*

フレッドアトキンス

公開日: : ブログ

古いプロレスファンなら知る人ぞ知るジャイアント馬場さんのアメリカでの師匠。フレッドアトキンス。現役として来日したのはただ1度のみ。昭和38年の第5回ワールドリーグ戦参戦の時だけ。今じゃそんなに知られてないだろうなぁ。プロレスの試合ではあまりショー的要素はなく練習に関しては全く妥協がなかったらしい。アトキンスはカナダ人でトロント近辺に住んで居て馬場さんは若き頃、その近くのモーテル住まい。試合がある時ない時関係なくアトキンスに猛烈にしごかれたようだ。アメリカ遠征前、力道山道場で毎日スクワット3千回の猛練習を耐えきった馬場さんですらアトキンス流トレーニングはかなり堪えたみたいだ。特に雪の中での腿上げダッシュはキツかったと言っていたな。アメリカ初遠征から帰国した頃の馬場さんの太ももの逞しさは本当凄いよ!猪木さんの師匠はカールゴッチ。ゴッチはストロングスタイル探求者として有名だけどフレッドアトキンスはゴッチに負けない頑固者。妥協を許さない点ではアトキンスはゴッチの先輩にあたる。私は1983年春、ト
ロントで試合をやった。1試合目のシングルマッチ。相手はジョニーリベラ。その時のレフェリーはなんとフレッドアトキンス〓私は感激した。なんと言っても馬場さんの師匠である。貫禄のレフェリングに圧倒された。試合後、挨拶に行った。もう60代だったが、鋭い眼力は流石であった。「ババのことを何か変なことを言う奴がいたら今でも俺が相手になってやる!俺の練習に最後まで付いて来たババが弱い訳がない!」と言ってくれた。リベラとは20分時間切れ引き分けだったが、ただ1度のアトキンスのレフェリーでの試合。私にとって貴重な経験だった。「ババは何度か根をあげそうになったが最後まで俺の練習に付いて来た。あのガッツはたいしたもんだ。あの大きな身体を鍛えに鍛えぬいたんだ!大概の奴には負けない!」。アトキンスとの練習が馬場さんに大いなる自信を与えたことは間違いないようだ。アトキンスは馬場さんのアメリカでのマネージャー及び用心棒的存在であった。ルーテーズとストラングラールイスとの間柄と似た感じだろう。馬場さんの師匠フレッドアト キンスとただ1度の出会い。私にとって良き思い出である。

関連記事

大晦日

皆さん大掃除はしましたか?我が家は少しだけ(笑)。結構大変だよね。ごみ袋も溜まるしねぇ。それにしても

記事を読む

11月

November、霜月かな?まさに秋晴れの中11月となった。だけど相変わらず温度差が激しい。体調維持

記事を読む

迷解説(笑)

本日は札幌大会の解説収録日。毎回のことながら結構好き放題のダベリをして実況の村田さんに迷惑をかけてい

記事を読む

出会いと別れ

60を過ぎりゃ出会いよりも別れが多くなる。それも死に別れがね。こっちが生きてる間はずうっと同じように

記事を読む

東京1泊

そして、これから上野駅より帰宅する。昨夜は試合後、西村の知り合いの関さんに旨い鮨を大塚で御馳走になっ

記事を読む

東京へ

打田さんと待ち合わせ。本日青木のタイトル奪取の祝勝会のはずであった。当人はいないが献杯しようと思う。

記事を読む

シルバーウイーク

まさに今シルバーウイーク真っ最中〓皆さん休暇を楽しんでるかい?私は24日郡山に新幹線で向かうのでチケ

記事を読む

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークが始まったね。もう始まってるのかな?(笑)初夏の装いだねぇ。温かくなった。みんなそ

記事を読む

高倉健死去

非常に驚いている。また日本人として寂しい気持ちだ。高倉健さんとは39年前、麻布のクラークハッチトレー

記事を読む

更に徒然なるままに

御盆帰郷或いは旅行。だが台風接近。空港、駅などの混雑ぶりを見るに自宅での留守番は正解かな。だけど、こ

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    おはようございます。ブログ拝見しました。しっかり鍛え上げたからこその信頼かと。「馬場さんの用心棒」が印象的です。読み応え有るお話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。気温は高いですが風が涼しく成りました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. Es sind maximal 0 von 11 Trophäen erspielbar.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4月になっても

最初の予想では4月頃には終息に向かうのでは?の希望的観測があったが、コ

志村さんが…

あの志村けんさんが亡くなったことを知りショックである。それもコロナウイ

世界的自粛

不要不急の外出を自粛。大変なご時世となった。コロナウイルス世界的に蔓延

両親の墓参り

春分の日、強風の中、我が両親の墓参り。今年は父の17回忌。78歳だった

手製のマスクで(笑)

ない物はない!(笑)仕方ないよなぁ。キッチンペーパーで作ったもの。菌を

→もっと見る

PAGE TOP ↑