*

45分3本勝負

公開日: : ブログ

昔はこんなタイムの試合形式があったんだよ。3本勝負自体もうないんだがね。だいたいメインの前のセミファイナルでね。そうだなぁ、いつ頃迄こんな試合形式があったんだろうなぁ。私が若手時代迄は確実にあった。だから昭和50年あたり迄か?ふと思い出したんだが、馬場さんがよく言ってた。「俺ほどシングルマッチで45分時間切れをやったレスラーはたぶんいないだろう。たぶん百回はやってるな。誰か調べてくれ(笑)」と。たしか日本マット独自の試合形式だな。45分3本勝負なんて。馬場さんの最初の45分はあのキラーコワルスキーとの凱旋帰国試合。ノーフォールマッチだね。あの巨漢のゴリラモンスーンとも45分を4、5回やってるんだね。一番多かった相手はジンキニスキーでやはり5回か6回。吉村道明戦や大木金太郎戦でも結構45分引き分けをやってる。若い頃からスタミナが凄かったんだなぁ。レスラーにとって一番大切なものはスタミナ❗️そして体勢のバランス❗️と、これも馬場さんの教え。だから、スタミナが付く練習を鶴田さんと共によくやらされた。インターバル走法にマンツーマントレーニングとか。短時間だがほとんど休みなしでな。知らずにスタミナは付いた。だけど結局は45分3本勝負の経験はしないまま(笑)。本日も夏日で暑くなりそうだ!

関連記事

もう45年か…

本日4月22日は私が徳島県阿波池田の特設会場でプロレスデビュー戦を行った日だ。1974年のことである

記事を読む

新橋演舞場

先日、友人の俳優藤本隆宏さんのご招待で新橋演舞場に舞台劇を観に行った。三谷幸喜演出作品「江戸は燃えて

記事を読む

明石にて

馬場さん御夫妻の墓参り。大隅さん付き合ってくれる。天気良好なり〓

記事を読む

帰宅途中

東京での2泊、自分なりに有意義であった。湯川さんと会い、猪瀬さんと会い、そして本日片山さんと会った。

記事を読む

夢のタッグチーム

外国人トップレスラー同士の夢のタッグチーム。日本プロレス時代、力道山、ジャイアント馬場の全盛の頃、シ

記事を読む

冬近し

晩秋だねぇ。朝なんか、もう寒いもんな。やっと毛布を出したよ(笑)。あとは鍋料理だな(笑)。むろん熱燗

記事を読む

オリパラロス!

結構テレビの前でかじりついてはまってしまった❗️幾度か感動もした。ベッド

記事を読む

酒に罪はないものを

飲んでる人の所作か?やはり路上飲みが原因だろう。居酒屋、バーでの酒類禁止はさすがにやり過ぎではないだ

記事を読む

無精者…?

ここんとこ外出先で一番多いのはデパ地下かスーパーでの買い出し(笑)。左足太ももがまだ完治してないので

記事を読む

ツーリストマナー

外国人ツーリスト、平気のへいざでグリーン車両最後部シートの後ろにトランクの縦置き。これじゃシートを倒

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「45分3本勝負」拝見しました。仰る通り、雑誌の試合結果では見ていましたが試合観戦は無く…相手のスタミナと精神を削る戦いは、とても見応え有る試合かと存じます。試合形式も変化している事を再確認致ししました。興味深いお話を綴って頂き、どうもありがとうございます。もうしばらくは暑さ厳しくなりそうですね。気温差がお体に障りません様にご注意願います。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

夢のタッグチーム

外国人トップレスラー同士の夢のタッグチーム。日本プロレス時代、力道山、

人生百年時代?

何十年前は人生五十年って言われていた。日本は世界一の長寿国ɵ

45分3本勝負

昔はこんなタイムの試合形式があったんだよ。3本勝負自体もうないんだがね

夏日復活!

残暑というべきか?台風去ってこの暑さはどういうことかい?ゆっくり寒くな

昭和46年は?

忘れてた(笑)。これも菊池さんの推し。なんと大木金太郎対ビルドロモのア

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑