*

ジャンボ鶴田さんの話

公開日: : ブログ

鶴田さんが亡くなってもう16年過ぎたんだなぁ…。鶴田さんは私より3歳年上。私がアメリカ修行するまでの6年間共に合宿所生活を楽しんだ。我が青春を謳歌したと言うべきか?(笑)1970年代、鶴田さんも私も20代、薗田と大仁田はまだ10代だったなぁ。パソコンも携帯もコンビニもなかった時代。パスタがスパゲッティの名で統一されていて、ナポリタンとミートソースしかなかった、というか知らなかった時代。我々若手は試合と練習、そして雑用に追われながらも夢の体現者ジャンボ鶴田さんと大いに将来を語り合い、又は馬鹿話に花を咲かせた。皆若く本当元気だった。「渕君、俺は40までにこの仕事から去り別の人生を歩むよ」「結婚するかどうかはわからないなぁ。ハードな仕事だからね。次の人生のため金は貯めておかないとな。無駄遣いはしない」「この仕事してると結構女にモテるんだよ、渕君。どうせモテるんだったらいい女を探そうぜ(笑)」「プロレスって難しいよなぁ…。観るとやるとは大違い?当たり前じゃないか!」「プロレスで一番大切なのは体力、ス
タミナだな。馬場さんが言ったように練習はキツくなってから始まるんだよ。スタミナがないとバランスが悪くなって美しくなくなる。馬場さんや駒さんが言ってるようにプロレスは美しくないとな(笑)」そういえば、散々受け身、ロープワーク、スパーリングやった後にプロレス技の練習をさせられた。仕上げはスクワットだった。「たしかに大変な世界だけどプロレスラーになって良かったとつくづく思う。でもなぁ、辞めた後の人生も長いんだぜ。まさか50過ぎてもやれるなんて思ってないだろ?渕君」…(笑)。我62歳、今だ現役なり(笑)。

関連記事

狂乱の20年代

100年前の1920年代、ローリングトゥエンティとアメリカでは呼ばれていた。狂乱の時代、別名ジャズエ

記事を読む

また車中撮影

北海道ならでは〓と思って(笑)。帯広から釧路へ。

記事を読む

9月になって

幾分陽が短くなった。秋の夜長、長雨の時期?仲秋の名月にはまだ早いか。若き頃が青春なら初老の今は赤秋か

記事を読む

猛暑日

水不足が深刻だね。まあ日々暑い!夏が暑いのは当たり前だがねぇ(笑)。皆さんこまめに水分塩分補給してく

記事を読む

週プロ表紙

今日発売の週刊プロレス誌の表紙は私らしい。足掛け42年のプロレス人生の中で単独表紙は初めてのこと〓有

記事を読む

後楽園で試合

ちょっと何かあるとすぐに列車は遅延となる。早めに駅に来て良かった。甥っ子と共に東京へ向かう。後楽園で

記事を読む

動悸

不整脈を持ってるとたまにドンっと来る。痛くはないんだが、なんとも気持ち悪い。ここんとこ(来るな来るな

記事を読む

今年の最終戦

川越でのクリスマスイブ大会。ファン感謝デーマッチ。無事終了した。只今電車で帰還中。年明けは例年通りの

記事を読む

50年に一度の大雨!

本日より王道トーナメント開幕ながら大雨も心配。我が実家は今や茨城県古河市近く。北九州にはもう知り合い

記事を読む

健康診断の結果。

AからEの5段階でDだと(笑)。昨年と同じ。要するに現状維持?(笑)特に気をつけなくてはいけないのが

記事を読む

Comment

  1. より:

    渕選手へ
    鶴田さんのお話、拝見しました。色々なお話の半分くらいはずれましたでしょうか。現役を続けて頂いたおかげでプロレス観戦する機会に恵まれました。本当に感謝しております。どうか格好良いプロレスラーの皆様を応援する機会を与えてください。気候が変わってきましたので、何卒お疲れになどなりません様、ご自愛くださいませ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1984年

この年の1月、私は30歳を迎えた。前年の夏、3年のアメリカ遠征を終え帰

人は一人では

コロナ禍の中、私は67歳となった。友人らから温かいお祝いメッセージを戴

80代となれば

人生100年時代と云われて久しい。しかし、80代となれば皆それなりに衰

あかぎれ

両手指にあかぎれが出来て血が滲んでいる。寒い中、何度も手洗いしているか

感染者増加

怖いねぇ!日々感染者数が増加してるんだから!重症者も過去最高を更新して

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑