれ❗️(笑)焼き鳥も旨かった。飲んで食べていろんな話をした。もちろん父力道山の話とかもね。因縁の木村政彦さんの話も出てきた。木村政彦はプロレスラーとしては力道山の先輩。力道山は一貫して「木村さん」と呼んでたらしい。木村政彦は最初は「力道山君」。途中から「リキさん」に変わったと義浩さんは言っていた。木村政彦はアメリカ、南米とレスラーとしてはかなり苦労してたようだ。スポンサーもいなかったらしい。あくまでも義浩さんの話だが。とにかく力道山のスポンサー筋に驚いていたのは事実のようだ。力道山は行動派だったから。もう修行中から日本テレビが記録媒体として映像が残っているんだよね。政界財界にタニマチ筋。日本にプロレスの灯をともすため必死だったんだね。まだ10歳成らずの義浩さんは間近で見て記憶に残っていると言っていた。木村政彦はよく池上の力道山宅に来ていたようだ。力道山生存中はそんなに仲が悪いようなことはなかったと長男の義浩さんは言ってたけどねぇ。まぁ、対シャープ兄弟戦なんかも義浩さんとの話を思い出しながら書いてみるか。

関連記事

終了

一汗かいてやり終える。

記事を読む

散歩道での発見

新宿区内藤町大京町の道路沿いにあった沖田総司終焉の地の案内板。若くして世を去ったんだね。

記事を読む

円楽師匠

六代目三遊亭円楽師匠とはもう30年のお付き合いというかお世話になっている。馬場さんとも仲が良かった師

記事を読む

やはり帰りは

新大阪より新幹線で帰京。試合は6人タッグ。藤波選手との初遭遇。同年代、刺激を受ける。お互い腰痛持ちだ

記事を読む

8月も終わる

ということは秋の気配か?27日両国大会はファンの皆さんのおかげで今回も盛況だった。諏訪間の敗北はショ

記事を読む

出掛ける段になって!

あれがない!これがない!と大騒ぎしてしまう(笑)。たとえば事前にちゃんと用意してバッグの中に入れてあ

記事を読む

コロナ禍の上に

昨深夜の地震に驚いた。結構長かったよね。早速、何人かの友人からメールを頂戴した。私が埼玉住まいってこ

記事を読む

ハロウィンか…

スクランブル交差点はまた大騒ぎかな?近年の盛り上がりは凄いけど我々青春時代はそうでもなかった。ハロウ

記事を読む

電車にて帰宅中

朝、ホテルをチェックアウト。上野で駅うどん。そして、ひとつ早めの電車で帰宅中。昨夜の試合、心臓がどれ

記事を読む

いよいよかな?

いよいよ梅雨が明け、そろそろ夏本番の気配。只今上野駅だが、暑い!じわりじわりじゃなくバァーと汗が噴き

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。試合ですとファミリー軍団VS悪役商会を思い出します。プロレスラー同士の宴はどのようなお話が繰り広げられるのでしょうか。試合のお話と同じく興味深いです。是非とも続きのお話を綴って頂きます様、お願い致します。暦の通り、少しずつさわやかな風に変わって来ました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. 伊藤正隆 より:

    お疲れ様です。僕が初めて全日本の試合を観に行った時の第1試合が百田対寺西でした。ベテラン同士の渋い試合運びで最後はバックドロップで百田さんが勝利したのを覚えてます。そしてその日は割と至近距離で渕さんを写真に撮れたので、大満足でした(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

師走を迎えて

これから本格的に冬到来の感だね。サッカーワールドカップ、侍ジャパン決勝

人相変わった?

長引く腰痛、時たま暴れる不整脈。連日の部屋飲み…はない。部屋飲みも時た

三条大会

無事終了。雨降りの中、よくお客さんが来てくれた。有り難き事なり

寒暖差あり!

おかげで体調いまいち。腰痛も完治してない。食っちゃ寝しているから体

さらけ出す格好良さ❗️

あれは1996年の秋頃だった。六本木の全日本事務所の社長室。馬場夫妻、

→もっと見る

  • 2022年12月
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑