*

1974年入門

公開日: : ブログ

受け身の後遺症か身体のそこらじゅうが痛くダメージ回復せぬままシリーズ参戦となった。参戦と言っても新弟子としての雑用係。シリーズ前日、アメリカ遠征から鶴田さんが帰って来た。「おっ!渕、戻ってるじゃないか!」「お久しぶりです」。1年振りに間近に見る鶴田さんはスターのオーラで輝いていた。鶴田さんは我々と同じく合宿所住まい。佐藤さんと大熊さんはアメリカへ旅立つ。合宿所住まいのメンバーは鶴田さん、大仁田、私とこのシリーズから約8ヶ月間特別参戦するベテランのフリーレスラーマティ鈴木さん。その年の8月には薗田一治が新たな新弟子として加わり計5人での合宿所生活。北九州の渕、長崎の大仁田、宮崎の薗田。我々3人は先輩達から九州の3バカと呼ばれた(笑)。この3人以外にも何人か入門希望者がいたが、結局はこの3人しか残らなかった。九州の3バカ、先輩達によくしぼられた。何年も何年も…。3時間から4時間の練習後は揃ってリング上で汗まみれの大の字。よくやったものよ。寝床では「お互いキツくてもへこたれずに頑張ろうな」と励ま
し合ったもんだ。なかなか体重は増えなかった。オフの時はしごかれ、シリーズ始まるとセコンド勤めと雑用。そして無論、巡業中でも練習。新弟子としては当たり前のこと。練習がキツいことも当たり前。そんな中でも、たまに鶴田さん、鈴木さん先頭に5人で夜、遊びに行くこともあり、それはそれで結構楽しかった。食後はよく鈴木さんの人生訓を聞かされた。鈴木さんの話は面白くまた為になった。渕20歳、大仁田16歳、薗田17歳。まさに青春ど真ん中だったなぁ〓3人ともいずれ将来はアメリカ遠征という夢を持っていた。鶴田さんは23歳。若くて強くて有名人。格好良かった。本当モテモテだったなぁ。スポンサーは何人もいた。そのスポンサー筋に我々3バカも鶴田さんのお供であちこちと連れて行ってもらった。若くて好奇心旺盛。楽しかった。しかし、3バカの新弟子時代は4年間も続いた。

関連記事

ギタリスト打田さん

わざわざ自宅まで来てくれた。飲み仲間でもあり友人でもある。お互い万全の体調ではないのに酒を呑み呑み慰

記事を読む

用心したつもりだが

やはり腰痛肩痛が襲ってきた。昨夜は久々千葉での試合。たった1試合やっただけなのに一晩明けりゃこの状態

記事を読む

猛暑日

水不足が深刻だね。まあ日々暑い!夏が暑いのは当たり前だがねぇ(笑)。皆さんこまめに水分塩分補給してく

記事を読む

明日へ準備中

新宿駅が変わる〓ニューマンだっけ?明日からオープンなんだよね。バスターミナルはすでに開業している。明

記事を読む

プロレスに感謝

プロレスラーであればこその恩恵にこの42年間受けてきた。その恩恵とはやはり出会いだな。たくさんの人と

記事を読む

またまた1日店長

明後日30日土曜日、六本木hitomiにて再び1日店長をやる。8時半頃からかな?愉しく呑みましょう〓

記事を読む

歯の検診

歯医者にて歯のチェック。年齢的に歯、目、…なんとかっていうけど。目も2月に白内障の手術をしたしなぁ。

記事を読む

札止め超満員

チャンピオンカーニバル開幕戦後楽園大会はお陰さまで超満員になってくれた。ありがたいねぇ〓超満員ともな

記事を読む

テレビとプロレス

「全国3千万のプロレスファンの皆さん、こんばんは…」で始まった1960年代のプロレステレビ中継の実況

記事を読む

温度差が激しい

体調管理が大変だ。暖かくなったり寒くなったりでね。早く桜の時期になれ!でもそうなりゃ花粉も飛んで来る

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    新弟子時代のお話、拝見しました。体造りの厳しい練習でも楽しかったと振り返る事が出来るなんて、とても思い出深い時代かと存じます。続き方がとても気になっていますので何卒よろしくお願い致します。まだ気候が安定してくれません。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

梅雨の週末

腰痛の身体を労って過ごしている。次回の我が試合は30日後楽園大会。今年

想い出の曲

昨夜は後楽園で試合。青木の追悼セレモニーあり。私は6人タッグ。ホテル宿

上野駅終電間近

なんだこの混みようは!それも酔っぱらいばかり!我もそうだが(笑)。グリ

東京へ

猪瀬さんと待ち合わせ。勿論日帰り。一昨日同様良い酔い気分で帰宅する予定

東京へ

打田さんと待ち合わせ。本日青木のタイトル奪取の祝勝会のはずであった。当

→もっと見る

PAGE TOP ↑