*

また鶴田さんの話

公開日: : ブログ

鶴田さんは練習にしても合理的な面を取り入れていた。ヒンズースクワットだって何百回なんてやらない。両手にダンベル持ってのハーフスクワット。だいたい1セット50回くらいで2セットか3セット。リング上で軽めのバーベル持ち上げてのブリッジ練習。後はストレッチはよくやってたなぁ。合宿所の近くに砧公園があったからランニングもよくやった。むろん坂道ダッシュやおぶってのランニングもね。入門直後の4時間コースの練習から鶴田さんスタイルの練習に変わって練習時間が半分になったな。だがなぁ、キツさはあまり変わんなかったなぁ(笑)。殆んど休めなかったことを考えると鶴田スタイルの方がキツかったか?だけど時間的余裕はできたよね。馬場さんのスタミナも凄かったけど鶴田さんもまたスタミナあったよなぁ。本当タフだった。勿論練習、試合もそうだが、遊びの方でもねぇ(笑)。酒は殆んど飲まないけど…なんて言うか、とにかくよく遊んだ。鶴田さんは若くしてかなりの有名人だからスポンサーは結構いたねぇ。私も何度もご相伴になった(笑)。高級感溢れる
食事処に華やいだクラブ。鶴田さんはさすがによくモテた。飲めない鶴田さんの分まで酒を飲み、そして綺麗な女性の側ではしゃぐ若手時分の私。私の夜遊び魂に火が灯ってしまった瞬間であった。その火は40年過ぎても今だ灯ったままだ(笑)。困ったことなり…。試合、練習はともかくとして夜遊びに関しては鶴田さんのお供で私もタフになった(笑)。「若い時は2度とないんだよ、渕君。今はすぐに過去になる。な、プロレスラーになったおかげでいろんな人との出会いがある。他の仕事だと考えられないことなんだよ。本当に出会いが多いんだから。これは幸せなことだから、な、俺達は若く元気なんだから、仕事は一生懸命やる、遊びもまた楽しむ。若いうちだけだよ。40、50過ぎたらもうモテなくなるんだから…」だからだからとよく話した(笑)。懐かしい!本当懐かしい!

関連記事

後楽園大会

メインの世界タッグ戦は素晴らしい試合だった。チャンピオンチームの曙、吉江組は凄まじい肉弾攻撃力を発揮

記事を読む

さあ5月〓

いきなり初夏の陽気だねぇ。初夏というより真夏日って感じ?洗濯物はよく乾くだろう。早速エアコンフル稼働

記事を読む

オジサン4人

昨夜はオジサン4人で忘年会となった。片山さん、石原さん、大隅さんと私。片山さん馴染みの中野の鮨屋での

記事を読む

久々の試合ながら

試合後の深夜、いつもの腰痛!まぁそれほど酷くはないが、ホテルの部屋に戻ってカバンの中見たら、なんと湿

記事を読む

沖縄大会

28年振りの沖縄遠征。通算5回目の沖縄。やはり暖かい〓観光客も多い。4日5日の試合はシングルマッチ。

記事を読む

昭和29年

様々な風潮、出来事がありターニングポイントの年であった気がする。映画では「七人の侍」「ゴジラ」「君の

記事を読む

八王子大会

11月15日は八王子大会に出場する。天龍さんの引退試合は同日両国国技館で行われる。私は両国には出場せ

記事を読む

ライバル

あいつには負けたくない!自他共に認めるライバルがいることは幸せなことだね。互いに切磋琢磨できる。これ

記事を読む

Wcup決勝進出

4年に1度のWcup。熱狂してるねぇ。日本は決勝進出したから益々盛り上がりそう。実は私はあまりサッカ

記事を読む

手製のマスクで(笑)

ない物はない!(笑)仕方ないよなぁ。キッチンペーパーで作ったもの。菌を受け付けない為、内側に湿布を貼

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    鶴田さんのお話、拝見しました。昔、雑誌に掲載されていた練習風景の写真を思い出しました。鶴田さん考案の練習法だったのですね。時間が半分になるくらい内容が凝縮されている…本当に合理的です。時間を作る為には工夫が必要である事、今が大切と言う事、改めて認識しました。新しい事を勉強したいと考えていましたので自信を持って取り組みたいと思います。勝手ながら背中を押してもらえるお話でした。貴重なお話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。暦の上ではもう冬ですね。何卒お疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. オールドファン より:

    この数日懐かしい話が続いてますね。

    懐かしくもあり、間もなくに迫っている大仁田選手とのコンビで挑むアジアタッグ選手権。

    奇しくも挑戦翌日はお二人と共に若手三羽烏と呼ばれた園田選手の命日…

    きっと三人で両国を戦ってくれるんじゃないかとノスタルジックな期待感を持って楽しみにしています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

如月となったが

今年も1ヶ月過ぎたね。と言ってもこの1ヶ月大変であった。1月18日、い

美女

日帰りで東京へ。私としては珍しい。日帰りだからね。実は再び白内障かと。

この世に絶対とは?

かの作家池波正太郎先生が仰ってる通り人はいずれ死を迎えるってこと。それ

2時3分

正確には1954年1月14日の14時3分に私はこの世に生を受けた。生を

最終日

なかなか雨が降らずお湿りのない日々が続いているねぇ。本日1月13日は我

→もっと見る

  • 2023年2月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑