*

人を呼ぶ男か?

公開日: : ブログ

ストレスは変な所から生まれる。トイレに行けばたっぷり空いているのにわざわざ隣に用を足すのが来る。パチンコでもそうだ。ガラーッと空いているのに隣に座る。それで平気で当たり、ジャラジャラ玉を出す。気分悪し(笑)。荷物を持って両手がふさがってるのに写真を撮ってくれと立ちはだかるオバサン連中。手ぶらで歩いているのがたくさんいるのになぜ荷物を持っている私に声かける?一度この人と思うと他に目が行かないのか?これはと決めた獲物を見つけたら他の獲物が目に入らない野生のチーターのようだ。以前明治神宮を散歩中にひとりのオバサンに頼まれ写真を撮ってあげたことがある。お礼を言われたので「いいえ」と言って立ち去ろうとしたら別のオバサンがカメラ片手に「私も…」ときた。その後ろを見たらオバサン集団が20人並んでいる。なんだ!これは!皆それぞれカメラや携帯を手にしてニタニタ笑っている。あのね、私は明治神宮のカメラマンじゃないんだよ!ただ散歩しているだけなんだから!と言うのも面倒になり20何人撮ってあげた。なんというお人好
し!「一緒に本殿まで行きませんか?」と誘われたが、流石にそれは断った。当たり前だろ!(笑)50代から60代70代のオバサンの集団。我が年代とあまり変わらぬオバサン達。私も私もと平気でカメラを渡す仕草に若き乙女の頃の恥じらいは一切無し!(笑)昔は愛だの恋だのって時代は当然あったんだろうなぁ(笑)。

関連記事

洋画ベストテン2

前回入り切れなかった我が洋画ベストテンをまた。暇潰しに見てください(笑)。「最高の人生の見つけかた」

記事を読む

アントンヘーシンク続き

若手時代1度だけヘーシンクとスパーリングをやったことがある。鶴田さんが言うように重かったなぁ。金メダ

記事を読む

アジアタッグ挑戦?

私は昔からよく注意されていた悪いクセがある。酒飲んで気持ちよく酔い始めると誰彼なく電話するクセである

記事を読む

64歳最終日

64歳最終日が暮れてゆく。明日から65歳。当たり前の如く、年々歳を重ねてゆく。人生、もう65年やって

記事を読む

目の定期検診

散歩の後は眼科にて目の定期検診。今年2月、右目白内障の手術をした。9年前には左目をやはり白内障で手術

記事を読む

東京2泊

13日後楽園で試合。14日会社の用事。それで東京2泊とした。あらかじめホテルに宿泊予約してね。ところ

記事を読む

プロレスラーはエリート

レスラーはエリートなんだぞ!と馬場さんや鶴田さん始め緒先輩らに、または日本テレビ中継スタッフの人達に

記事を読む

また馬場さんの話

実際、馬場さんはアメリカに残るか日本に戻るかでかなり迷ったらしい。まだキャリア4、5年の新米レスラー

記事を読む

やはり浅草

昨夜食事後、昼間の喧騒が嘘のような静かな仲見世通りでの1枚。創業百年のお多福のおでん、旨かった〓無論

記事を読む

独り暮らしの大ベテラン

それにしても、長い長い独り暮らしだ(笑)。ここまで独り暮らしを貫くとある面快適なり。負け惜しみじゃな

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。試合以外でもお疲れ様です。
    折角なら格好良い素敵な方に話し掛けたい気持ちは分かりますが…。時と場合に応じて、ですね。余所事とは思えませんでしたので、自身の行動を見直します。
    教訓とさせて頂きます。どうもありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日の丸背負って…

高度成長期って云ったら、1960年代だろうなぁ。各分野のヒーローが多く

平成も……

後10日か。いよいよ令和になるんだね。4月なのにもはや初夏の装い。暖か

砧道場

1976年夏、目白から世田谷区砧に合宿所が移った。二階建ての一軒家。広

ゴッチ練習法のホンのさわり

カールゴッチの練習法は幾つかあるが、私がタンパで一緒によくやったのがト

プロレスラーの練習

まだプロレス少年だった頃、トップレスラーはどんな練習をしているんだろう

→もっと見る

PAGE TOP ↑