*

新橋演舞場

公開日: : 最終更新日:2018/03/17 ブログ

先日、友人の俳優藤本隆宏さんのご招待で新橋演舞場に舞台劇を観に行った。三谷幸喜演出作品「江戸は燃えているか」。主演は中村獅童と松岡昌宏。藤本さんも西郷隆盛という重要な役で出演。それにしても、いやぁ面白かった〓皆さん当たり前だが素晴らしい演技力。皆さんまだお若いのにねぇ。喜劇性の富んだ作品で大いに笑わせて貰った。ストーリー展開のテンポがいいので3時間が短く感じた。平日の夕方なのに演舞場は超満員。観客のノリが半端じゃなかった。盛り上がっていたなぁ。さすが三谷作品〓新橋演舞場に来たのはなんと41年振り!1977年、藤山寛美の松竹新喜劇を観に行って以来。その時も笑わせて貰ったが、今回はそれ以上かも。今月26日が千秋楽。また観たい〓リピーターになりそう〓(笑)

関連記事

足を踏まれた

本屋でね。お客さんの相手をしていたちょっと太めの女子店員に。むろん悪気で私の足を踏んだわけじゃないん

記事を読む

試合数

今年になって試合数は減少している。自分の体調を気遣ってのこと。地方へは殆んど行かない。不整脈と腰痛肩

記事を読む

デストロイヤーの話

以前にも書いた通りデストロイヤーは北九州の我が実家に2度も来てくれた。力道山時代からのプロレスファン

記事を読む

ゴッツイ〓

アメリカ遠征時。フレッドアトキンスと若き馬場さん。

記事を読む

やっぱり電話魔

酔うとあちこちに電話してしまう悪い癖、なおらないなぁ(笑)。ここんとこ酒が弱くなり半分記憶喪失的症状

記事を読む

目の定期検診

白内障の手術をして1年近い。時のたつのは早いもんだが、検診は定期的にやっている。目は大切だからね。ま

記事を読む

行きつけの店

馴染み店だよな。東京に行きぁ何店かはある。埼玉に引っ込んで2年4ヶ月過ぎたが、馴染み店って言うほどの

記事を読む

アメリカ武者修行

本日9月20日、34年前のこの日、私はかねてより夢であったアメリカ遠征に旅立った。26歳だった。20

記事を読む

昭和30年代

私は当時小学生時分。北九州に居た。和室二間のアパート。共同トイレ、共同炊事場、共同洗面所で部屋に水道

記事を読む

ウオーキング

青空に映える神宮絵画館。まさに秋晴れ。こんな日は散歩に限る〓昨夜の酒も抜き出さなきゃ〓(笑)

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    観劇のご感想、拝見しました。題名から喜劇とは思えませんが、とても楽しく観劇出来たのですね。リピーター宣言なさる程とは興味深いです。舞台なので毎日、毎回、変化していく所はプロレス観戦と似ている様に思います。次回の観劇のご様子も伺いたく存じます。暖かくなりつつも花冷えの時もございます。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この期に及んで

突然の腰痛!歩けないほどではない。痛痺れというか、腰から両足にかけて。

20日試合

試合4日前だが、体調は悪くない。特別良くもないけど、まぁ普通かなぁ。普

上野からの帰宅

夜電車で帰宅中。上野から。グリーン車両ほぼ満席。いつも通り、いい気分の

夏日だ!

ここ2、3日暑いこと!夏日だ!八十八夜が過ぎたんだからもう夏なんだがね

我が青春の70年代

70年代初頭から私はプロレスラーになりたい気持ちが強かった。1971年

→もっと見る

PAGE TOP ↑