*

1965年

公開日: : ブログ

1990年代だったかキャピタル東急ホテルのレストラン「オリガミ」で食事後、珈琲飲みながら馬場さんが遠くを見る目で「俺にとって一つのターニングポイントの年だったなぁ…」と語ったことがある。1965年、昭和40年。この年、馬場さんはまだ27歳。第7回ワールドリーグ戦は優勝出来なかったが、その秋のインターナショナル選手権王座争奪戦では見事ディックザブルーザーを破りチャンピオンとなった。力道山の後継者と認められたわけだ。当時、その年のスポーツ雑誌の年末特集号に、(これから新たな時代を迎えるかも知れない。王、長嶋、金田を擁した巨人軍は来年度も連覇する可能性があり、パリーグも三冠王野村克也の活躍でセリーグ人気に迫るかも知れない。大相撲は佐田の山と栃の海の成長が著しいので、そろそろ大鵬の独走にストップをかけて角界を面白くしてもらいたい。ボクシング界は、「黄金のバンタム」ジョフレを下して2階級制覇のファイティング原田が牽引することに間違いなかろう。プロレス界は、ようやくジャイアント馬場がシングル王者とな
り、力道山後継者としての活躍が期待され来年は盛り上がるであろう。…)と紹介と展望記事。私はまだ小学6年生。今だ大まかだがその記事の内容を覚えている。1965年当時の人気スポーツは野球、大相撲、ボクシング、プロレスだったんだね。馬場さんの私生活に於いても元子さんとの交際が本格化した年でもあったと元子さんの本に書いてあったな(笑)。巨人軍は実際その年から9連覇した。プロレス界では馬場時代に突入。力道山時代に負けない人気を維持した。世相的にはエレキブーム。ビートルズ、ベンチャーズ人気が世を席巻した。映画は任侠もの、若大将、クレージー。歌はマヒナスターズのムード歌謡。そしておそ松くんとオバQの漫画。若き王者馬場さんは翌年から長い期間に渡って期待通り大活躍する。原点は1965年だったんだね。

関連記事

以前からの我が夢

先日いろいろ思い返してみた。若き頃からの我が夢、というよりは我が人生の到達点とは?てね。プロレスラー

記事を読む

何かと気忙しい1日

昨日のこと。まず電車にて東京に向かった。そして眼科検診。それが済むと代々木駅近辺で歯科医。久々なので

記事を読む

途中挫折

寒い中でも久々にウォーキングをやろうと思い立ち外に出た。いい天気だしね。あちこちに雪が残っている。少

記事を読む

ホッと一息

2日3日と試合、そして5日澁谷東急百貨店にてトークショー。全日本のシリーズはまだまだ続くが、我はホッ

記事を読む

猛暑日続く

連日猛暑日に熱帯夜。皆さん体調管理大丈夫ですか?梅雨明け宣言はまだかな?こんな日々はやっぱり水分補給

記事を読む

6月は…

北海道巡業にも行く。取り合えずは5日の奈良での試合が始まり。月10試合の予定。今月6月は我ながらよく

記事を読む

冬近し…じゃなく

もう冬。朝晩寒いよねぇ!今我が叔父さんが来てくれて庭手入れに勤しんでくれている。来年80になるのに元

記事を読む

新幹線にて帰京

シリーズ終了。肩痛が酷い中新幹線で帰京している。腰痛もある。シリーズ終了時にはいつも年齢を感じてしま

記事を読む

さいたま記録的寒さ

寒い訳だ!この寒さまだまだ続くようだね。部屋内の暖房が切れない。暖かい部屋を出ると寒い!温度差がかな

記事を読む

屋根の上で大暴れ?

本当はかなり小さい!

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「1965年」拝見しました。馬場さんのターニングポイントはスポーツ界のターニングポイントと同じだったのですね。大きな流れを感じてしまいます。悪い癖で申し訳ございませんが、興味深いお話は根掘り葉掘り聞きたくなってしまいます。もし機会がありましたら綴って頂きます様、よろしくお願い致します。今年は春が早く訪れるのでしょうか。季節の変わり目に体調を崩してしまいません様にご注意願います。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8ミリフィルム

1977年から約10年間撮影していた懐かしい8ミリフィルムが見つかった

感染列島

人混みが怖い?電車内が満員だとやはり怖い!ホテルの従業員は皆マスク着用

狂乱の20年代

100年前の1920年代、ローリングトゥエンティとアメリカでは呼ばれて

ドキュメンタリー番組

ありがたいことに私のドキュメンタリー番組をBSTBSが3月14日(土)

院内感染に注意

予約しても1時間待ち。患者多し!マスクはしているが咳してる患者ばかりが

→もっと見る

PAGE TOP ↑