*

出会いと別れ

公開日: : ブログ

60を過ぎりゃ出会いよりも別れが多くなる。それも死に別れがね。こっちが生きてる間はずうっと同じように生きてくれてるもんだと勝手に思い込んでしまう。「じゃまた会いましょう」と軽い別れが今生の別れになることだってある。あるんだよね…。長く生きてりゃ出会いは多くある。人と人との出会いは勿論縁だが短期間の付き合いとなりゃ数えきれない。若き頃に知り合い、今だにお付き合いしてくれてる長いご縁の人もいる。有り難いもんだな。死に別れはいつもツラい。若い時分は死は他人事の気さえした。死ぬなんて遠い先のこと。自分は若い〓まだまだ時間はたっぷりある〓ってね。ところが50、60となれば周りがだんだん居なくなる。いつでも会えてた人が思い出だけを残し永遠に会えなくなる。寂しさが募る。我が身に老いの実感が忍び寄る。遠い先だったものが身近に迫って来る。レスラーは肉体を見せる仕事だから特に衰えが顕著にわかる。若き頃のハツラツとした写真と現状の自分を鏡で見比べるとね(笑)。女性との別れ?それは生き別れが多い。よく振られたなぁ
(笑)。64歳になっても出会いを求めてトキメキたいから今だによく振られる(笑)。少しは年を考えりゃいいんだけどねぇ。人は1人では生きていけない!と考えているんでね。縁があって誰と出会えるか?結局いずれは皆に別れが来る。それまで古き出会いを大切にして新たな出会いを求めようじゃないか〓それがいい出会いであってほしい〓

関連記事

我が誕生日

ついに61歳になった。この年になっても友人らからおめでとうメールが来る。照れくさいながら嬉しいもんだ

記事を読む

鶴田さんの身体能力

あのジャンボな体格でバネはあったしスタミナ、パワー…、身体能力の凄さは凄まじいものだったな。…突如宇

記事を読む

全日本プロレス流

昨夜の後楽園大会の2大メーンエベント、世界タッグ戦とジュニアリーグの決勝戦は素晴らしい内容のある試合

記事を読む

足を踏まれた

本屋でね。お客さんの相手をしていたちょっと太めの女子店員に。むろん悪気で私の足を踏んだわけじゃないん

記事を読む

東京より帰宅

グリーン車両に乗るも深夜近くだと結構満席になる。平日だぜ!私を含め酒呑みの帰宅者が多い。嫌だなぁ、酒

記事を読む

さぁ新潟

昨日は高松から名古屋で6時間。本日はその名古屋から新潟。たぶん7時間コース。それで今朝8時の出発とな

記事を読む

勝手に酒解禁

本日昼から我が妹は亡き夫、私にとっては義弟の故郷である新潟県新発田市に甥っ子2人と共に向かった。今日

記事を読む

鉄人ルーテーズ

私がプロレスラーになろうと思ったきっかけの写真。小学校6年の時に母親から「あんたも鍛えれば、こんな身

記事を読む

我が青春の70年代

70年代初頭から私はプロレスラーになりたい気持ちが強かった。1971年、高校3年の私は遅ればせながら

記事を読む

湿気多し

ジメジメするねぇ。台風が近づいて来てるんだね。先頃の猛暑に比べりゃ幾分過ごし易いながら、このジメジメ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「出会いと別れ」拝見しました。前回のご縁のお話と同じく不思議なものですね。こちらも何かのきっかけから始まるものかと。怖い別れを防ぐ事は出来ませんが、嬉しい出会いに恵まれたいものですね。雨の日に考えるきっかけを頂きまして、どうもありがとうございます。天気が回復してくれる事を願います。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. ももちゃん より:

      渕 正信 選手へ
     これからも応援しています。
    「ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ」
    が、復活してほしいです。
    渕さんは、まだ、やってないですよね。
    大仁田厚さんと、試合する気は、
    全く、無いですか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4月になっても

最初の予想では4月頃には終息に向かうのでは?の希望的観測があったが、コ

志村さんが…

あの志村けんさんが亡くなったことを知りショックである。それもコロナウイ

世界的自粛

不要不急の外出を自粛。大変なご時世となった。コロナウイルス世界的に蔓延

両親の墓参り

春分の日、強風の中、我が両親の墓参り。今年は父の17回忌。78歳だった

手製のマスクで(笑)

ない物はない!(笑)仕方ないよなぁ。キッチンペーパーで作ったもの。菌を

→もっと見る

PAGE TOP ↑