*

7回忌

公開日: : 最終更新日:2015/06/14 ブログ

三澤光晴が亡くなって6年。いろいろ想い出がある。1990年代。三澤ら四天王が大活躍した頃が全日本プロレスにとっても(今のところ)一番良き時代であった。年7度の日本武道館大会が常に超満員になってくれた。年20度以上の後楽園大会は選手にまでチケットが回らないほどの札止め状況が続いた。地方大会も熱気が凄かった。札幌大会、大阪大会の大会場では2日連続興行を打った。よく入ってくれた。先ほども書いたが四天王の活躍に依るところが大だが、やはり三澤光晴の存在は抜きん出ていた。全日本を盛り上げようとする若きエースとしての責任感にあふれ常にハードな試合を観客に提供していた。鶴田戦、ハンセン戦、四天王同士の試合…。すべて名勝負になった。私も30代から40代。三澤とは何度も対戦した。コーナートップからのエルボーパットを食らってリング上でぶざまに失神させられたこともある。4対4のサバイバルタッグマッチでは1時間を超える試合時間となった。熱狂的な観客の声援で試合後は心地よい疲れが残った。還暦を過ぎた今では無理なこと
(笑)。プライベートでは結構一緒に飲みいった。亡くなる3、4ヶ月前か?偶然銀座の馴染みのクラブで会った。お互い驚いて顔を見合わせた。連れがいたのであまり話しもしなかったが。「元気そうじゃないか?」「そうでもないです」「少し太ったな」「ストレス太りです…(笑)」寂しそうな苦笑いが忘れられない。90年代を駆け抜けた我が戦友であった。6月13日か…。47歳を迎えるほんの少し前だったんだな。

関連記事

やっぱり想定外(笑)。

眼科に行くとなんといつもの先生早退しておらず!早退とは!体調崩したらしい。新たな眼科医はおばさん。話

記事を読む

旗揚げ戦

1972年10月21日、町田市体育館で全日本プロレスは旗揚げ戦を行なった。土曜夜8時の生中継。18歳

記事を読む

明石にて

馬場さん御夫妻の墓参り。大隅さん付き合ってくれる。天気良好なり〓

記事を読む

11月14日は

日本プロレスの父力道山の誕生日である。…と力道山長男の故百田義浩さんに聞かされたことがある。その義浩

記事を読む

雨降れぱ

…腰痛が一段と酷くなる。腰痛との長い付き合い。もうかれこれ35年以上か。背中も痛いので湿布を貼るのに

記事を読む

阿修羅原死去

昨日新聞社より連絡入った。68歳だった。もう25年以上会っていなかった。最近の若いプロレスファンの人

記事を読む

終戦の日

平成最後の終戦の日だね。終戦から73年。まだ73年…もう73年…、様々な想いが交錯していよう。全国各

記事を読む

夢のタッグチーム

外国人トップレスラー同士の夢のタッグチーム。日本プロレス時代、力道山、ジャイアント馬場の全盛の頃、シ

記事を読む

東京の夜

昨夜は長年の友人保正さんと銀座で飲んだ。オジサン2人きりの愉しい飲み会(笑)。保正さんも独身だが私の

記事を読む

DVD映画三昧

昨日は終戦記念日。それで部屋飲みしながらDVD映画を観る。クリントイーストウッド監督作品「父親たちの

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    三沢選手のお話拝見しました。沢山の試合観戦させて頂きました。新団体を立ち上げた時は驚きました。訃報を耳にした時は信じられませんでした。心からご冥福をお祈り致します。
    プロレスラーの皆様、スタッフの皆様、どうか万全の準備で試合に臨んでください。よろしくお願い致します。

  2. ルター レンジ より:

    日刊スポーツの記事、ミスタープロレス天龍源一郎曰く
    「ざっくばらんに言えば、プロレスの申し子。三沢は上手で武藤はうまい。言葉としては同じだけど、ニュアンスでね(微妙に違う)」
    三沢は具象画、武藤は抽象画と理解しました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本日はまた!

暖かい!なんなんだ!昨日と打って変わってのこの気温差は!誰かに文句を言

本日秋晴れ

だが寒いほど!前日との気温差、これじゃ不整脈が暴れだすわけだ!何もする

たかが前転で!

前回転のことだが、昨日試合前のリング上で1回やって立ち上がった時になん

夢のタッグチーム

外国人トップレスラー同士の夢のタッグチーム。日本プロレス時代、力道山、

人生百年時代?

何十年前は人生五十年って言われていた。日本は世界一の長寿国ɵ

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑