*

7回忌

公開日: : 最終更新日:2015/06/14 ブログ

三澤光晴が亡くなって6年。いろいろ想い出がある。1990年代。三澤ら四天王が大活躍した頃が全日本プロレスにとっても(今のところ)一番良き時代であった。年7度の日本武道館大会が常に超満員になってくれた。年20度以上の後楽園大会は選手にまでチケットが回らないほどの札止め状況が続いた。地方大会も熱気が凄かった。札幌大会、大阪大会の大会場では2日連続興行を打った。よく入ってくれた。先ほども書いたが四天王の活躍に依るところが大だが、やはり三澤光晴の存在は抜きん出ていた。全日本を盛り上げようとする若きエースとしての責任感にあふれ常にハードな試合を観客に提供していた。鶴田戦、ハンセン戦、四天王同士の試合…。すべて名勝負になった。私も30代から40代。三澤とは何度も対戦した。コーナートップからのエルボーパットを食らってリング上でぶざまに失神させられたこともある。4対4のサバイバルタッグマッチでは1時間を超える試合時間となった。熱狂的な観客の声援で試合後は心地よい疲れが残った。還暦を過ぎた今では無理なこと
(笑)。プライベートでは結構一緒に飲みいった。亡くなる3、4ヶ月前か?偶然銀座の馴染みのクラブで会った。お互い驚いて顔を見合わせた。連れがいたのであまり話しもしなかったが。「元気そうじゃないか?」「そうでもないです」「少し太ったな」「ストレス太りです…(笑)」寂しそうな苦笑いが忘れられない。90年代を駆け抜けた我が戦友であった。6月13日か…。47歳を迎えるほんの少し前だったんだな。

関連記事

平塚の夜

平塚の夜、我が社の営業社員共々(株)サンライフの高橋さんに御世話になった。ビール、焼酎、海の幸、そし

記事を読む

いよいよ佳境

全日本シリーズは本日博多で最終戦。三冠戦、世界タッグ戦をやる。いよいよ佳境だ。在宅の我は28日の引っ

記事を読む

弥生の月

3月となった。春である。今年平成27年も早2ヶ月過ぎた。61歳の我もなんとか生き抜き日々旨い酒を呑ん

記事を読む

食欲の秋

秋らしい気候となった。 秋刀魚の塩焼きで一杯〓が旨い季節だ。むろん秋刀魚の刺し身もいいけどね。友人

記事を読む

雨降る寒い夜

四ッ谷小鉄で馴染み客との忘年会。5千円で呑み放題食べ放題。気楽で愉しい一夜。私を含め殆んどが風邪ひき

記事を読む

大晦日

埼玉に居を移して約半年、とうとう大晦日を迎える。早いもの。後何時間かで2016も終わるんだもんなぁ。

記事を読む

やはり帰りは

新大阪より新幹線で帰京。試合は6人タッグ。藤波選手との初遭遇。同年代、刺激を受ける。お互い腰痛持ちだ

記事を読む

風邪引きさん

至る所に風邪引きさん多し。気を付けなきゃね。なんと言っても我々は身体が資本!まことに至る所にマスク姿

記事を読む

ホッとしている

馬場さんの追悼大会が盛大に終わり、ホッとしている。随分様々なレスラーが出場したもんだ(笑)。とにかく

記事を読む

勝手に酒解禁

本日昼から我が妹は亡き夫、私にとっては義弟の故郷である新潟県新発田市に甥っ子2人と共に向かった。今日

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    三沢選手のお話拝見しました。沢山の試合観戦させて頂きました。新団体を立ち上げた時は驚きました。訃報を耳にした時は信じられませんでした。心からご冥福をお祈り致します。
    プロレスラーの皆様、スタッフの皆様、どうか万全の準備で試合に臨んでください。よろしくお願い致します。

  2. ルター レンジ より:

    日刊スポーツの記事、ミスタープロレス天龍源一郎曰く
    「ざっくばらんに言えば、プロレスの申し子。三沢は上手で武藤はうまい。言葉としては同じだけど、ニュアンスでね(微妙に違う)」
    三沢は具象画、武藤は抽象画と理解しました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上野駅終電間近

なんだこの混みようは!それも酔っぱらいばかり!我もそうだが(笑)。グリ

東京へ

猪瀬さんと待ち合わせ。勿論日帰り。一昨日同様良い酔い気分で帰宅する予定

東京へ

打田さんと待ち合わせ。本日青木のタイトル奪取の祝勝会のはずであった。当

2000万?

老後に必要な金額らしい。その百分の1しか預金がない!(笑)65歳なのに

どうして青木が…

承服できない!何ゆえに今青木がいなくならなければならないのか?チャンピ

→もっと見る

PAGE TOP ↑