*

魔王続編

公開日: : ブログ

デストロイヤーの初来日は昭和38年5月。力道山との大死闘は4の字掛け合ってのノーコンテスト。視聴率なんと64%!力道山最後の好敵手となり白覆面の魔王は誰もが知る有名プロレスラーとなった。その年の暮れ、力道山死去。翌年、力道山一周忌に1番有名な外国人レスラーとして日本プロレスはデストロイヤーを呼ぶ。豊登対デストロイヤー戦を力道山の弔い試合とした。デストロイヤーの存在は興行の要だった。ジャイアント馬場の大きな成長もあり、力道山亡き後もプロレスは落ち込むことはなかった。その頃、1番の話題は力道山が持っていたインターナショナルタイトルの争奪戦。後継者と思われていた馬場さんはデストロイヤーと2度にわたる争奪戦。2度とも1時間戦う大激闘。馬場さんは1勝1分けでデストロイヤー戦を乗りきる。内容的にも大変な名勝負だったようだ。最後はディック.ザ.ブルーザーを破ってインターナショナル王者となり力道山の後継者と自他共に認められるんだが、なんと言っても、最も知名度が高い外国人レスラーデストロイヤーとの死闘が話題
を提供した。力道山死後、デストロイヤーは昭和39年暮れから1年間で3度も来日している。当時のデストロイヤーは全米マットでも指折りの売れっ子レスラー。そりゃ日本プロレス協会がそれ相応のギャラを提示しただろうが、それにしても、当時のトップレスラーがこれだけ頻繁に来日することは珍しい時代だった。もし、デストロイヤーがアメリカマットだけ大事にして来日することがなかったら。馬場さんとの死闘が名勝負になり得なかったら。日本のプロレスは違った形で存続していたかも知れない。実際力道山がいなくなってプロレスはもう終わりだと言われていたんだからね。デストロイヤーは日本プロレス界の大恩人だと思う。今だに4の字固めはプロレス技の中で1番有名な必殺技であろう。

関連記事

再び行ったり来たり(笑)

例年通り正月2日3日と試合だったので東京2泊となった。それで今電車で帰宅中。だが、明日また東京に向か

記事を読む

貸本屋

かし本屋って昔あったんだよ。今でいうTSUTAYAみたいなもんだな。と言ってもずうと小さな店先。私が

記事を読む

菅原文太死去

入門当初先輩や同僚とシリーズオフの時、よく映画を見に行った。その当時見たのが、寅さん、千葉真一の空手

記事を読む

プロレスファンはつらいよ

現在、日本にプロレス団体はどのくらいあるんだろう?かなりの団体数だよね。弱肉強食、各団体趣向を凝らし

記事を読む

曖昧な記憶

記憶力はいい方だと考えているんだが、やはり当てにはならない(笑)。例えば映画場面。昔見てたしかに記憶

記事を読む

目の定期検診

散歩の後は眼科にて目の定期検診。今年2月、右目白内障の手術をした。9年前には左目をやはり白内障で手術

記事を読む

風邪に注意!

いやぁ寒い寒い!やはり冬は寒い!(笑)当たり前のことだがね。風邪も流行ってるねぇ。インフルエンザだっ

記事を読む

エープリルフールpart2

まだまだ続く〓〓ハリウッドから映画出演の話あり〓むろん主演で〓我が小説が直木賞芥川賞両方の有力候補と

記事を読む

夏近し

五月晴れとは言え今日はまた暑くなりそうだ。まさに夏近し!というかもう夏?てな感じ。我が家のエアコン、

記事を読む

もはや夏!

気温30℃を超えたら猛暑日なんだよね。日々猛暑日!もはや夏!の感覚。皆さん、ちゃんと体調管理をやって

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    Mr.デストロイヤーのお話、拝見しました。
    試合観戦は無いのですが売店でマスクを販売されていた事を覚えています。マスク越しでも優しさがはっきりとわかる笑顔が素敵な方です。Mr.デストロイヤーが日本を好きになってくれた事が嬉しいです。
    貴重なお話を綴って頂き、どうもありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MRI検査結果

変形性腰椎症と腰椎椎間板ヘルニア。ってことのようで。道理でここ2ヶ月ば

後楽園へ

電車にて東京へ。甥っ子が試合バッグを持ってくれる。本日の試合は8人タッ

当たり前に感謝

普通に歩けることに感謝。目が見えること、喋れること、味覚があること…当

予期せぬこと!

突然だった。昨夜六本木の居酒屋で食事後立ち上がったら左足首に違和感を感

昔書いた小説

もう10年以上前か。代々木のマンションで暇を見つけつて時たま書いていた

→もっと見る

PAGE TOP ↑