*

馬場さんの命日

公開日: : ブログ

1999年1月31日だから、もう19年も前か。馬場さんが亡くなっていろんなことがあった…。私はプロレス少年の頃からジャイアント馬場のファンであった。高校でアマレスをやるようになって将来はプロレスラーになりたいとの想いが一層強くなってねぇ。憧れのジャイアント馬場の下でプロレス修行が出来たならとね。夢が叶い馬場さんが設立した全日本プロレスに入門して早45年目。時の流れは早い。ジャイアント馬場ファンの少年期からはすでに半世紀を超えた(笑)。ま、それはさておき、私が思うに馬場さんほど一流外国人レスラーのライバルが多かった人はいないんじゃないだろうか。馬場さんの全盛期となると1960年代中盤から70年代全般にかけてだが、当時はまた個性的なアメリカンレスラーが多数いた。その一流どころ殆んどと馬場さんは対戦している。特に日本プロレス時代のインター戦とかワールドリーグ戦とかね。対戦相手に恵まれていた。それだけ馬場さん自体が凄い存在だったんだよ。よくジャイアント馬場の四大ライバルと呼ばれているのが、サンマル
チノ、キニスキー、エリック、ブラジルであるが、その他にもデストロイヤー、ブルーザー、クラッシャー、コワルスキー、コックス、シュナイダー、モンスーンなどいた。最近のプロレスファンはわかるかな?(笑)全日本プロレス時代では、ブッチャー、ファンクス、レイス、ブリスコ、ロビンソン、ブロディにハンセン。大変な顔触れだ。こういった一流どころとメインで迫力ある攻防を大観衆の眼前でやってたんだものなぁ。あえて言わせて貰うなら幸せなプロレス人生だったんじゃないかな。若手の頃、リング下で馬場さんとこういったレスラー逹との試合を間近で見ている時は一ファンに戻っていたな(笑)。テレビ画面で観ていた試合が今目の前でやってる〓てね(笑)。馬場さんを始め殆んどの大レスラー逹はすでにもうこの世にいない…。あの当時を懐かしく感じる世代は50代後半以上だろうねぇ。

関連記事

マニキュアのニオイ

通路をはさんだ隣の席で一応若い女性が化粧をしている。まぁそれはよい。電車乗りゃ案外見馴れた光景。その

記事を読む

前橋で試合

新宿から湘南新宿ライン、上越新幹線乗り継いで前橋に向かう。そんなに長旅ではないがバッグひとつの一人旅

記事を読む

散歩道での発見

新宿区内藤町大京町の道路沿いにあった沖田総司終焉の地の案内板。若くして世を去ったんだね。

記事を読む

フレッドアトキンス

馬場さんのアメリカ修行時の師匠である。トレーニングコーチと言った方が良いかもしれない。若手時代、力道

記事を読む

今日明日と

試合。本日は前橋、明日は新潟三条。電車、新幹線乗り継いで前橋へ向かっている。2日は新発田にて我が義弟

記事を読む

若大将live

BSNHKで加山雄三武道館liveを見ている。若大将も77歳の喜寿だが、まだまだ若いねぇ。私が中学生

記事を読む

本日大安なり

それで本日検査日とした。1ヵ月振りに不整脈、前立腺の再検査だ。昨日は無論酒抜き。いい天気だ〓これから

記事を読む

映画好き

これはビデオ。DVDはこの3倍ある。ここんとこ、どうにもトイレが近いため劇場には足が向かない。部屋に

記事を読む

風邪に注意!

いやぁ寒い寒い!やはり冬は寒い!(笑)当たり前のことだがね。風邪も流行ってるねぇ。インフルエンザだっ

記事を読む

久々の晴天

梅雨明け宣言はまだまだのようだがね。だけど久々の夏日。久々の眼科医の検診。晴れの日が続いてくれたらい

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「馬場さんの命日」拝見しました。仰る通り、本当に長い時間が過ぎました。試合観戦していた期間の何倍も過ぎている事を思うと涙が出てしまいます。試合観戦出来る事は貴重な時間を頂いている事と改めて思いました。これからも試合観戦させて頂きたく存じます。まだ寒波の影響が続いていますので、何卒お疲れになどなりません様にご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

感謝と感動

平昌オリンピックフィギュアスケート羽生結弦の金メダル獲得は日本中に感動

昔を懐かしんでばかりでは

前回の便利になったのブログで現在の情報過多に少々批判的なことを書いた。

便利になった

スマホさえあれば何でも分かる時代だ。インスタ…何とかとか(笑)。ナビも

今や死語?

我々が子供時分(かなり昔だが)あった言葉、或いは使っていた言葉が今や死

ブログの日

本日2月6日はブログの日らしい。始めて知った。結構毎日様々な日があるよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑