*

昭和の…

公開日: : ブログ

昭和ブームってまだ続いているよね?懐かしの❗️という但し書きは付くけど(笑)。昭和のスターとか昭和のおもちゃとか昭和の遊びとかね。昭和のレトロスタイルの喫茶店も結構あるわな。かなり以前、プロレス評論家の故菊池孝さんと新宿の飲み屋で呑んだ時、力道山以後から第1回昭和49年度のプロレス大賞に至る迄のベストバウト(年間最高試合)を勝手に呑みながら選んだことがある。まぁ酒の肴として気楽にね(笑)。だから試合39年度から48年度にかけての10年間。その時期は、菊池さんはすでにプロの評論家。こっちはまだ十代の一ファン。だけど面白かった。いろいろ思い出しながら酒が進んだ。昭和39年度は、豊登の世界タイトル奪取(対デストロイヤー)もあったが菊池さんは第6回ワールドリーグ開幕戦のジャイアント馬場対カリプスハリケーン戦を推した。45分ノーフォール引き分け。馬場さんはその前年にも開幕戦でキラーコワルスキーとやはり45分引き分けてるんだよね。若くて元気だったんだなぁ(笑)。力道山死後の初のワールドリーグ戦。開幕戦からの馬場さんのスケールの大きなプロレスマスコミ、ファンの度肝を抜いたらしい。アメリカマットで世界三大タイトルに連続挑戦してでの凱旋帰国試合。菊池さんが言うには「やはり力道山の後継者は馬場だ」の想いがマスコミ、ファンで一致した試合だったようだ。昭和40年は、豊登対デストロイヤーのリターンマッチ。インター争奪戦の馬場対ブルーザー戦と少し争ったが、ここは豊登対デストロイヤー戦。豊登さんとしては最初で最後だったかもしれない61分時間切れ引き分け。タイトル初防衛。テレビ視聴率はなんと50%以上。国民的関心度の高い試合だったんだね。また菊池さんが言うには、この年のMVPを選ぶなら豊登でも馬場でもなく間違いなくデストロイヤーだと。知名度貢献度は抜群。当時から必殺技4の字固めは社会現象になるほどのプロレス技であり、誰もが1度はかけたりかけられたりしたもんである。そして昭和41年。馬場さんは前年ブルーザーを破って新インターナショナル王者であり内外問わず力道山の後継者と認められ日本マット界のエースであった。ベストバウトは2試合に絞られた。馬場対テーズ、猪木対バレンタイン。菊池さんが推したのは馬場対テーズ戦。その年の2月に行われたインタータイトルマッチの大試合。ルーテーズはインターナショナルタイトルの初代王者。そのテーズが馬場さんに挑戦して来た。馬場さんはテーズ、力道山に継ぐ3代目王者。ルーテーズに勝つことでジャイアント馬場の評価が決まる。大変な試合だったのだ。菊池さんの話にも力が入っていたな(笑)。馬場テーズ戦の調印後の模様がそのまま当時のテレビ番組「スター千一夜」で放送されたのを子供ながら私はちゃんと覚えている。このタイトルマッチは東京体育館で超満員の中行われ馬場さんが見事テーズから2フォール奪取してタイトル防衛した。緊張感溢れるシリアスなタイトルマッチだったようだ。ルーテーズにとっても日本でのベストバウトではなかったか❗️と菊池さんは後年まで言ってたなぁ。以下次号。

関連記事

マスクがない!

それでペーパータオルで即席にマスクを作った〓見かけはひどいもんだが、誰も注視して見ないだろう(笑)。

記事を読む

首を鍛えろ!

プロレスラーになって練習の初日に言われたことが「首を鍛えろ」だった。アマレスである程度首は鍛えていた

記事を読む

バス移動

今日は近江で試合。早起きして横浜合宿所発のバスに乗り込む。5時間から6時間の移動。腰が心配。近江とな

記事を読む

小さなカマキリ

窓ガラスに引っ付いている小さなカマキリ。左の黒い影は私の人差し指。まだ子どもか?蚊と間違えそう。

記事を読む

全日本プロレス流

昨夜の後楽園大会の2大メーンエベント、世界タッグ戦とジュニアリーグの決勝戦は素晴らしい内容のある試合

記事を読む

墓参り

本日は全日本は秋田で試合。在宅の私はいい日和なので古河駅そばの寺に眠る両親の墓参り。腰痛をなんとかし

記事を読む

外国人同士の名勝負

日々のコロナ感染者数の拡大!驚きを通り越して、まさに恐怖!ワクチン接種を行っている中のこの感染者数。

記事を読む

誕生会

代々木のイタリアンレストランルッコラでの我が誕生会は昨夜も盛況だった〓約50名の皆さんが参加してくれ

記事を読む

4次元の穴?

ちょっとオーバー?たしかに(笑)。たとえばカレンダーの月替わりの時、思わず画ビョウが落ちる。落ちた時

記事を読む

梅雨入り

先ずは前回の誤り訂正を。「眼底検査」ではなく「眼圧検査」である。別に殴られた訳じゃないんだから、眼圧

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    ブログ拝見しました。お酒の席でプロレスの会話が出来るなんて、素晴らしく幸せな事です。お話を綴って頂きまして、どうもありがとうございます。試合を見ていたお二人が導き出すベストバウトがとても興味深いです。続きのお話を楽しみにしております。どうぞお疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ。

  2. ヨッシー より:

    素晴らしい話が続き、馬場ファンとしては、ずっと聞いていたいし、ハリケーン戦・テーズ戦・・菊池さん・・うらやましい・・・・・・渕さんのスター千一夜の話も良い!  菊池さんのテーズ日本でのベストバウトでは?の話は新しい説ですねえ
      ぜひぜひ続編をお聞かせください!!

ヨッシー へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

さらけ出す格好良さ❗️

あれは1996年の秋頃だった。六本木の全日本事務所の社長室。馬場夫妻、

猪木さんが!

先ほどアントニオ猪木さんが亡くなったことを知る。ショックである。それと

円楽師匠

三遊亭円楽師匠死去の報に驚きショックである。1985年、日本テレビ番組

定期検診

腰痛さなか不整脈心房細動の定期検診。血液検査と心電図。まぁ特別悪くもな

やっと晴れ間が❗️

いつまで続くか知れないけど。本日日曜日にやっと晴天なり❗

→もっと見る

  • 2022年10月
    « 9月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑