*

馬場さんの命日

公開日: : ブログ

1999年1月31日だから、もう19年も前か。馬場さんが亡くなっていろんなことがあった…。私はプロレス少年の頃からジャイアント馬場のファンであった。高校でアマレスをやるようになって将来はプロレスラーになりたいとの想いが一層強くなってねぇ。憧れのジャイアント馬場の下でプロレス修行が出来たならとね。夢が叶い馬場さんが設立した全日本プロレスに入門して早45年目。時の流れは早い。ジャイアント馬場ファンの少年期からはすでに半世紀を超えた(笑)。ま、それはさておき、私が思うに馬場さんほど一流外国人レスラーのライバルが多かった人はいないんじゃないだろうか。馬場さんの全盛期となると1960年代中盤から70年代全般にかけてだが、当時はまた個性的なアメリカンレスラーが多数いた。その一流どころ殆んどと馬場さんは対戦している。特に日本プロレス時代のインター戦とかワールドリーグ戦とかね。対戦相手に恵まれていた。それだけ馬場さん自体が凄い存在だったんだよ。よくジャイアント馬場の四大ライバルと呼ばれているのが、サンマル
チノ、キニスキー、エリック、ブラジルであるが、その他にもデストロイヤー、ブルーザー、クラッシャー、コワルスキー、コックス、シュナイダー、モンスーンなどいた。最近のプロレスファンはわかるかな?(笑)全日本プロレス時代では、ブッチャー、ファンクス、レイス、ブリスコ、ロビンソン、ブロディにハンセン。大変な顔触れだ。こういった一流どころとメインで迫力ある攻防を大観衆の眼前でやってたんだものなぁ。あえて言わせて貰うなら幸せなプロレス人生だったんじゃないかな。若手の頃、リング下で馬場さんとこういったレスラー逹との試合を間近で見ている時は一ファンに戻っていたな(笑)。テレビ画面で観ていた試合が今目の前でやってる〓てね(笑)。馬場さんを始め殆んどの大レスラー逹はすでにもうこの世にいない…。あの当時を懐かしく感じる世代は50代後半以上だろうねぇ。

関連記事

サンマルチノ死去

82歳だったんだね。馬場さんとは同期の親友と言ってもよかろう。馬場さんにとってはデストロイヤー、エリ

記事を読む

両親の墓参り

暑い中、古河駅そばのお寺で両親の墓参り。今年は母の七回忌、来年は父の十三回忌。時の流れの早きこと!年

記事を読む

後楽園大会

3連休最終日。昼の試合なので朝から上京。電車内混んでいる。グリーン車両もいっぱいなり。試合用具のバッ

記事を読む

9月になっても

まだまだ残暑がきびしい。天候はなかなかスッキリしないしね。蒸し暑いわけだ。全日本プロレスはこの9月王

記事を読む

埼玉住まい

車がないと生活できない環境に住んでいる(笑)。コンビニもスーパーも車なしだと買い出しに行けない。身近

記事を読む

出会いと別れ

60を過ぎりゃ出会いよりも別れが多くなる。それも死に別れがね。こっちが生きてる間はずうっと同じように

記事を読む

高度成長期のシンボル

力道山が戦後復興のシンボルならばジャイアント馬場は高度成長期のシンボルの一人であったことに間違いはな

記事を読む

台風、地震

大雨、猛暑を含め災害が多い。気をつけなきゃいけないが気をつけようがない。まさに自然の脅威。事前に周到

記事を読む

猪瀬さんと仲間たち

だいたい年に1回か2回、7、8人のメンバーで飲み会を開く。毎回猪瀬さんが声をかけてくれる。猪瀬さんの

記事を読む

後楽園大会

今夜はウルティモドラゴンの30周年記念大会。なんと言っても世界のウルティモ〓満員の盛況となった。観客

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    「馬場さんの命日」拝見しました。仰る通り、本当に長い時間が過ぎました。試合観戦していた期間の何倍も過ぎている事を思うと涙が出てしまいます。試合観戦出来る事は貴重な時間を頂いている事と改めて思いました。これからも試合観戦させて頂きたく存じます。まだ寒波の影響が続いていますので、何卒お疲れになどなりません様にご自愛くださいませ。

にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本日もまた東京へ

2泊する。今夜は湯川さんと食事会。明日は夕方から猪瀬さんの奥さんのお墓

ライバル

あいつには負けたくない!自他共に認めるライバルがいることは幸せなことだ

DVD映画三昧

昨日は終戦記念日。それで部屋飲みしながらDVD映画を観る。クリントイー

更に徒然なるままに

御盆帰郷或いは旅行。だが台風接近。空港、駅などの混雑ぶりを見るに自宅で

徒然なるままに

御盆の時期。大型台風が来ている。我が妹、甥っ子らは義父の新盆のため新潟

→もっと見る

PAGE TOP ↑