*

日プロ時代の馬場さん

公開日: : ブログ

4月29日後楽園と5月16日大田区総合体育館で私の出場が決まったようだ。久々の試合。組み合わせはまだわからないが体調管理はしっかりしないとな。さて日プロ時代というと私がプロレスファンである時期。来年が全日本プロレス創立50周年なんだから、それ以前、かなり昔だね(笑)。馬場さんは日本プロレスの大エースとして君臨していた。力道山死後、ジャイアント馬場の存在がなかったら日本のプロレス隆盛は果たしてあったかどうか?力道山が戦後復興のシンボルならばジャイアント馬場は高度成長期のまさしくシンボルだった。テレビ中継でも力道山時代と変わらず高視聴率 であった。ジャイアント馬場がトップ外国人レスラーとスケールのでかいプロレスを展開する。馬場さんは若かったし外国人レスラーも凄いのがいた。力道山時代には来れなかった生傷男ブルーザー、鉄の爪エリック、人間発電所サンマルチノが初来日した時は本当興奮した❗️今はYOUTUBEで見れるんだけど、あの当時の盛り上がりはなかなか表現出来ないわな…。特に昭和40年代前半 での馬場さんの活躍振り❗️プロレスは相撲、野球と並ぶステータスがあった。あの当時のジャイアント馬場の評価をもう一度見直して欲しい。実際馬場さんのタイトルマッチは常にどの会場もいっぱいだったらしい。サンマルチノ初来日の時は一般スポーツ紙が一面で報道した。本当だよ。「来た!サンマルチノ!」ってね。懐かしい❗️私が中学生の時だったからねぇ。あの当時はトップ外国人レスラーの来日はほとんどが東スポでは一面だったよね。ともかく力道山先生にしても馬場さんにしても、先人の人達の活躍で今の我々がこうしてプロレスラーとしてやっていける。どうも日プロ時代の馬場さんの活躍が忘れられがちのような気がする。どこか特集するなり再評価をお願いしたい‼️

関連記事

レスラーの知名度

今は世界的に知名度の高いプロレスラーとなるとホーガン、ロック…かなぁ。日本では健介、大仁田、長州、武

記事を読む

冬近し

晩秋だねぇ。朝なんか、もう寒いもんな。やっと毛布を出したよ(笑)。あとは鍋料理だな(笑)。むろん熱燗

記事を読む

古河駅そばの居酒屋で。

此処んとこ古河駅そばの居酒屋でたま〜に呑んでる。早くも馴染み店を見付けた?さあどうだか?(笑)それは

記事を読む

馬場さんの話

前回のブログの続きだが、力道山の死後、馬場さんが日本プロレス界にいなかったら本当日本のプロレスはどう

記事を読む

再び我が馴染み店

湯川さんに怒られるところだった(笑)。居酒屋、西荻窪の「史庵」を忘れていた!月に1度は行っているのに

記事を読む

トークショー

川田と久々の再会。始めにお互いに元気そうだと挨拶だったがそうでもないらしい(笑)。彼も昨年末に還暦を

記事を読む

ギックリでガックリ!

要するにぎっくり腰でガックリきているってこと(笑)。ここ2、3日の東京での楽しい日々の反動か?即やっ

記事を読む

寒い寒い!

寒くなった!もう師走なんだから当たり前だがね。風邪ひきそうだ!ひいちゃ駄目だが(笑)。寒い中晴天が続

記事を読む

五月晴れ

良い天気なのに腰痛のためズボラになっている。一応レスラーなんだから少しは運動しろよ!…てなぁ。だが養

記事を読む

田舎住まい

田舎住まいでのんびりとした生活?なかなかそうもいかない!なにせ早寝早起きが日常である。早朝7時頃から

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。確かに、以前は「外国人レスラー来日」が重大ニュースでした。情報が少ないからこそ期待が大きかったかと。馬場さんはどんな対戦相手でも安心して頼れるプロレスラーです。素晴らしいご提案に賛成です。思い切ってテレビ(地上波)で特集して頂きたく存じます。まずは東京での試合ですね。感染症克服の暁には地方巡業をよろしくお願い致します。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. ヨッシー より:

    渕さん、同感です。だから、本音を言えば、馬場バルの緒方さんとか涙ぐましいほど馬場さんアピールしてくださっていると思いますが、本でもTシャツでもDVDでももっと日プロ時代の馬場さんを全面に出したグッズとかアピールして欲しいと常々考えさせられます。渕さん”1964年の・・・”の時のように仕掛けてくださいよ。やはりプロレスを救った・のは馬場さんですよ!もっと見直されて欲しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

来週も上京予定

昨日は番組収録あり。都内の我が青春の想い出巡り。それ相応の懐かしさを感

番組収録

BS番組の収録のため都内に向かっている。渋谷、目白、砧、横浜道場と巡る

さて6月

梅雨の6月なのに別名水無月。水のない月。さてどうしてか?まぁ別にいいか

5月も終わる

本当1ヶ月なんてアッという間。つい先日にゴールデンウイークなんとかこう

ギックリとまでとは…

雨が上がり、昼過ぎからお日さまが顔をのぞかせた。それで甥っ子らと30分

→もっと見る

  • 2024年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑