*

また馬場さんの話

公開日: : ブログ

実際、馬場さんはアメリカに残るか日本に戻るかでかなり迷ったらしい。まだキャリア4、5年の新米レスラー。だが、外国人レスラーを上回る大きな身体、そしてトップレスラーと対等に戦える実力とセンス。あの時代、コワルスキーと45分いっぱい戦えて内容を魅せられる日本人レスラーは馬場さんだけだったはず。アトキンスに徹底的に鍛えられたからスタミナが凄かった。冬にカナダのアトキンスの自宅そばで雪の中での腿上げダッシュは本当キツかったとよく言っていた。試合のスケジュールをこなしながら特訓に休みはなかったと言うんだからこたえたろうな。お陰でスタミナはメチャクチャついた。歴代、30分、45分、1時間の時間いっぱいの試合数は馬場さんが一番だろう。あの大きな身体でねぇ。20代の馬場さんは凄かったんだなぁ。だけど最初の凱旋帰国時の半年はあまりいい思い出はないようだ。リング上では大活躍だったが、リング外となると先輩後輩の縦の世界。嫉妬やら何やらいろいろあったと聞く。再渡米した時したはホッとしたようだ(笑)。だからまた日本
に戻るってことにそれほど気乗りはしなかった。アメリカで十分食っていける。各州の大物プロモーターはすぐにでも好条件で契約したがっている。今さら嫉妬の渦巻く日本マットに戻ることはあるまい。…しかし、様々な状況下帰国することになった。いざ帰国してみると周りの態度が豹変している。自分に対する気の使い方が半端ない。嫉妬のしの字もない。当時、豊登と並ぶエース扱いとなったけど観客動員力ではジャイアント馬場がNo.1。結局は力道山亡き後の日本プロレス界は馬場さんに頼るしかなかったのだ。馬場さんが日本プロレスのチャンピオン時代、観客動員もテレビ視聴率も力道山時代に遜色なかった。本当にあの時、馬場さんが帰国してなかったら日本プロレスマット界はどうなっていただろう。馬場さん、そしてデストロイヤーは力道山以後の日本プロレス界の大恩人だと思うなぁ。

関連記事

目の定期検診

白内障の手術をして1年近い。時のたつのは早いもんだが、検診は定期的にやっている。目は大切だからね。ま

記事を読む

25日後楽園から

再び我がTシャツの話。25日後楽園大会から販売される。どうか会場に来られる皆さんヨロシク〓(笑)もち

記事を読む

銚子大会行き帰り

行きは和田京平ちゃんの車で会場入り。帰りは銚子駅からの高速バス。行く先は東京駅。だいたい2時間のバス

記事を読む

謹賀新年

毎年のことながら、まことにあっさりと年が明けた。平和に年が越せたことに感謝だな。日々寒いがね。ま、冬

記事を読む

30 March, 2019 15:27

記事を読む

歯の検診

歯医者にて歯のチェック。年齢的に歯、目、…なんとかっていうけど。目も2月に白内障の手術をしたしなぁ。

記事を読む

フロリダにて

1981年頃かな?リックフレアーが初めてNWAベルトを巻いてた頃だな。私も大仁田も共に若い〓(笑)

記事を読む

レスラーの知名度

今は世界的に知名度の高いプロレスラーとなるとホーガン、ロック…かなぁ。日本では健介、大仁田、長州、武

記事を読む

狂乱の20年代

100年前の1920年代、ローリングトゥエンティとアメリカでは呼ばれていた。狂乱の時代、別名ジャズエ

記事を読む

スマホでブログ

アナログ人間の私がこの度新たにガラケーからスマホに変えた❗️まぁ大変なこ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    馬場さんのお話、拝見しました。数多い選択肢から日本のプロレスを選んでくださったお陰で現在のプロレスが在るのかと。本当にありがたい事です。やっぱり少し怖いお話でしたので機会が有りましたら優しいお話をお願い致します。貴重なお話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全く急な事で

今月いっぱいの緊急事態延長のため、仕方ないんだがね。 5月16日大田大

立夏

五月晴れの青空で泳いでこその鯉のぼりなのに、この天候ではなぁ…。全日本

八十八夜

本日より五月。そして八十八夜。見事な五月晴れ❗þ

小雨降る1日

本当は後楽園で試合のはずであった。コロナ禍で感染者数増加のおり、高齢者

酒に罪はないものを

飲んでる人の所作か?やはり路上飲みが原因だろう。居酒屋、バーでの酒類禁

→もっと見る

  • 2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑