*

縁(えん)

公開日: : ブログ

ゴールデンウィーク終わったけど、まぁ暑くなったり寒くなったりで体温調節というか体調管理が大変だよね!こういった時に風邪ひいたりするんだよな。気をつけよう。さて縁だよ。なんにしても縁なんだよ。人と人との縁はむろんのこと。私の場合、1冊の本、雑誌、それも古本屋で買ったプロレス雑誌が縁となって、このプロレスの世界に入ったんだもんな。1965年7月号のプロレス月刊誌の中の小さな白黒写真、それはチャンピオンベルトを巻いたルーテーズの全盛期の姿。逆三角形の上体のなんたる格好良さ〓格好いいなぁ〓と憧れたね。そして母の一言。「兄ちゃんも身体鍛えたら、こんな身体になるんやない?」。本当何気ない根拠も全くない軽い一言。小学校6年だった私は純粋に母の一言を信じたね(笑)。それから毎朝早起きしてランニング、学校から帰ったらエキスパンダー(古いねぇ)運動と腹筋運動。少しでもルーテーズの格好いい身体に子供ながら近づきたかったんだろうなぁ。将来の夢を持ったんだな。1冊の本でね。思い返せば、その古本屋のプロレス雑誌が縁だ
った。半世紀以上昔のこと(笑)。そして人との縁。1966年、ルーテーズ来日。ジャイアント馬場と対戦。いくら馬場でもルーテーズには勝てないだろう。あの当時ルーテーズはチャンピオンではなかったがファンならずとも世界一のプロレスラーだと認められていた。そのルーテーズに勝ったことでいっぺんにジャイアント馬場のファンになった。プロレスラーになりたいと真剣に考え始めた。それから10年もたたずにプロレスラーになれた。それもジャイアント馬場の会社で。馬場さんの還暦試合の対戦相手となり、結果的の最後の対戦相手にもなった。今から半世紀前、プロレスはテレビ中継があり、それも視聴率が高いゴールデンタイムであった。ジャイアント馬場のファンは何千万といたはずだ。私は遠く離れた北九州の一ファンだったんだ。それがなぁ…、すべては1冊の雑誌との縁がスタートだったなぁ。

関連記事

まさに夏日

とにかく日々暑いねぇ!本日は後楽園で昼間の試合。電車での行き帰り。汗だく!余分に着替えが必要。水分補

記事を読む

オフのスケジュールが…

飲み会でドンドン埋まっている(笑)。喜ばしいことであるが体調管理は大丈夫かい?(笑)昼はコンビニ買い

記事を読む

我が誕生会

毎年この時期、我が誕生パーティを代々木にて開いてもらっている。2001年に友人であった故龍渕さんが開

記事を読む

また車中撮影

北海道ならでは〓と思って(笑)。帯広から釧路へ。

記事を読む

いよいよ4月

今年も4分の1が終わる。桜満開の季節、本格的春の到来。3月は主に送別の月、4月は新たな出会いの月とも

記事を読む

3.11

あれからもう6年になるんだね。東日本大震災。私はあの日東京代々木に居た。あの尋常でない揺れに慌てふた

記事を読む

白河大会

さすがに白河は寒い!だけど地元の人にとってはまだまだゆるい寒さだそうだ(笑)。こんな寒い夜、裸で働く

記事を読む

チャンピオンカーニバル

第1回は1973年の春。キャピタル東急ホテルでのレセプションに私はいた。まだ19歳のピカピカの新弟子

記事を読む

もう2月

1ヶ月たったらもう3月。次はもう4月…。1ヶ月なんて早い早い。あっさり64歳だからなぁ(笑)。2月に

記事を読む

最終戦長岡

新幹線での行き帰り。試合後すぐに帰京。腰痛より肩凝りが心配。異常に凝っている。最終戦終了で良かった良

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「縁」拝見しました。仰る通り、あの時に兄が週刊プロレスを買わなかったら試合観戦する事は無かったと思います。おかげ様で人生の損失を防ぐ事が出来ました。何かの行動のきっかけに成るご縁は不思議なものですね。ご縁をきっかけに行動させてもらえた事に感謝しております。気温も湿度も安定していません。何卒、風邪などお召しになりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新たな出会いと経験

猛暑日が続くねぇ。私は馬場元子さんの追悼会とBSTBS「幸せ昭和食堂」

まさに夏日

とにかく日々暑いねぇ!本日は後楽園で昼間の試合。電車での行き帰り。汗だ

番組続編

「幸せ昭和食堂」の続編が決定。8月8日と15日(水)夜11時半BSTB

川田とのトークショー

久々の川田とのトークショー。川田のトークの上手さに驚感〓おかげで愉しい

違った人生

過去において、あの時ああしていたらどんな人生を送っていたろう?なんて想

→もっと見る

PAGE TOP ↑