*

原田芳雄さん

公開日: : ブログ

昨夜「昭和食堂」の中で、伊勢屋さんでの収録の時、俳優原田芳雄さんが生前ここの天丼が大好物でよく贔屓にしていた話をしたが、チョイと補足を。昭和50年頃かなぁ、もう晩秋だったと思う。新宿のとある居酒屋にジャンボ鶴田さんとスポンサーの人と3人でいた。スポンサーの馴染み店で我々は奥のテーブル席にいた。その店へあの原田芳雄が友人らしき人と2人で入ってきた。白いシャツに赤いジャケット、そして長髪にサングラス。一目で原田芳雄だとわかり若き私は興奮した。つい半年前、映画館で彼が主演した「竜馬暗殺」を観ていたから。入店した原田芳雄は真向かいの奥にいる鶴田さんを見つけ、ちょっと見ていたが、そのまま我々の席に近付いてきた。サングラスを取って「鶴田さんですか。原田芳雄と言います」。あの渋い声だ〓たしかそんな感じの挨拶だったと覚えている。我々3人も立ち上がって恐縮しながら挨拶した。スポンサーの計らいで一緒に飲むこととなった。21歳の私は緊張と興奮。鶴田さんも同じ感じだったろう。原田さんはとても気さくな人であった。
「プロレスの人も我々俳優も同じ表現者ですよね。表現する方も観る方も人それぞれ。そうなると個性が肝腎。それがまた厄介(笑)」。酒は焼酎。結構呑んだ。強かったな。表現と個性って言葉が今だに印象に残っている。私がツマミにトマトを食べていると「大人になったらトマトなんて食べちゃダメだよ!」と叱る。「トマト嫌いなんですか?」「大っ嫌い!」(笑)。その後、もう1軒バーに行き、ピアノ伴奏で原田さんは生歌を披露してくれた。心底聞き惚れた〓我々は感激した。鶴田さんは「武田節」、私は「旅人よ」だったが、とてもじゃないがかないっこない!今から考えると顔から火が出るほど恥ずかしい!酒が入ってたとはいえ、よく原田さんの前で歌ったもんである(笑)。愉しい一夜であった。それから原田芳雄関連の情報誌など読むと何度も伊勢屋の天丼が大好物だと書いてある。1度は伊勢屋に行ってみたいもんだ。40年以上たってやっと夢が叶った。「昭和食堂」のおかげだねぇ〓あの晩秋の夜、「また近々飲みましょう」と別れたが結局は生涯ただ1度の出会いとなった 。

関連記事

晩秋か・・・

寒い寒い!久々の我がブログ。ここんとこナマケぐせが出てきた。この10月何かと忙しかった。まだ終わっち

記事を読む

酒を呑んだ翌日は?

60歳の呑兵衛に休肝日は必要であることがわかる。十分わかっている。わかっているけど…夜になるとアルコ

記事を読む

戒行寺

長谷川平蔵の供養碑。墓ではない。平蔵の父親の墓はあった。昨日はウォーキング。本日はストレッチするはず

記事を読む

大阪大会

我がプロレス人生40周年記念ファイナルとして同期の大仁田厚と30年振りにタッグを組んだ。金丸ウルティ

記事を読む

ご飯大好き〓

そうなんである。ご飯が好きなんだ。それも白米がねぇ。玄米とか五穀米とかいろいろあり栄養価がそれなりに

記事を読む

やはりプエルトリコにて

ドリーファンクジュニアと。たまに特別参戦で短期間プエルトリコに来ていた。当時ドリーはアメリカマット界

記事を読む

あと1ヶ月か…

早いもんだね。今日は11月30日。今年もあと1ヶ月だぜ。年をとればとるだけ時の流れが早く感じる。不思

記事を読む

昭和30年代

私は当時小学生時分。北九州に居た。和室二間のアパート。共同トイレ、共同炊事場、共同洗面所で部屋に水道

記事を読む

不便が当たり前

私の小学生時分、父の会社の社宅アパートに住んでいた。父、母、妹との4人家族で。9畳と6畳の和室の2部

記事を読む

何度も上京

ここんとこ結構東京に行っている。大宮までだったら、それこそ何度も。大方飲み会だが、たまには仕事ってこ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    昭和食堂の素敵なお話、拝見しました。正に一期一会の思い出かと存じます。番組が素敵なご縁を呼んでくれたのですね。素晴らしいお話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。是非とも続編が続きます様に願います。少しずつ春の気候になって参りました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この期に及んで

突然の腰痛!歩けないほどではない。痛痺れというか、腰から両足にかけて。

20日試合

試合4日前だが、体調は悪くない。特別良くもないけど、まぁ普通かなぁ。普

上野からの帰宅

夜電車で帰宅中。上野から。グリーン車両ほぼ満席。いつも通り、いい気分の

夏日だ!

ここ2、3日暑いこと!夏日だ!八十八夜が過ぎたんだからもう夏なんだがね

我が青春の70年代

70年代初頭から私はプロレスラーになりたい気持ちが強かった。1971年

→もっと見る

PAGE TOP ↑