*

馬場さんの話

公開日: : 最終更新日:2016/10/31 ブログ

前回のブログの続きだが、力道山の死後、馬場さんが日本プロレス界にいなかったら本当日本のプロレスはどうなっていただろうと考えると背筋が寒くなる思いだ。馬場さんは1964年当時、実際に10年間はアメリカマットで活躍しようと本気考えたようだ。その頃、まだ26歳だったから10年アメリカに居たとしても35歳の若さだ。「俺が若い時分のアメリカマット界は今なんかより盛況だったしなぁ。アトキンスとニューヨークからカナダあたりを回ってたら結構稼いだぜ。社長業なんかやって金の苦労もしなくてすんだんだがなぁ…」と苦笑いしながら話してくれたことを思い出す。力道山が亡くなる年の第5回ワールドリーグ戦に馬場さんは1度帰国した。開幕戦で外国人エースのキラーコワルスキーと45分時間切れ引き分け。アメリカナイズされたスケールの大きなプロレスを見せいっぺんに力道山と並ぶ人気を獲得した。まだ25歳の若さながら知名度は力道山に次ぐものになっていく。そして半年日本マットで活躍して再びアメリカへ。2度目の渡米の2ヶ月後に力道山がこ
の世を去った。絶対的君主の力道山が亡くなり日本のプロレス界は一体どうなるのか?日本同様アメリカマット界でも人気レスラーとなっていた馬場さん。アメリカと日本でジャイアント馬場の取り合いとなったのは間違いあるまい(笑)。

関連記事

ウオーキング

青空に映える神宮絵画館。まさに秋晴れ。こんな日は散歩に限る〓昨夜の酒も抜き出さなきゃ〓(笑)

記事を読む

馬場さんの銅像を

生まれ故郷の新潟県三条市に馬場さんの銅像を作って欲しいと以前から思っていた。5年前だったか三条市の名

記事を読む

湿気多し

ジメジメするねぇ。台風が近づいて来てるんだね。先頃の猛暑に比べりゃ幾分過ごし易いながら、このジメジメ

記事を読む

近くのスーパーで買い出し

スーパーの時もありゃコンビニの時もある。時たまだが声をかけられる時もある。まるっきり知らない人。スー

記事を読む

プロレスファンはつらいよ

現在、日本にプロレス団体はどのくらいあるんだろう?かなりの団体数だよね。弱肉強食、各団体趣向を凝らし

記事を読む

弥生月

晴天の中3月となったが、まだまだ寒い!風邪それから花粉症に要注意だ。閏年如月2月の最終日の昨日は一歩

記事を読む

メンテナンス

要するに身体のメンテナンス。明日は六本木bar「hitomi」にて1日店長。20日は銀座博品館で政治

記事を読む

これから東京へ

後楽園で試合。やはりホテルで1泊。試合後の埼玉帰宅がキツい状況となった。そういつもいつも宿泊となれば

記事を読む

ディファ有明

2000年7月の時、この会場のこけら落としに川田と試合をした。もう18年たつんだなぁ…。まだ46歳。

記事を読む

あずさ号

あずさ号で新宿から八王子に向かう。特急だから八王子まで30分で行ける。それから2度ほど乗り換えの予定

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    馬場さんのお話、拝見しました。日本とアメリカの両方で良い師に恵まれ環境も整っているのであれば、どちらを選択されていても…やっぱり馬場さんとお話してみたかったです。今回は少し怖いお話でしたので、次回は馬場さんのお茶目な一面を(怒られ無い程度に)綴って頂きたく存じます。貴重なお話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ジーパン

冠婚葬祭以外はほとんどがジーパン穿いてるな。60代なってもね。これから

代々木住まい

1983年8月に私はアメリカ遠征から帰国した。そして、その年の9月から

東京1泊

そして、これから上野駅より帰宅する。昨夜は試合後、西村の知り合いの関さ

東京へ

本日も後楽園で試合。8人タッグらしい。私の出番はあるだろうか?(笑)そ

いつまで続く

梅雨の話。随分長い梅雨空が続いている。早い時期に猛暑が来るんじゃないか

→もっと見る

PAGE TOP ↑