*

馬場さんの命日

公開日: : ブログ

1999年1月31日だから、もう19年も前か。馬場さんが亡くなっていろんなことがあった…。私はプロレス少年の頃からジャイアント馬場のファンであった。高校でアマレスをやるようになって将来はプロレスラーになりたいとの想いが一層強くなってねぇ。憧れのジャイアント馬場の下でプロレス修行が出来たならとね。夢が叶い馬場さんが設立した全日本プロレスに入門して早45年目。時の流れは早い。ジャイアント馬場ファンの少年期からはすでに半世紀を超えた(笑)。ま、それはさておき、私が思うに馬場さんほど一流外国人レスラーのライバルが多かった人はいないんじゃないだろうか。馬場さんの全盛期となると1960年代中盤から70年代全般にかけてだが、当時はまた個性的なアメリカンレスラーが多数いた。その一流どころ殆んどと馬場さんは対戦している。特に日本プロレス時代のインター戦とかワールドリーグ戦とかね。対戦相手に恵まれていた。それだけ馬場さん自体が凄い存在だったんだよ。よくジャイアント馬場の四大ライバルと呼ばれているのが、サンマル
チノ、キニスキー、エリック、ブラジルであるが、その他にもデストロイヤー、ブルーザー、クラッシャー、コワルスキー、コックス、シュナイダー、モンスーンなどいた。最近のプロレスファンはわかるかな?(笑)全日本プロレス時代では、ブッチャー、ファンクス、レイス、ブリスコ、ロビンソン、ブロディにハンセン。大変な顔触れだ。こういった一流どころとメインで迫力ある攻防を大観衆の眼前でやってたんだものなぁ。あえて言わせて貰うなら幸せなプロレス人生だったんじゃないかな。若手の頃、リング下で馬場さんとこういったレスラー逹との試合を間近で見ている時は一ファンに戻っていたな(笑)。テレビ画面で観ていた試合が今目の前でやってる〓てね(笑)。馬場さんを始め殆んどの大レスラー逹はすでにもうこの世にいない…。あの当時を懐かしく感じる世代は50代後半以上だろうねぇ。

関連記事

1973年春

当時茅ヶ崎に住んでいた私は全日本道場がある恵比寿に向かう為に品川まで東海道線、そしてそこから山手線で

記事を読む

五月晴れかい?

チャンピオンカーニバルは各地で満員続きだったようで、誠にありがたい限りだ。石川修司の優勝で幕を閉じた

記事を読む

弘前大会

ハロウィンの日、弘前市に来た。やはり青森県は寒い!そんな中有り難いことに、全日本スタッフ及びレスラー

記事を読む

再び我が馴染み店

湯川さんに怒られるところだった(笑)。居酒屋、西荻窪の「史庵」を忘れていた!月に1度は行っているのに

記事を読む

大きな鯵が届いた〓ビックリした。Fw:

記事を読む

14 September, 2015 12:33

斬新な高松市内のアーケード街。

記事を読む

違った人生

過去において、あの時ああしていたらどんな人生を送っていたろう?なんて想い結構あるよね。我が人生に悔い

記事を読む

阿修羅原死去

昨日新聞社より連絡入った。68歳だった。もう25年以上会っていなかった。最近の若いプロレスファンの人

記事を読む

受け入れて

台風19号、予想以上の災害をもたらしたね。被災された皆様には心からお見舞申し上げます。私もあの日の深

記事を読む

ダメージは遅れてやって来る

昨夜の馬場さんの17回忌追善試合。私はメインの6人タッグに出場したが流石にキツかった!(笑)結構この

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「馬場さんの命日」拝見しました。仰る通り、本当に長い時間が過ぎました。試合観戦していた期間の何倍も過ぎている事を思うと涙が出てしまいます。試合観戦出来る事は貴重な時間を頂いている事と改めて思いました。これからも試合観戦させて頂きたく存じます。まだ寒波の影響が続いていますので、何卒お疲れになどなりません様にご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MRI検査結果

変形性腰椎症と腰椎椎間板ヘルニア。ってことのようで。道理でここ2ヶ月ば

後楽園へ

電車にて東京へ。甥っ子が試合バッグを持ってくれる。本日の試合は8人タッ

当たり前に感謝

普通に歩けることに感謝。目が見えること、喋れること、味覚があること…当

予期せぬこと!

突然だった。昨夜六本木の居酒屋で食事後立ち上がったら左足首に違和感を感

昔書いた小説

もう10年以上前か。代々木のマンションで暇を見つけつて時たま書いていた

→もっと見る

PAGE TOP ↑