*

平成時代

公開日: : ブログ

新元号がもうすぐ発表される。30年続いた平成時代。31年間か。いろいろあった。平成元年、私はまだ30代で世界ジュニアヘビー級チャンピオンだった。それが今や60代半ば(笑)。憧れのジャイアント馬場さんと初めて試合したのは平成元年1989年の5月だった。場所は後楽園ホール。6人タッグだったなぁ。今思い返すと感慨深い。翌年、新団体SWSへ多くのレスラーが離脱。残った者達での心機一転の心意気。ジャンボ鶴田、スタンハンセン、三沢光晴ら若き四天王の活躍。ファミリー軍団と悪役商会との試合。ラッシャー木村のマイク。何年か続いた年7回の日本武道館は常に超満員。毎回ウェーブが起こった。馬場夫妻の晴れやかな表情…。平成当初は全日本プロレスにとって良き時代だった。だが、なだらかながら下りの曲線が始まる。日本全国に多くの災害が起きる。親しき人との別れ。平成30年間、多くの人が去って逝った。まさに平成と共に。馬場さん夫妻、鶴田さん、三沢君、輪島さん、大熊さん、羽田さん、木村さん、永源さん、デストロイヤー、アンドレ、ロビ ンソン、テーズ、ゴッチ、ガニア、キッド、ゴディ、ウィリアムス、オブライト、サンマルチノ、キニスキー、ブリスコ、ジョナサン、イヤウケア…。

関連記事

てとあしの血管クリニック東京

我が友人の寺崎さんが今月15日に開院したばかりのクリニックを訪問した。漫画家の河口仁先生も一緒。神田

記事を読む

トークショー

ある程度の中年プロレスファンが来てくれると案外昔話で盛り上がる(笑)。忘れかけた外国人レスラーの話と

記事を読む

花見散歩の途中

大久保利通暗殺地。赤坂紀尾井町。

記事を読む

馬場さんの話

前回のブログの続きだが、力道山の死後、馬場さんが日本プロレス界にいなかったら本当日本のプロレスはどう

記事を読む

プロレスラー流健康法

健康法っていうか健康体操をこれ迄私は3人の偉大なレスラーの記事或いは本で読んだことがある。アントニオ

記事を読む

後楽園へ

本日、青木の追悼試合。6月3日…。もう2ヶ月以上過ぎたんだね。月日は容赦なく過ぎて行く。私は今月はこ

記事を読む

家族

私は独身のため私自身の家族はない。だが家族同様はいる。妹の家族である。妹の2人の息子。私にとっては甥

記事を読む

もう12月。

あっと言う間に今年も後1ヶ月となった。つい先日(今年の1月だが)我が還暦のお祝いをしてもらったと思っ

記事を読む

鉄人ルーテーズ

私がプロレスラーになろうと思ったきっかけの写真。小学校6年の時に母親から「あんたも鍛えれば、こんな身

記事を読む

プロレスに感謝

プロレスラーであればこその恩恵にこの42年間受けてきた。その恩恵とはやはり出会いだな。たくさんの人と

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「平成時代」拝見しました。仰る通り、もう発表まで一週間足らずですね。約30年、確かに色々ありました。生老病死の理を変える事は出来ませんが、プロレスラーとして成長する方々と興行を支えてくださる方々を応援させて頂きたく存じます。新元号でも何卒応援させて頂きます様、お願い致します。桜も咲き誇って参りました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検査だけなのに

昨日今日と検査。今朝は早起き。これから。それにしても、なんだなぁ、結構

体育館が少なくなった

何千人入る会場、体育館が少なくなったと思わない?今はイベントホールって

メンテナンスで暫し休養

昨日の春日部大会、6人タッグで出場。あれをやろう、これは出来るか?なん

飲み会続く

昨夜は長年の友人猪瀬さんとの飲み会。この時期、毎年の恒例の如く我が誕生

66歳なり

本日1月14日は我が誕生日であり、ゾロ目の66歳となった。妹、甥っ子ら

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑