*

7回忌

公開日: : 最終更新日:2015/06/14 ブログ

三澤光晴が亡くなって6年。いろいろ想い出がある。1990年代。三澤ら四天王が大活躍した頃が全日本プロレスにとっても(今のところ)一番良き時代であった。年7度の日本武道館大会が常に超満員になってくれた。年20度以上の後楽園大会は選手にまでチケットが回らないほどの札止め状況が続いた。地方大会も熱気が凄かった。札幌大会、大阪大会の大会場では2日連続興行を打った。よく入ってくれた。先ほども書いたが四天王の活躍に依るところが大だが、やはり三澤光晴の存在は抜きん出ていた。全日本を盛り上げようとする若きエースとしての責任感にあふれ常にハードな試合を観客に提供していた。鶴田戦、ハンセン戦、四天王同士の試合…。すべて名勝負になった。私も30代から40代。三澤とは何度も対戦した。コーナートップからのエルボーパットを食らってリング上でぶざまに失神させられたこともある。4対4のサバイバルタッグマッチでは1時間を超える試合時間となった。熱狂的な観客の声援で試合後は心地よい疲れが残った。還暦を過ぎた今では無理なこと
(笑)。プライベートでは結構一緒に飲みいった。亡くなる3、4ヶ月前か?偶然銀座の馴染みのクラブで会った。お互い驚いて顔を見合わせた。連れがいたのであまり話しもしなかったが。「元気そうじゃないか?」「そうでもないです」「少し太ったな」「ストレス太りです…(笑)」寂しそうな苦笑いが忘れられない。90年代を駆け抜けた我が戦友であった。6月13日か…。47歳を迎えるほんの少し前だったんだな。

関連記事

光陰矢の如し

時は遠慮なく過ぎて行く。10年20年なんて本当アッというまだ!誠に光陰矢の如しである。これからの10

記事を読む

令和の御代になっても

御代、みよと読む。ガラケーの携帯で検索しても出てこない!(笑)本日から令和の時代なんだね。この時代も

記事を読む

四ッ谷散歩

西念寺、服部半蔵の墓。近くに家康の長男信康の供養塔もあり。まさに初夏の日差し。腰痛ながらよく歩いた(

記事を読む

この期に及んで

突然の腰痛!歩けないほどではない。痛痺れというか、腰から両足にかけて。原因は?歩き疲れ?それはない(

記事を読む

オリンピック

リオ大会、日本選手頑張ってるねぇ〓メダル獲得ダッシュ、それぞれ思い入れがあると思うけど皆さんは何が印

記事を読む

30 March, 2019 15:28

記事を読む

異常と正常

定期検診の結果。あっちこっちに異常あり!仕方ないわな(笑)。だけど、これだけ酒飲んでるのに肝機能は正

記事を読む

後半突入

今年も半分過ぎた。この半年いろんなことがあった。馬場元子さんが亡くなっていたことは大きなショックだっ

記事を読む

多感な時期

要するに十代の頃、それも中学生の頃かな。マセタガキだったか(笑)。もっとも高校は男子校でレスリングと

記事を読む

ギタリスト打田さん

わざわざ自宅まで来てくれた。飲み仲間でもあり友人でもある。お互い万全の体調ではないのに酒を呑み呑み慰

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    三沢選手のお話拝見しました。沢山の試合観戦させて頂きました。新団体を立ち上げた時は驚きました。訃報を耳にした時は信じられませんでした。心からご冥福をお祈り致します。
    プロレスラーの皆様、スタッフの皆様、どうか万全の準備で試合に臨んでください。よろしくお願い致します。

  2. ルター レンジ より:

    日刊スポーツの記事、ミスタープロレス天龍源一郎曰く
    「ざっくばらんに言えば、プロレスの申し子。三沢は上手で武藤はうまい。言葉としては同じだけど、ニュアンスでね(微妙に違う)」
    三沢は具象画、武藤は抽象画と理解しました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MRI検査結果

変形性腰椎症と腰椎椎間板ヘルニア。ってことのようで。道理でここ2ヶ月ば

後楽園へ

電車にて東京へ。甥っ子が試合バッグを持ってくれる。本日の試合は8人タッ

当たり前に感謝

普通に歩けることに感謝。目が見えること、喋れること、味覚があること…当

予期せぬこと!

突然だった。昨夜六本木の居酒屋で食事後立ち上がったら左足首に違和感を感

昔書いた小説

もう10年以上前か。代々木のマンションで暇を見つけつて時たま書いていた

→もっと見る

PAGE TOP ↑