*

幸せ昭和食堂

公開日: : 最終更新日:2018/04/12 ブログ

5月17日と31日、それぞれ午後11時半から30分BSTBSで放送される番組のタイトルである。都内にまだまだある昭和の名残りを感じる食堂めぐり。その番組に出演することが決まった。レポーターとしてである。収録日時はこれから。元来、食べること飲むことに生き甲斐を感じているほど大食漢で飲兵衛の私ではあるけれど、食レポとなると話は別。果たして私に出来るだろうか?この番組出演のきっかけを作ってくれた片山さんは私の普段の飲み仲間。「いつもの渕さんの豪快な食べっぷりと愉しいトークで大丈夫です(笑)。いつも通りの自然体で」と軽くおっしゃるけど、いつも通りって?そんなテレビカメラが付くとこんな私だっていつも通りにはなれない(笑)。ある程度酒が入れば(笑)。いやいや酒の力を借りてもリング上とは違う緊張感。実を言うと、「幸せ昭和食堂」の前に「渕正信の…」と冠名が付くという。なんと大それたこと!片山さんは大胆な人だ!1店15分番組として17日と31日それぞれ2話づつ計4店紹介するようだ。製作者の人、ディレクターさん、カメ
ラマンさんと紹介され、すでに打ち合わせは終わった。打ち合わせらしきと言った方が良いか?(笑)何か知らないが、片山さん始めスタッフの皆さんは変にこの私を信頼してくれている。私以上に楽天家揃いだ!無論、その信頼に応えたいし頑張ってレポートするつもりだけど、なにぶん初めてなので何度もトチるはずだからダメ出しは優しくお願い(笑)。見る方としてはレスラー渕正信とは違った一面が見れて面白いかも?(笑)

関連記事

早く起きた朝は

なんと朝5時前に目を覚ました。そうなるとなかなか2度寝はできない。テレビのスイッチを入れる。各局の早

記事を読む

ハーリーレイス死去の報

8月となり本格的夏シーズンとなった。猛暑日が続き日々暑い!1週間前との温度差で体調不良になりそうだ。

記事を読む

体調維持

暑くなったり寒くなったり体調管理が大変だ。どんな職業でもそうだが、レスラーは特に身体が資本。体調管理

記事を読む

バスでの長旅。

本日は3連戦の後の休日。だが愛媛から浜松までのバスでの長旅。朝10時の出発。只今移動中。たぶん浜松着

記事を読む

アントンヘーシンク

世界の柔道王アントンヘーシンク。1964年東京オリンピック柔道無差別級金メダリスト。1973年に全日

記事を読む

地方巡業終了

新潟から新幹線で大宮に向かう。久方振りの地方巡業。まあ楽しんだが流石に疲れた(笑)。何はともあれ怪我

記事を読む

ニコニコ動画

今夜8時よりニコニコ動画の香山リカさんの生番組に和田京平レフェリーと友人のギタリスト打田十紀夫さんと

記事を読む

10月になっても

まだまだ夏日がやって来ている。おかしな天候が続く。まさしく体調管理が大事なり。体調管理なんて、つい何

記事を読む

アガサの後にhitomi

同じ写真の掲載。店の名前を書き忘れた。バーhitomiにて。開店して6周年である。

記事を読む

バス移動

今日は近江で試合。早起きして横浜合宿所発のバスに乗り込む。5時間から6時間の移動。腰が心配。近江とな

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    食レポデビューの告知、拝見しました。BSは契約しておらず…地上波での再放送を切に希望致します。是非、高視聴率を獲得して晴れて地上波・ゴールデンタイムへ移行して頂きたく存じます。これから収録との事、スタッフの皆様と美味しいお食事を楽しんでくださいませ。どうぞお疲れなど残されません様、ご自愛くださいませ。

  2. 有吉正典 より:

    昭和と称しながら帽子をかぶって飲食している姿は昭和人の道徳規律心を分かっていない!私は非常に違和感を感じる。私だけではありません私の妻もたまたま見かけたこの番組では「この人非常識な人ね」と言ってますよ。誰が見てもおかしく感じると思うがこれらを見た若年者が違和感を感じなくなるのはこのような番組を報じるメディアの責任である。全く食事のマナー躾を理解していない。日本人として恥ずかしくないのだろうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

世界的自粛

不要不急の外出を自粛。大変なご時世となった。コロナウイルス世界的に蔓延

両親の墓参り

春分の日、強風の中、我が両親の墓参り。今年は父の17回忌。78歳だった

手製のマスクで(笑)

ない物はない!(笑)仕方ないよなぁ。キッチンペーパーで作ったもの。菌を

天井を見つめる

昨日の我がドキュメンタリー番組、スタッフ皆さんのお陰でやはり素晴らしい

明日放映

何か緊張する(笑)。世は新型コロナのパンデミック表明で混乱しているのに

→もっと見る

PAGE TOP ↑