*

馬場さんの命日

公開日: : ブログ

1999年1月31日だから、もう19年も前か。馬場さんが亡くなっていろんなことがあった…。私はプロレス少年の頃からジャイアント馬場のファンであった。高校でアマレスをやるようになって将来はプロレスラーになりたいとの想いが一層強くなってねぇ。憧れのジャイアント馬場の下でプロレス修行が出来たならとね。夢が叶い馬場さんが設立した全日本プロレスに入門して早45年目。時の流れは早い。ジャイアント馬場ファンの少年期からはすでに半世紀を超えた(笑)。ま、それはさておき、私が思うに馬場さんほど一流外国人レスラーのライバルが多かった人はいないんじゃないだろうか。馬場さんの全盛期となると1960年代中盤から70年代全般にかけてだが、当時はまた個性的なアメリカンレスラーが多数いた。その一流どころ殆んどと馬場さんは対戦している。特に日本プロレス時代のインター戦とかワールドリーグ戦とかね。対戦相手に恵まれていた。それだけ馬場さん自体が凄い存在だったんだよ。よくジャイアント馬場の四大ライバルと呼ばれているのが、サンマル
チノ、キニスキー、エリック、ブラジルであるが、その他にもデストロイヤー、ブルーザー、クラッシャー、コワルスキー、コックス、シュナイダー、モンスーンなどいた。最近のプロレスファンはわかるかな?(笑)全日本プロレス時代では、ブッチャー、ファンクス、レイス、ブリスコ、ロビンソン、ブロディにハンセン。大変な顔触れだ。こういった一流どころとメインで迫力ある攻防を大観衆の眼前でやってたんだものなぁ。あえて言わせて貰うなら幸せなプロレス人生だったんじゃないかな。若手の頃、リング下で馬場さんとこういったレスラー逹との試合を間近で見ている時は一ファンに戻っていたな(笑)。テレビ画面で観ていた試合が今目の前でやってる〓てね(笑)。馬場さんを始め殆んどの大レスラー逹はすでにもうこの世にいない…。あの当時を懐かしく感じる世代は50代後半以上だろうねぇ。

関連記事

猪瀬さんと仲間たち

だいたい年に1回か2回、7、8人のメンバーで飲み会を開く。毎回猪瀬さんが声をかけてくれる。猪瀬さんの

記事を読む

プロレス史家

と言われてる人も少なくなった。櫻井康雄さんが亡くなったと聞く。一時は日テレの山田隆、テレ朝の櫻井康雄

記事を読む

名誉市民

ジャイアント馬場さんが新潟県三条市の名誉市民となることが決まった。おめでたく嬉しいことである。馬場さ

記事を読む

謹賀新年

正月を家族と共に迎えた。家族と言っても妹と甥っ子らだが。元日から皆仕事。私はひとり湘南新宿ラインで帰

記事を読む

9月になって

幾分陽が短くなった。秋の夜長、長雨の時期?仲秋の名月にはまだ早いか。若き頃が青春なら初老の今は赤秋か

記事を読む

出会いと別れ

60を過ぎりゃ出会いよりも別れが多くなる。それも死に別れがね。こっちが生きてる間はずうっと同じように

記事を読む

東京へ

これから東京へ。むろん仕事ではない(笑)。友人らとの飲み会で。1つ年をとっても我がペースは変わらない

記事を読む

4月になっても

温度差が激しい。暖かくなったり寒くなったり。晴れの日も続かない。本当体調管理が大変だ。今全日本はチャ

記事を読む

急激な温度変化

秋らしくなったと言えばそうかもしれないが、こちとら体調管理が大変。本当急に涼しくなったもんねぇ。また

記事を読む

1973年3月再び

鶴田さんとのスパーリングでくたくた状態の19歳の私。先ずマシオ駒さんに入門希望者だと鶴田さんから紹介

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「馬場さんの命日」拝見しました。仰る通り、本当に長い時間が過ぎました。試合観戦していた期間の何倍も過ぎている事を思うと涙が出てしまいます。試合観戦出来る事は貴重な時間を頂いている事と改めて思いました。これからも試合観戦させて頂きたく存じます。まだ寒波の影響が続いていますので、何卒お疲れになどなりません様にご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ジーパン

冠婚葬祭以外はほとんどがジーパン穿いてるな。60代なってもね。これから

代々木住まい

1983年8月に私はアメリカ遠征から帰国した。そして、その年の9月から

東京1泊

そして、これから上野駅より帰宅する。昨夜は試合後、西村の知り合いの関さ

東京へ

本日も後楽園で試合。8人タッグらしい。私の出番はあるだろうか?(笑)そ

いつまで続く

梅雨の話。随分長い梅雨空が続いている。早い時期に猛暑が来るんじゃないか

→もっと見る

PAGE TOP ↑