*

昭和40年

公開日: : ブログ

今年1月網膜剥離以後の検診のため東京に向かっている。昭和40年か…。私は小学校6年生。古本屋でプロレス雑誌を見てプロレスラーに憧れを持った。子供心の単純さであった。昭和40年、巨人がリーグ、そして日本シリーズ9連覇スタートの年。相撲は大鵬、柏戸が両横綱で健在だった。ボクシングではファイティング原田がバンタム級世界チャンピオンになった。そしてプロレス、ジャイアント馬場がディックザブルーザーを破って力道山の遺産インターナショナルのチャンピオンとなり、新たなプロレス界のエースになり、馬場時代が始まった。当時は日本プロレス1団体の時代。レスラーはステータスが高くエリート。コミッショナーは政界の副総理。当然テレビ中継はゴールデンタイム。今じゃ考えられないわな(笑)。スイカやスマホ、コンビニのない時代。街の至るところに電話ボックスがあり、たばこ屋には赤電話があった。任侠映画に若大将、クレージーキャッツ。「勝つと思うな思えば負けよ」の柔の唄。マヒナスターズにザピーナッツ。そう言えば、馬場さんが元子さんと本格的にお付き合いを始めたのも、この年だと聞いたことがある(笑)。

関連記事

情報過多の時代

私からみたらね。情報が簡単に入る時代。情緒が得られて発生できる。簡単にね。たしかに便利である。私らの

記事を読む

1日店長

昨夜後楽園大会、ファンの皆さんのおかげで大いに盛り上がった〓ありがとうございます。私にとって今年最後

記事を読む

自宅にて

全日本はシリーズの最中。我は自宅でのんびり…でもない。なにか疲れている。やはり年か?(笑)酒は寝酒程

記事を読む

1974年4月再び

いくら焦ったところで車は渋滞でノロノロ運転。「お客さん、恵比寿までは何時頃に着けばいいの?」私は腕時

記事を読む

掃除機が〓

予期せぬ散財になりそうだ。急に掃除機が動かぬようになった。15年以上だもんな。寿命か…。結構電化製品

記事を読む

小雨降る1日

本当は後楽園で試合のはずであった。コロナ禍で感染者数増加のおり、高齢者レスラーはやむを得ず休場となり

記事を読む

在宅なり

本日より全日本の皆は沖縄である。朝早くから羽田空港より沖縄に向かったようだ。沖縄にもしばらく行ってな

記事を読む

プロレス史家

と言われてる人も少なくなった。櫻井康雄さんが亡くなったと聞く。一時は日テレの山田隆、テレ朝の櫻井康雄

記事を読む

動悸

不整脈を持ってるとたまにドンっと来る。痛くはないんだが、なんとも気持ち悪い。ここんとこ(来るな来るな

記事を読む

一生涯

来年は70となる。つくづく人間の定められた人生なんて短いもんだと感じる。40代50代は早かった。60

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「昭和40年」拝見しました。移動お疲れ様です。無事に検診が終わります様に。プロレス中継がゴールデンタイム…良い時代がありました。昔の様に大声を出すと近所迷惑になってしまいますが、我慢しますので、ゴールデンタイムの中継復活を希望致します。日中はとても過ごし易くなりました。空気の乾燥と寒暖差にご注意願います。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

連日猛暑日

まだ梅雨明け宣言する前にこの連日の暑さ!腰痛だからではあるが外出を控え

文月

今年も半年が過ぎた。能登半島地震からも半年なんだね。元日の突然の大地震

来週も上京予定

昨日は番組収録あり。都内の我が青春の想い出巡り。それ相応の懐かしさを感

番組収録

BS番組の収録のため都内に向かっている。渋谷、目白、砧、横浜道場と巡る

さて6月

梅雨の6月なのに別名水無月。水のない月。さてどうしてか?まぁ別にいいか

→もっと見る

  • 2024年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑