*

髭談義

公開日: : 最終更新日:2018/06/16 ブログ

かなり昔のことだが、馬場さんと鶴田さんにレスラーの髭について話をしてもらったことがある。昔のトップレスラーは悪役でも髭をはやした奴は殆んどいなかったということだ。「ブラッシーにしてもコワルスキーにしてもハンスシュッミットにしてもそうだった。ブルーザーだってエリックだってキニスキーやバレンタインやクラッシャーも髭はなかった」ってね。むろん正統派のテーズ、ガニア、オコーナー、ロジャースらも髭ははやしてなかったな。ゴッチが鼻髭はやしたのは50近くなってから。トップレスラーとしてはシークとモンスーンあたりからだろうか?髭をはやしだしたのは?タツーなんて昔は御法度だったんじゃないかな。これもレイスあたりからかな?よくわからない。あくまでもトップレスラーに限っての話。ともかく、アメリカにしても日本にしてもプロレスラーのステータスは高かった!という話を馬場さんがしてくれたんだよね。アメリカのレスラーが来日する時はスーツかブレザー着用してタラップを降りるようにと力道山時代からお達しがあったようだしね。1
950年代から60年代にかけての話。馬場さんは巨人軍出身なので特にスポーツマンは普段は紳士たれ!って思いだったんだろうな。最低限髭は毎日剃れ!無精髭なんてもってのほか!だったのかな?(笑)今のご時世じゃ考えられない(笑)。髭とタツー結構いるもんな(笑)。馬場さんはアメリカ遠征時、ほんの少しの期間だけ東郷の命令で髭をはやしたことがあるようだけどアトキンスが反対して剃ったらしい(笑)。私もアメリカ遠征時、一時はやしたことがある。似合ってなかった(笑)。たしかにそうだなぁ…、力道山、馬場、猪木、坂口、鶴田…と日本でも有名どころレスラーは髭はない。王、長嶋の無精髭姿は私らの年代では考えつかない。今朝、髭を剃っている時、このことを思い出した。

関連記事

新たな出会いと経験

猛暑日が続くねぇ。私は馬場元子さんの追悼会とBSTBS「幸せ昭和食堂」の収録ロケで3日間東京に「滞在

記事を読む

いよいよ4月

今年も4分の1が終わる。桜満開の季節、本格的春の到来。3月は主に送別の月、4月は新たな出会いの月とも

記事を読む

ブルーノサンマルチノ

ニューヨークの帝王、或いはマジソンスクエアガーデンの帝王。1960年代、70年代、アメリカマット界で

記事を読む

25 November, 2015 11:24

先日新宿の漱石山房公園に行って来た。夏目漱石は大正5年に49歳で亡くなるまでその地に9年間居た。「三

記事を読む

車中撮影

ブレてはいるが、広々とした北海道の大地。雨があがって本日上天気〓まさに北海道だなぁ…ってな感じ。

記事を読む

1982年プエルトリコ

ブッチャーと。プエルトリコマット界では常にトップヒール(悪役)であった。試合後はよくバーに出掛け、お

記事を読む

旧き良き強豪レスラー

力道山と戦ったトップレスラーで今だ健在なのはたぶんデストロイヤーとドンレオジョナサンぐらいか?この2

記事を読む

またまた1日店長

明後日30日土曜日、六本木hitomiにて再び1日店長をやる。8時半頃からかな?愉しく呑みましょう〓

記事を読む

イブの日に

明治神宮参拝。ちょっと早めだがな(笑)。まぁ外国人ばかり。年寄り同様外国人も結構早起きだねぇ(笑)。

記事を読む

我が家そばの桜トンネル街道〓

散歩道。まさに今が満開〓

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「髭談義」拝見しました。題名の通り、興味深いお話ですね。似合う・似合わないではなく身だしなみとして考えられていたとは意外な一面でした。今はマスクにもたてがみが着いていたりしますので色々な格好が出来る時代かと。とても興味深いお話を綴って頂き、どうもありがとうございます。梅雨時期の不安定な天気が続きそうです。何卒お疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もう45年か…

本日4月22日は私が徳島県阿波池田の特設会場でプロレスデビュー戦を行っ

日の丸背負って…

高度成長期って云ったら、1960年代だろうなぁ。各分野のヒーローが多く

平成も……

後10日か。いよいよ令和になるんだね。4月なのにもはや初夏の装い。暖か

砧道場

1976年夏、目白から世田谷区砧に合宿所が移った。二階建ての一軒家。広

ゴッチ練習法のホンのさわり

カールゴッチの練習法は幾つかあるが、私がタンパで一緒によくやったのがト

→もっと見る

PAGE TOP ↑