*

9月20日

公開日: : ブログ

もう37年になる。1980年9月20日に私は憧れのアメリカ遠征に旅発った。26歳だった。両親と妹に見送られてね。当時は「アメリカ武者修行」なんて言われてた。プロレスの世界に入ったからには絶対にアメリカに行かなければ〓私だけじゃなく、その頃の若手レスラーは皆一応にそんな夢を持っていた。何年かアメリカでレスラーとして修行し、そして逞しくなって日本マットに凱旋帰国する。どれだけ成長してきたか?お披露目だ。若手時代、目白の合宿所で大仁田、薗田と3人でよく語り合ったもんだ。「早くアメリカに行きたい!」なんてね。なんと言っても一番の夢はアメリカに行くことだったからなぁ。9月20日、当時メインレフェリーのジョー樋口さんに連れられ成田空港から旅発った。26歳、多少の不安があったが希望の方が大きかったな。あれからもう37年…。見送ってくれた両親、そして樋口さんももういない。今私は63歳。歳月人を待たず、だねぇ…。

関連記事

馬場さんの脚力

脚力にはかなりの自信があったようだ。インターナショナルベルトを巻いたばかりの若き日の馬場さんのファイ

記事を読む

我が誕生日

ついに61歳になった。この年になっても友人らからおめでとうメールが来る。照れくさいながら嬉しいもんだ

記事を読む

若大将live

BSNHKで加山雄三武道館liveを見ている。若大将も77歳の喜寿だが、まだまだ若いねぇ。私が中学生

記事を読む

70年代のテレビ番組

10月も本日で終わり、今年も早2ヵ月を残すのみ。早いもんだなぁ。さて、70年代のテレビ番組だが、やは

記事を読む

8月

8月となったが蒸し暑い日が続いている。昨日はここ埼玉でも少し晴れ間が見えたけど、なかなかスッキリした

記事を読む

選挙の日に

こっちは後楽園にて和田京平レフェリーの還暦及びレフェリー人生40年記念興行あり。そして世界ジュニアタ

記事を読む

暑い!熱い!

湘南新宿ラインで横浜に向かっている。3連休初日ながら空いている。ドア付近に私の側にデブが来る。まこと

記事を読む

明日からシリーズ

明日よりシリーズ開幕。大阪、岡山、伊勢、館林と参戦する。体調?まあ普通だなぁ…。31日試合のダメージ

記事を読む

また馬場さんの話

実際、馬場さんはアメリカに残るか日本に戻るかでかなり迷ったらしい。まだキャリア4、5年の新米レスラー

記事を読む

温度差激しい

体調管理が大変だ。むろんまだまだ寒い!インフルエンザも恐い!我は腰が痛い!肩が痛い!だが食欲はあるし

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「9月20日」拝見しました。今日はとても思い出深い日ですね。心技体全て大きく鍛え上げられた期間かと。仰る通り、時間は過ぎて行くのみですが時間が鍛えてくれる事も有るのかと存じます。大変わがままなお願いですが、是非とも地方大会にも参戦して頂きます様お願い致します。空高く風も涼しくなって参りました。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

幸せの定義

人それぞれだろうが、夢が実現した時、或いは夢に向かって突き進んでいる時

サンマルチノ死去

82歳だったんだね。馬場さんとは同期の親友と言ってもよかろう。馬場さん

ラストマッチ男

ただ今全日本プロレスではチャンピオンカーニバル真っ最中。連日ハードな戦

幸せ昭和食堂

5月17日と31日、それぞれ午後11時半から30分BSTBSで放送され

1974年入門

受け身の後遺症か身体のそこらじゅうが痛くダメージ回復せぬままシリーズ参

→もっと見る

PAGE TOP ↑